【最新】「おしゃれ見え」がかなう、大人のボーイッシュコーデ着こなし術

ボーイッシュなアイテムは幼い印象になりがちですが、着こなしや合わせる小物によって大人でも楽しめるもの。今回は王道アイテムでこなれ感のあるボーイッシュコーデを作るポイントと、シャツやチェックアイテムといったちょっぴりマニッシュなアイテムで作る、かっちりボーイッシュコーデをご紹介します。

こなれ感がポイント。王道アイテムで作るボーイッシュコーデ

ビッグシルエットトップスやパーカー、カーゴパンツなど定番ボーイッシュアイテムを大人っぽく女性らしく着こなすには?ポイントを押さえれば幼くなりすぎず、大人っぽいカジュアルコーデを楽しめます。

パーカー×細身パンツ。ニュアンスカラーでこなれるボーイッシュ


ざっくりしたベージュの撥水パーカージャケットと、アイボリーの細身パンツが絶妙なボーイッシュコーデです。
全体が明るいカラーなので、小物は引き締めカラーの黒で統一しましょう。
パーカーやキャップというボーイッシュなアイテムのを使っても子供っぽくならないのは、面積の多い部分をニュアンスカラーで統一しているから。ついボトムを黒やデニムにしたくなりますが、落ち着いたやわらかい雰囲気を壊さないよう意識してくださいね。
アクティブコーデの時には大ぶりアクセサリーはなるべく避けるのが◎。

着用アイテム

オーバーサイズのジャケット×白トップスで作るきれいめボーイッシュ


直線的なラインが多いオーバーサイズ気味のボーイッシュなジャケットも、やわらかカラーのアイボリーならきれいめな印象に。シンプルな白のロゴTシャツとの相性はバツグンです。細身のリブニットパンツもアイボリーに合わせると統一感が。脚の太さやお尻のラインが気になるという方はストレートジーンズやワイドパンツでも。足もとはカジュアルにしても、バッグは避るのがポイント。一点女性らしいものを取り入れましょう。

着用アイテム

グレイッシュカーキのミリタリージャケット×きれいめオールインワンの計算づくコーデ


渋カラーのグレイッシュカーキ+ミリタリージャケットは、1点投入するだけで即ボーイッシュなコーデになる定番アイテム。
オールインワンを合わせると少年っぽくなってしまうかな?と思いがちですが、落ち感のある素材のもので、シルエットも女性らしいものを選べば問題ありません。
インするTシャツは細ボーダーで、カジュアルだけどきれいめに。
伊達メガネで遊びを作ってみたり、大きめピアスを主役に女っぽさを差し込んでみたり、小物でオシャレのバランスが楽しんでみて。

着用アイテム

トレンドのサロペットで「大人かわいい」ボーイッシュコーデに


ボーイッシュな要素をコーデに入れるときに活躍するサロペットは、今年のトレンドアイテム。男の子っぽい印象が強いですが、色とシルエットを次第で大人っぽく着られ、1枚あるとコーデの幅も広がる便利なアイテムです。
合わせたチェックのシャツはサイズ感がポイント。コンパクトで女性らしいものがおすすめです。足首の見える丈感で自然と華奢見えもかなうサロペットなので、キャスケットなど小物をボーイッシュに振ってもやりすぎ感はなし。
足もとはヌーディーなサンダルで女性らしく。スニーカーにすると幼くなりすぎるので、どこかに女性らしさを出すのがおすすめです。

着用アイテム

デニムジャケット×ワイドグリーンパンツのこなれボーイッシュ


ボーイッシュの王道デニムジャケットは、ジャストサイズで着るとどの年代でも外れがありません。トレンドが続くワイドパンツを合わせると、ぐっとこなれたコーデに。
上下共に濃い色を合わせるときは、インしているTシャツのカラーで調和させるのがおすすめ。白や黒でも悪くありませんが、ニュアンスカラーでつなぎを作るとやりすぎ感がありません。さりげないワインポイントが入ったグレーのロゴTシャツがベストマッチです。
デニムジャケットをプッシュアップして手首を出すと、女性らしさも加わります。

着用アイテム

定番のカーキワークパンツ×ガーリーニットで作るゆるボーイッシュコーデ


キリッとして見えるカーキのワークパンツと、袖部分がドット柄のガーリーなアイボリーのニットの甘辛MIXコーデ。ボーイッシュな印象が強いカーゴパンツも、ふんわりと女性らしいニットと合わせるとバランスよく着こなせます。
足もとはかわい過ぎず、カーキと馴染むネイビーのパンプスを。マットな質感のものであれば、ワークパンツとの相性もGOOD。よりマニッシュなコーデにしたいときは、ペーパーハットなどをプラスするのも◎。ほかにも革のベルトやオックスフォードシューズなどのレザーアイテムを入れるのもおすすめです。

着用アイテム

ゆるフレアT×ゆるストレートパンツのビッグシルエットボーイッシュコーデ


2019年から人気のゆるシルエットは、今年もトレンド継続。一歩間違うとラフすぎる「お家コーデ」に見られてしまいますが、小物とメイクでスパイスを利かせるとおしゃれ上級者の着こなしに。
お洋服とバランスを取るために、サンダルとアクセサリーは「女性ならでは」のものを選ぶのがおすすめです。例えば足もとにはエッジの効いたポインテッドトゥのパンプスや、写真のようなヌーディーなヒールサンダルが◎。ピアスは艶のある大ぶりなフープピアスを使うと、ぐっと女性らしさがプラスされます。
ボディに色がないので、カラーメイクはバチっと目を引く色を思い切って使いましょう。ただし、ブルー系のピンクはアースカラーと相性が悪いので避けてください。

着用アイテム

アッシュグリーンビッグスウェット×ワイドパンツの抜け感ボーイッシュコーデ

アッシュ系のグリーンスウェットと、同じく灰色がかったブラウンパンツが渋い抜け感のあるコーディネート。
ロング白Tのちょい見せが、トップスとボトムスの間の差し色として機能しています。
ボーイッシュコーデはとことんラフに着こなすのも楽しみの一つ。お家着感がでないように、サングラスやレザーバッグでこなれ感をプラス。
スウェットのようなラフなトップスはプッシュアップして手首を出すだけで女性らしい印象に。メイクはオレンジ系がグリーンに映えておすすめです。

着用アイテム

フェミニンブラウスを着くずす、ボーイッシュな甘辛コーデ


フリルやタックが女性らしいブラウスを、ボーイッシュなアイテムでカジュアルダウンしたコーディネート。
あえて太めのヒッコリーパンツを合わせた甘辛MIXコーデは、キャップやスニーカー、ロゴバッグとボーイッシュ要素が多くてもブラウスでバランスが取れ、どこか女性らしさが残ります。

甘めなアイテムやボーイッシュなアイテムも小物遣いやコーデ次第で自分らしく楽しめます。

着用アイテム

かっちり感がポイント。グッドボーイな大人のボーイッシュコーデ

チェックやシャツなど、マニッシュアイテムを中心に作る「グッドボーイ」なコーディネート。きちんと感も出て男の子っぽさも楽しめる、大人にこそおすすめなコーデです。

黒のボリュームトップス×グレンチェックのテーパードパンツの女っぽボーイッシュ


潔い真っ黒なボリュームトップスを、マニッシュなグレンチェックのテーパードパンツでキュッと引き締めるシルエットに技ありなコーディネート。
トップス・ボトムス共にディテールにフェミニンな要素があるので、女っぽさを演出することができます。
シューズは華奢ベルトのサンダルで足もとの抜け感をプラス。よりメンズライクな要素を増したい時にはローファーでもOKです。
ペタンコ靴を履く時には、大きいカバンは野暮ったくなってしまうのでコンパクトなショルダーバッグなどがおすすめですよ。

着用アイテム

白T×黒ストレートパンツ×赤レトロバッグで作るモノトーンボーイッシュ


ごくシンプルな白のカットソーと、黒のストレートタイプのパンツを旬顔にするキーワードはハンパ丈。
どちらも手首・足首が見える丈感で、装飾はなくともこなれて見えるアイテムです。パンツはセンタープレスのものを選ぶとかっちりとした印象に。
クラシックで女性らしい雰囲気を際立たせるのは、艶のある真っ赤なバッグと真っ赤な口紅。大きめの一粒パールピアスも、モノクロ映画の登場人物のようなコーデを演出してくれます。

着用アイテム

鉄板チェックパンツ×白ボートネックニットのグッドボーイコーデ


ストレートの細身パンツは、きちんと感満載のグッドボーイコーデにもってこい。トップスは白やアイボリーのニット・シャツなどと合わせても品良くまとまります。
洋服の世界観に合わせて、シューズも学生さんのようなローファーをチョイス。チェックパンツのベースカラーに合わせて、ブラウンカラーにするとGOOD。カバンは小さめで華奢なものを選ぶと、女性らしく。

着用アイテム

かっちりトレンチ×インディゴスキニーデニムのフレンチコーデ


かっちりトレンチを肩に羽織り、カジュアルテイストなアイテムと合わたボーイッシュコーデ。ちょっぴりレトロでマニッシュな印象になるポイントは、デニムの王道 インディゴカラーのスキニーパンツとロゴT。ウエストインすることでシックな印象に。
シンプルなコーディネートですが、足もとに印象的なレザーブーツを投入することでコーデを引き締めてくれます。
真っ赤な口紅で更にインパクトをプラスして、大人のレトロボーイッシュを楽しみましょう。

着用アイテム

ストライプシャツ×ブラックデニムの定番ボーイッシュコーデ


白をベースに細めのブラックのストライプを入れたカッチリシャツは、それ一点だけでマニッシュな印象になるアイテム。太めのジーンズやローファーなどで全体的にボーイッシュな印象にまとめた、グッドボーイなコーディネートです。肩掛けのカーディガンや丸メガネなどとことん細部までこだわって統一感を出すと◎。
手首や首もとをきちんと見せたり、メイクで女性らしさのバランスをとって幼くなりすぎないようにするのがおすすめです。

着用アイテム

白衿ストライプシャツ×ベージュラップパンツ の女っぽボーイッシュ


ボーイッシュアイテムの定番シャツを、スカートのように見えるベージュのワイドパンツと合わせてちょっぴりフェミニンにしたコーディネート。
シャツとパンツ、明るいカラーで合わせることで上品な印象に。
靴は写真のようにシンプルで上品なレザーシューズでもいいですし、より女性らしくしたいときはブラウンやベージュのヒールパンプスもおすすめ。
ベレー帽などをかぶってよりマニッシュに仕上げても素敵。

着用アイテム

マスタードニットベスト×チェックキュロットで作るかっちりボーイッシュ


ニットベストと白のカットソーに、ネイビーベースのチェックキュロットがレトロな雰囲気のボーイッシュコーデです。

シューズとバッグブラックを選んで引き締めるのがおすすめ。お洋服のかっちり・きちんとした印象に合わせてレザーのものを選ぶのが◎。髪の毛はゆるく女性らしくすると男性的になりすぎずバランスが取れます。

着用アイテム

こなれボーイッシュと、かっちりボーイッシュ。ポイントを押さえて楽しんで

スウェットやカードパンツなど、ラフな印象のアイテムを大人っぽく着こなす「こなれボーイッシュ」とチェックやシャツなどグッドボーイ風な着こなしの「かっちりボーイッシュ」。どちらもポイントを押さえれば幼くなりすぎず、男のぽっくなりすぎず着こなしの幅を広げてくれます。チェックアイテムやサロペットなど、最近出番が減ったかな?というアイテムも、ぜひ参考に着こなしてみてくださいね。

recommend こちらの記事もオススメです

topics おすすめの特集をご紹介!

Top