30㎝角壁紙シールで、トイレの壁を北欧風にリメイク!

投稿日:2020年3月13日(金曜日)


こんにちは。フェリシモ女子DIY部のももです。

引っ越したばかりの部員けびょ宅トイレを、部員たちで素敵空間にするために貼る&敷くDIY!
テーマは「北欧風にリメイク!」

前回の床編に続き、今回は壁編です。
(吸着パッチワークマットを敷いた床編はこちらへ

できあがりはこちら。

できあがりはこちら

DIY前のトイレはこちら。

敷く前のトイレはこちら

今回はこちらの壁紙シール(10枚セット)を2セット使用します。
30cm×30cmの扱いやすいサイズだし、貼ってはがせる粘着仕様なので、ひとりでも貼りやすくなっています!
表面がフィルム加工になっているので、サッとふくだけで汚れが落ちるというところも、トイレにぴったりなのではと選びました。

汚れがふき取りやすい 貼ってはがせる壁紙シール〈バード〉の会

準備した道具は、ドライバーとタオルのみです!

 

STEP①
トイレットペーパーホルダーを外す

壁紙シールを貼る前に、ドライバーでトイレットペーパーホルダーを外します。
これでシールを貼るのがぐっと楽になります。

壁紙シールを貼る前に、ドライバーでペーパーホルダーを外します

STEP②
壁の下側から順にシールを貼る

トイレは目線が下にいきがちだなと思い、今回は壁紙シールをいちばん下から順に貼りました。柄は連続するようにデザインされているので、上下左右の柄を合わせるように貼ってください。
タオルなどで上から押さえ、空気を抜きながら貼るとキレイに仕上がります。

タオルなどで空気を抜きながら貼ると、キレイに仕上がります

上の方はちょっと貼るのが大変ですが、ズレちゃった!というときも大丈夫。
なんてったって、貼ってはがせる粘着仕様ですから!何度も貼り直すことができるので、不器用な私にもピッタリ♪

この壁紙シールは貼ってはがせる粘着仕様

壁や天井の境目ではみ出した部分は、はさみなどでカットします。
直接切ると壁に傷がつくかもしれないので、壁にあてて折り目を付けた後、カットしてから貼りましょう!

 

STEP③
トイレットペーパーホルダーを元に戻す

すべて貼り終わったらトイレットペーパーホルダーを元の位置に付け直します。
ネジ穴の部分をシートの上から探して、シートに軽く穴をあけて目印を付けてからネジ留めしました。

すべて貼り終わったらペーパーホルダーを元の位置に付け直します

あっという間に完成!
制作時間は約30分。ちょっとした空き時間にできちゃいますね。

制作時間は約30分で完成

beforeにくらべたら、随分と明るい空間に!
暗くなりがちなトイレが、掃除もしやすいステキな空間に仕上がりました♪
DIY時間は床と壁あわせてトータル2時間ほど。
難しいテクニックや道具いらずのDIYは気軽ですね~!

トイレを北欧風にDIY、春に向けていかがでしょうか^^

★ 吸着パッチワークマットを敷いた床編はこちらへ ★


コメント

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。

CAPTCHA



関連するおすすめ記事