【親子で学べる】夏祭りの金魚の生存率アップ!? 金魚が長生きする方法

みなさんこんにちはー!さかなのおにいさん かわちゃんの、『魚ッチングTV』今週もスタート! もうすぐ夏祭りの季節……チャレンジしたい金魚すくい!
でもおうちに帰ったら、金魚の元気がなくなって 死んでしまうことも……。

ちょっと待って!
この方法なら、金魚すくいの金魚の生存率が80%UPしちゃうかも!?

①まずは酸欠防止!
すくった金魚をお店の人が袋に入れる前に、水を入れた袋をぱしゃぱしゃ振ってね。酸素が水に溶け込んで、金魚の息も長持ち!
※こぼさないように注意!

②次は水つくり。
水槽のお水は、水道水のままではNG!
塩(できればあら塩)1つまみと、カルキ抜きでお水を用意してね。

☆塩は1リットルに対して5グラム☆
「塩浴」っていう金魚が楽な状態になり、体力を回復しやすくなったり、病気になっていても治りが早くなります。

☆カルキ抜きがない場合☆
ビタミンC入りの、のど飴を5秒くらい水の中でスリスリ溶かせばOK◎ビタミンCがカルキを取り除いてくれます!

③エサは次の日に!
金魚を持って帰った日は、エサやりはがまんしてしばらくはそっとしておいて。次の日にすこしだけあげよう!

金魚すくいの金魚は、「和金(わきん)」という種類で 、すくってきたときが一番弱っています。 そこを乗り越えてうまく育てられれば15年くらい長生きするよ!

もっと長生きする方法は、動画の最後、補足までみてみてね!🐟

ちゃんとお世話するって約束して、 今年の夏は金魚すくいにチャレンジしてみてねー!

————————————————-

次回も、お楽しみに♪

前の記事 バックナンバー 次の記事

かもめブログライターご紹介

さかなのおにいさん かわちゃん

さかなのおにいさん かわちゃん

こんにちは!
さかなのおにいさん かわちゃんです!
このチャンネルでは
えをかいたり、うたったりしながら
さかなのことをたのしく「うおっち」するよ(OvO)
みんなもうたっておぼえてねー!
お母さんお父さんへ
こんにちは!かわちゃんこと、川田一輝です。
普段はアナウンサー・ラジオDJとして
テレビやラジオでニュースや音楽を伝えています。
子どもたちのさかな離れが進む中、
もっとさかなのことに興味を持ってほしいな
そんな思いで絵や歌や話をしています。
さかなの食育、生き物・自然への関心……
この動画チャンネルを通じて伝わり、
お子さんと一緒に大人もへぇーと楽しんでいただければ嬉しいです^_^
フリーアナウンサー/ラジオDJ
ナレーション / イベントMC
1990年、大阪生まれ。高校から始めたGlee club、大学ではハモネプに2度出場。 歌と同じように「声で人をしあわせにしたい」その思いから、関西を中心にフリーアナウンサー/ラジオDJとして精力的に活動中。

Twitter instagram ホームページ

コメントを残す

キーワード検索

Community

海とかもめ部公式SNS

@umitokamomebuで、
海の情報を投稿しています。