KAMOME BLOG

かもめブログ

キューバの海へ またまた荷物が……

タイの取材が終わって、成田空港でロストバゲージになったと前回書きました。なかなか荷物が見つからずに、嫌だな~と思っていたら、見つかって。ほっと一息。

大切な機材ですから……(笑)

そして数日後に実は取材が入っていて、一度担当編集者に「今、 機材がないけど、借りるわ~!」と連絡していた感じだったの。

その取材は上記でした。素敵でしたよ!!!彼!(笑)

使い慣れた自分のカメラだったので、自信を持って撮影できました(笑)

そして、すぐにまたキューバへ。

メキシコシティ経由でキューバのハバナに着いて、ターンテーブルを待っていても私の2つの預け荷物が出てこない……。すべての荷物が出て、係りの人が、「もう荷物ないよ」という。

「ええええええええええ!」またかよ!!!

そして、ごちゃごちゃ待っていると、カメラケースは出てきたの。ただ、タグが濡れて取れ、取り残されていた感じ……。

このタグは外れていて……。で、なんとか付けたら、

係りの人に、なんか書かれて、このおかげで、めちゃくちゃ中を調べられたのかも……

で、荷物がないとカウンターに行って、

どんな荷物か言っていると、このおじさんがカートに私の荷物を載せてやって来た……。

それが、これ……。もう雨に濡れてびっしょり……。中に文庫本をたくさん入れていたんだけど、それも……濡れてる。荷物が出てきて、取材ができると安堵したけど、かなりムカついた。

ま、それからも色々と調べられて、空港を出て、タクシーをつかまえてホテルへ。

これが翌朝、部屋のホテルから見えた景色。THEキューバ!

ホテルの1階には、たくさんの葉巻が売られていたよ。

そして、ホテルから大型バスで6時間ほど移動して港へ。

これが今回乗船取材した、ダイブクルーズ船。

広いリビングでしょ。でも今回はここに、ロシア人30名、アメリカ人10名、フランス人2名、ポーランド人2名、日本人1名がいたの。

キャビンはこんな感じ。私はアメリカ人と同部屋でした。

キャビンの窓から見える景色。

日本人一人だったから、ヘッドフォンと文庫本がたくさん(笑)

さてさて、ダイビングに行きますか!

このボートに乗って、各ダイビングポイントへ向う!

キューバの海の印象は、サメ!!!

それには、少し理由があって。

実はミノカサゴという美しいお魚がいるのですが、カリブの海にはもともといないので、今、外来種として問題になっている。

これがミノカサゴね。見たことあると思う。

で、

ガイドさんがモリでミノカサゴを見つけては駆除するの。

そして、サメに餌付け。

外来種を駆除するのはわかるけど、餌付けか……。でもサメと出会う緊張感は確かに半端ない。

そんな感じで始まったキューバの海取材は、船上で6日間を過ごしました。

次回も、もう少しまだあまり知られていないキューバのダイビングを!

ということで、また来週!ほな!

>>海とかもめ部トップページへ

前の記事 バックナンバー 次の記事

かもめブログライターご紹介

鍵井 靖章

鍵井 靖章

1971年、兵庫県生まれ。大学在学中に水中写真家・伊藤勝敏氏に師事。1993年よりオーストラリア、伊豆、モルディブに拠点を移し、水中撮影に励む。1998年に帰国。フリーランスフォトグラファーとして独立。自然のリズムに寄り添い、生き物にできるだけストレスを与えないような撮影スタイルを心がける。約20年間、海の生き物に、出会い、ふられ、恋して、無視され、繋がり、勇気をもらい、そして子育ての方法などを教えてもらいながら、撮影を続けている。 ▼アプリのお知らせ
毎日鍵井さんの写真が届く<まいにち海中散歩>

【朝版】【夜版】

▼連載のお知らせ
鍵井さんが感動したことや旅のお話しをつづるブログ「エラ呼吸生活」は、毎週月曜 7時に更新します。

コメントを残す

キーワード検索

Community

海とかもめ部公式SNS

@umitokamomebuで、
海の情報を投稿しています。