KAMOME BLOG

かもめブログ

青の中の赤

はいさい!海とかもめ部飛び入り部員の旅カナです。
そろそろ海とかもめ部も冬のお休み時期に差し掛かっているようです。
だ・け・ど。
みなさん!!今月のフェリシモの「メリーカタログ」ご覧になりましたか!?海好きとしては見逃せないプレゼント企画が海とかもめ部から出ているんです。
それがこちら。

100枚びんせん 世界の海と生きもの


世界中の海が100枚のびんせんに。

なんと!水中写真家の鍵井靖章さんが世界中で出会った生きものたちの写真100点がびんせんになった超贅沢品!

これがたったの13,000merryで交換できるのです。
もらうもらう!今すぐ予約する!楽しみ~~

さて、今日のお題は「青の中の赤」。
何のことか、と。
写真好きの友だちと話していた時、「いいよな、海の写真は。青と赤が同時に存在してるもんな。ズルいよ。反則だ」と言われ、「あ、そういうもんか」と思ったのです。
確かに、私もダイビングを始めるまで、海の中にこんなに色鮮やかな赤色が存在するとは思ってもみませんでした。ライトを当てた時だけ現われる美しい色の世界。今日はそんな海の中の「赤い系」の人達をお楽しみください。

クダゴンベ。赤白チェックがオシャレです。
ウコンハネガイ。貝です。外套膜の端が電気が走るようにぴかぴか光ります。
コールマンシュリンプ。ファイヤーアーチン(火のウニ)というウニの上に棲んでます。
オルトマンワラエビ。赤いイソギンチャクかソフトコーラルの上に乗っています。きれいなピンクの肌ですね。触りたくなる。
イソコンペイトウガニ。ホストのソフトコーラルに擬態しています。ピンクのトゲトゲが可愛いですね。
これは何でしょう?イソギンチャクかな~?蛍光オレンジに光っているのです。不思議~!誰か名前が分かる人がいたら教えてください。

いかがだったでしょうか?海の中はいろいろな色に溢れていますが、特にあの青い海の下にこんな赤があるんだと思うと感動します。
ではまた来週!

前の記事 バックナンバー 次の記事

かもめブログライターご紹介

旅カナ

旅カナ

『海とかもめ部』飛び入り部員。元「ecolor[エコラ]」ブランドマネージャー、現「幸福のチョコレート」マネージャー。 旅が好きでこれまで旅した国は35ヵ国。趣味はカメラとダイビング。沖縄離島とフィリピンを主に潜り、経験本数は約500本。 特技は海の生き物のイラストをダイビングログブックに描くこと。インスタグラムで「お絵描きDiver 旅カナ」として作品を発表中(@nosekana)「海とかもめ部」ではブログ「海の写真館」連載担当。 イメージキャラクター:タンクを背負ったカンパチ

コメントを残す

キーワード検索

Community

海とかもめ部公式SNS

@umitokamomebuで、
海の情報を投稿しています。