クール派にはきれいめパンツコーデがおすすめ

ストレートパンツですっきりIラインを作る

アイスブルーのハイネックニット×アイボリーストレートパンツの王道きれいめコーデ

くたっとしたシルエットのハイネックニットと、スッキリスマートなストレートパンツのきれいめコーデです。
ストレートパンツは、パンツを使ったきれいめコーデの鉄板アイテム。一枚持っていると重宝しますよ。
細身のストレートパンツには、ゆったり感のあるハイネックニットをざっくり合わせるのがおすすめです。
マフラーやストールで柄アイテムを投入しても良し、シンプルなマフラーでさらっと着こなしても良しな組み合わせです。
ポンテッドトウのブーツと合わせて、シンプルにまとめてみては。

ベージュのスウェットトップス×ベージュストレートパンツの楽チンきれいめコーデ

明るさの違うベージュを組み合わせたワントーンコーデです。
カジュアルなイメージのスウェットトップスですが、カラーとデザイン、組み合わせるアイテムできれいめに着こなすことが可能です。
ポイントは、上品カラーのベージュのストレートパンツ。装飾が少なくベーシックなカラーなので、オンコーデでも活躍間違いなしのきれいめパンツの代表選手です。
アクセサリーは華奢なゴールドかパールを選べば、よりきれいめな印象にすることも。
アウターは白っぽいトレンチコートやダッフルコート等の、きちんと感がある物を選ぶのが◎。

ワイドパンツでラフときれいめの絶妙バランスを

ふんわりアイボリーニット×グレーチェックワイドパンツのきれいめカジュアルコーデ

センターにタックが入ったワイドパンツは、きちんと感があるデザインと色使いで、どんなアイテムと合わせてもきれいめに仕上がる便利な一枚。
エアリーなコーヒー繊維のニットとさらっと合わせれば、抜け感ときちんと感の絶妙なバランスが完成です。
シューズはブラウンのブーツ、バッグもブラウンのファーバッグでトップスとグラデーションを作るとまとまりが良くコーデの完成度がワンランクアップします。

ショート丈ダウンとコーデュロイワイドパンツのハンサムきれいめコーデ

ボリュームを抑えたショート丈のダウンコートと、秋冬に活躍するコーデュロイのワイドパンツの組み合わせ。
コーデュロイパンツはしっかりした生地感なので、広がりすぎずワイドなのにすっきりまとめることができます。落ち感もあるので、下半身の細見え効果が出るのが嬉しいですね。
ニュアンスカラーのオフホワイトで、きれいめ要素がグンとアップ。トレンドも同時に叶います。
ダウンのポイントがゴールドの金具なので、小物類はゴールドでまとめると良いでしょう。華やかさもプラスされるのでおすすめですよ。

きれいめデニムコーデは冬でも健在

アイボリーのオーバーサイズカーディガン×細身デニムのこなれコーデ

細身のストレートデニムの中は、実は裏起毛素材のあったか仕上げ。冬でもきれいめデニムコーデが叶う一枚です。
ざっくり編みのオーバーサイズのニットをラフに羽織れば、あっという間に大人のこなれコーデの完成です。
カーディガンがローゲージなので、トップスはなるべく身体に沿うシルエットにするのがおすすめです。マフラーなどの巻物も、ボリュームが少ない方がきれいに見せることができますよ。
シューズは寒い時期にはショートブーツに変えると良いでしょう。辛口に光沢のあるレザーブーツでも素敵ですね。

黒のリブタートルニット×インディゴストレートデニムのレディライクコーデ

ハンサムアイテムの黒リブタートルニットと、ストレートデニムを合わせたメンズライクならぬレディライクなコーディネートです。
身体に沿うスマートなデザインのニットは、デニムのしっかりした生地とのギャップでぐっと女性らしい印象に。
フロント部分をインして、脚長効果を。
小物はレオパード柄のベルトでシーズン感をプラス。パンプスはバッグに合わせて黒を選んでも素敵ですが、差し色に真っ赤なパンプスを持ってきても。ベルトとパンプス、どちらも印象的なアイテムですが、シンプルな洋服に小さくアクセントを入れることでカッコ良くきれいめなデニムコーデに仕上がります。

きれいめコーデはスカートなら簡単に作れる

タイトスカートできれいめ女っぽコーデ

グレーVネックニット×ネイビータイトスカートのIラインコーデ

グレーとネイビーのベーシックカラーを組み合わせ、装飾の少ないIラインを意識したコーディネートです。
深いトーンのネイビーに、差し色で細かい赤が入ったタイトスカートは、オンコーデにも使いたいきちんと見えと華やかさが共存した一着。
トップスは深めのVネックでデコルテをすっきり縦に落とし、女っぽいけどハンサムな着こなしを意識してみましょう。
足もとは黒のタイツとショートブーツであくなでシンプルに。服がスッキリしているので、少しボリュームのあるアウターと合わせてもOKですよ。

浅Vネックパープルニット×大きめ花柄レースのシックなきれいめコーデ

深いぶどう色のニット×花柄レースがシックでありながらゆるい女っぽさのあるコーディネートです。
ドラマチックな総レースのスカートですが、クールなブラックで甘さはおさえられています。
ダークなトーンのパープルニットは、浅いVネックと袖のボリュームが目を引く一枚。ハイゲージできちんと感を出しつつ、抜け感を持たせたデザインがレーススカートとバランス良くマッチするポイントです。
アクセサリー華やかなパールで顔まわりを明るくすると、服の暗めな配色がグッと生きてきますよ。
黒タイツとも相性が良いので、足もとは黒でベーシックに固めるのがおすすめです。

ロマンチックなフレアースカートはきれいめコーデの必須アイテム

アイスブルーニット×ヴィンテージ風花柄スカートできれいめブルー系コーデ

すっきりとしたペールトーンが冬らしいアイスブルーのニットと、ヴィンテージ風の花柄がフェミニンな印象のコーディネートです。
足もとは黒のタイツと、ニットに合わせたアイスブルーのパンプスをチョイス。スカートを主役にしつつ、パンプスでニットのカラーも引き立たせる技ありな組み合わせになっています。
合わせるアクセサリーは、シンプルさを重視する際にはペンダントタイプのネックレスがおすすめ。フェミニンに寄せたい時にはフラワーモチーフなどがマッチしますよ。色を足すよりは、パールやホワイトのような主張の少ないカラーがおすすめです。

サーモンピンクのゆるニット×グレーの張り感フレアースカートのオン向ききれいめコーデ

にごりのない明るいサーモンピンクのニットと、ひざ下までのミディ丈がフェミニンなフレアースカートの組み合わせです。ハイゲージのニットと張り感素材のスカートなので、オンコーデとして好印象間違いなしのコーディネート。
ピンクとグレーも互いを邪魔せず華やかに見える代表的な配色です。
ブーツを合わせたい時は、スカートの丈を生かしたショート丈のブーツがおすすめです。レザーのような辛口アイテムよりも、やわらかい素材の物を選ぶとマッチします。
オンコーデにする時には、バッグは自立するようなしっかりした物がGOODです。

プリーツスカートこそきれいめコーデの主役

ベージュトレーナー×ネイビーニットプリーツスカートの上品カジュアルコーデ

カジュアルアイテムのトレーナーも、きれいめアイテムの代表格なプリーツスカートと合わせればきれいめにすることができますよ。
きれいめカジュアルは色選びも重要な要素です。黒や白のはっきりした色ではなく、ベージュやグレーなどのニュアンスカラーがおすすめ。やわらかな色合いを選ぶことで、カジュアルアイテムでも上品に見せてくれますよ。
ハイゲージのニットプリーツスカートのきちんと感を、ゆるっとしたトレーナーがほどよく崩してくれる好バランスのコーディネートです。

ベージュジャケット×パイソン柄プリーツスカートのクールエレガントコーデ

2020年も旬が続くパイソン柄と、ハンサムなベルト付きのベージュジャケットのコーディネートです。
インパクトが強くなりがちなアニマル柄ですが、シンプルな白トップスとベーシックなジャケットと合わせることで柔らかで上品な印象にすることができます。
タイツを合わせる時には、黒よりもスカートのトーンに合わせた柔らかなグレーがおすすめです。締め色が欲しい時にも、ダークなグレーが理想的です。
シューズも色の統一感を出すためにグレーをチョイス。スエード素材で冬らしさをプラスしてみてくださいね。

ワンピースはさらっと着るだけできれいめコーデを作ってくれる

無地のロングワンピースでシンプルなきれいめコーデを

大人ブラックワンピ×ドルマンスリーブのブラウンカーデの艶っぽコーデ

ゆったりビッグシルエットのブラウンカーデと、大人にこそ似合うデザイン性の高いブラックワンピの組み合わせです。
メインのワンピースはすそに小さくスリットが入っており、脚のほっそりした部分をチラ見せできるのが特徴。一枚で着ても様になります。
そこに、深いブラウンのざっくり編みのカーディガンをさらりとオン。肩が落ちたドルマンスリーブが今っぽく、こなれ感たっぷりのきれいめコーデに仕上がります。
レオパード柄の手袋をスパイスに、艶っぽく着こなしてくださいね。

ワインレッドのワンピースで冬を彩るエレガントコーデ

しっとりと深みのあるワインレッドのワンピースは、ウールのようなリッチな素材感とシンプルなデザインが特徴の一着。ウエストラインに入ったドレープが陰影を作り、エレガントな雰囲気を作ります。
袖の三連の金ボタンがコーデのアクセントになっており、小物やアクセサリーを選ぶ時にはゴールドを合わせると一体感を出すことができますよ。
ワンピースのデザインがシンプルなので、アクセサリーは大きめでインパクトがあるものにチャンレンジしても良いですね。
寒い時期には、華奢なヒールのブーツとの組み合わせが素敵です。

柄とデザインで作るきれいめワンピコーデ

小花柄ベージュキャミワンピ×アイボリーニットジャケットのフェミニンコーデ

冬のキャミワンピは、季節感が出るつやのあるベロア生地がベストマッチ。ベージュの小花柄が、アイボリーのニットジャケットのやわらかな質感と相性◎です。
すっきりと落ち感がありつつ、すその部分にたっぷりドレープが入っているので、優雅な印象になりますよ。
甘くなりすぎないポイントは、ニットジャケットのデザインがシンプルだから。はっきりした白ではなく、ニュアンスカラーのアイボリーなところもほどよく大人の抜け感を加えてくれますよ。
タイツを合わせたい時には、黒よりもダークグレーがおすすめです。コーデのやわらかな色味を活かしつつ、締め色としてもピッタリです。

ボルドーの花柄ワンピ×グレイッシュブルーのコーデュロイコートの渋かわコーデ

ワインのようなボルドーにネイビーの花柄が散りばめられたワンピースと、厚みのあるビッグシルエットのコーデュロイ生地コートの渋色が可愛いコーディネートです。
すそ部分にだけドレープが入ったワンピースは、もも上付近まではストンと落ちるデザイン。すっきりしたワンピースに、ボリュームのあるアウターをオンします。
アウターは裏地部分がボアになっており、温かさとデザイン性が両立できます。
カーキのファーブーツはあえてクシュっとナチュラルなデザインで外しを効かせ、ワンランク上のコーデにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コートだってきれいめコーデを作る大事な要素

ゆったりリュクスなガウン風カーキコートはさらっと羽織るだけできれいめに

2020年らしいオーバーサイズを思わせる大きめな襟と、ガウンを思わせるリュクスな生地感・デザインが特徴の一着です。
極力装飾を抑え、シックなカーキが上品な大人のコート。さっと羽織るだけでOKなきれいめアイテムです。
コートを主役にしたいなら、中は黒やネイビーなどのベーシックカラーでまとめてみるのはいかがでしょうか。細身の洋服なら、よりクールにシンプルになりますよ。
差し色で大判の赤チェックのストールを添えれば、カジュアルながら華やかに。
アクセサリーはカーキと相性が良いゴールドがおすすめです。

ノーカラーのAラインコート×パープルの花柄スカートで作る曲線コーデ

ノーカラーコートと、大きな花柄がエレガントなスカートのコーディネートです。
グレーのAラインコートは女性らしい曲線要素が多く、フェミニンコーデの強い味方。立体感のある袖が女性らしいきれいなシルエットが特徴です。
パープルの花柄スカートをすそから見せて、コーデの世界観を決めましょう。大きめの花柄のインパクトが大きいので、他の場所では柄物は使わない方が無難です。合わせるパンプスは柄に入っている色から選ぶと統一感が出ておすすめです。
衿がないので、首もとのおしゃれも楽しめます。短い丈でボリュームのあるネックレスを合わせたり、ファーの巻物とも相性◎。

シックなきれいめダウンコート×グレーアイテムのモノトーングラデーションコーデ

ロング丈の黒ダウンコートと、ライトグレーのニットトップス、グレーのベロアプリーツスカートのモノトーングラデコーデです。
異素材ミックスのブラックのダウンコートは、辛口な色味ですがプリンセスラインが女性らしいシルエットな一着。
インする服はグレーのニットとグレーのプリーツスカートをチョイスしてみましょう。コートと同系色で色味を抑えることで、コートを主役にしてくれます。
バッグやアクセサリーを選ぶときには、主役のコートの金具とリンクさせると統一感が出せますよ。
ブーツはグレーのスエード素材を選ぶと、スカートとマッチ。

冬のきれいめコーデはシンプルとエレガントがキーワード

寒さ対策もおしゃれも諦めたくない冬のコーディネート。きれいめに仕上げたい時には、ディテールがシンプルな物を選べば難しくはありません。
そこに、エレガントなテイストを少しプラスするだけで、グッと垢抜けて華やかに見せることができますよ。
ワイドパンツやデニムなどのカジュアルアイテムも、厚みのある生地やスッキリしたシルエットであれば十分きれいめに着こなすことが可能です。
今年の冬は、防寒とおしゃれのいいとこ取りでファッションを楽しみながら乗り切りましょう。

recommend こちらの記事もオススメです

Top