初心者が石膏ボードアンカーを使って「壁面収納」を作ってみた! ①棚受け編

投稿日:2020年2月7日(金曜日)


こんにちは。フェリシモ女子DIY部の新人、じょーじです。

新人、と言い続けてそろそろ1年がたちます。いつまで名乗っていいのでしょうか……

さて、今回作りたいのは『ハンガーラックのを上をカバーする壁面収納』です!

ハンガーラック

私は実家暮らしなのですが、自室に収納スペースがないので、このいかにも実家っぽいハンガーラックにボンボン服をかけて暮らしています。

最近困っているのが、掛けている服にほこりがのってしまうことと、いよいよ部屋が物であふれかえってきたこと。
そこで、このラックの上の位置に棚を作れば収納兼、ほこりカバーになるのでは!?とひらめきました。

家族から壁に穴をあけてもOKと許可が取れたので、意気揚々と買い出しへ!

材料

今回の材料です。
棚板、棚受、棚受を留めるねじ、棚板と棚受を留めるねじ、ドライバー、電動ドライバー、マスキングテープ

そして「石膏ボードアンカー」。
部屋の壁が石膏ボードの場合、壁に直接ねじを留めても壁の中が空洞でうまく固定されないので、ねじが抜けないようにしてくれる代物です。
DIYの世界には便利なものがあるんですね~。

まずはマスキングテープでどこに棚受をつけるか、印をつけていきます

さて、まずはマスキングテープでどこに棚受をつけるか、印をつけていきます。

ここで先輩部員からアドバイスが!
石膏ボードの壁の中には下地材という木の柱があり、下地材があるところはねじが効いてしっかり固定されるとのこと。

必ずしも【石膏ボード=壁にネジが効かない】ではないのですね!

下地材があるかどうかは、「壁をコンコンと叩いて、音の響く(=空洞)ところであたりをつけられるよ」と教わったので、壁を叩いてみます。なかなかちょうどよいところに下地材がなさそう……

今回はやはり、先ほどの石膏ボードアンカーを使います(涙)

(ちなみにホームセンターには下地材の位置を探す道具もあるので、心配な方はそちらを使ってくださいね)

穴の位置に注意しながら、 棚受を留める穴の位置を記していきます。

今回は木の素材の棚受を選んだので、穴の位置が微妙に違う!こういったところに注意しながら、棚受を留める穴の位置を記していきます。

定規とメジャーを駆使しつつ、水平・直角に印を付けた……
つもりだったのですが、おわかりでしょうか。
なんだか元々のマスキングテープがゆがんでいることに。

これが後に悲劇を生みます。

石膏ボードアンカーにセットでついていた下穴用の太いねじで、壁に穴を空けます。

そんなことはつゆ知らず、作業を続けていきます。

石膏ボードアンカーにセットでついていた下穴用の太いねじで、壁に穴をあけます。
このときに驚いたのが、かなり粉が出ること。壁を削っている訳なので、当たり前なのですが……

実はこの下に荷物があったので、できるだけこぼれないよう手で粉を受け止めながら、ゆっくり穴をあけました。(ズボラ)

ぽっかりと空いた穴から、もう後戻りできないことを悟る

ぽっかりとあいた穴から、もう後戻りできないことを悟る……

下穴にアンカーをつけていきます

次は下穴にアンカーをつけていきます。

「かえし」の部分がらせん状になっていて、めりめりと壁が削られていきます。
なるほど、これは壁から取れないようになるなぁ~。

棚受設置予定の4か所に下穴処理が終わったので、マスキングテープをはがします。

棚受の穴と、アンカーの位置を合わせながら、いよいよねじで棚受を固定します。

棚受の穴と、アンカーの位置を合わせながら、いよいよねじで棚受を固定します。
上下少しずつ留めて位置を確認しつつ……
左側の棚受はピタッときれいにとまりました!!

初挑戦でこの出来栄え、もしかして、自分天才では?
なんて思いながら右側に取りかかること数分。

あれ?途中からねじをとめようとしても空回りする……

ちょっと棚受けをずらして様子を見てみましょう。

ちょっと棚受けをずらして様子を見てみましょう。
チラッ

なんと下のアンカーがずれていました。

「えっ!?」

なんと下のアンカーがずれていました。
何とか押したり角度を変えたりしながらアンカーにねじが留まらないか試すも、奮闘むなしく……

これはもうアンカー自体の位置を変えるしか仕方がないとわかったので、電動ドライバーをゆっくり逆回転させて、ねじとアンカーを外そうとします。

電動ドライバーをゆっくり逆回転させて、ねじとアンカーを外そうとします。

「ゴリっ」

ああ~!壁が……実家とはいえ……壁が……
このタイミングで母に謝りに行きました。

「仕方がないので、穴は家にあったパテで埋めて、上のアンカーを付け直そう。」
と思った矢先、今度は棚受からアンカー付きのねじが取れない!

プライヤでなんとかアンカーをねじ切って外し、 トンカチでねじを叩いて棚受から外すことに成功!

ここからプチパニックで写真があまり撮れていません(笑)

なぜか家にあったプライヤ(実家クオリティ!)でなんとかアンカーをねじ切って外し、金づちでねじを叩いて棚受から外すことに成功!

トラブルを経て、もう一度アンカーを付け直しできたのがコチラ

そんなトラブルを経て、もう一度アンカーを付け直しできたのがコチラ!

何とか壁の穴は棚受に隠れたのでホッと一安心。

(後日、先輩部員に水平を測る「水平器」というものが、今回のような設置位置を図るときには便利だよ教わりました。次は絶対それを使おう~。)

しかしこの日はもうスタミナが切れたので、板の取り付けは明日にして眠ることにしました。
朝起きたら棚が完成してるといいなぁ……

果たして本当に完成するのか?失敗した右側の棚受は、耐久性があるのか!?
続きは次回更新でお知らせします。どうぞお楽しみに♪


コメント

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。

CAPTCHA



関連するおすすめ記事