KAMOME BLOG

かもめブログ

帆船が神戸にやってきた!

はいさい!海とかもめ部飛び入り部員の旅カナです。
海の近くにオフィスが引っ越しまして、毎日楽しいことだらけです。

今週は帆船が会社の目の前の突堤に泊まりました。しかも2隻です。
こちら日本を代表する帆船「日本丸」と「海王丸」です。海技教育機構の実習船で、商船学校などの学生さんが乗られています。

私、帆船が大好きです。停泊してから毎日朝昼晩と写真を撮っています。

日本丸が錨泊するシーン。タグボートが一生懸命岸壁に向かって帆船を押してます。
会社の窓からの景色。次の日には海王丸が入港。2隻が揃うことは珍しいのです。
白くて美しい船体。バランスの良い4本のマスト。う~ん美しい。

しかも夕暮れになるとライトアップをしてくれます。
海と帆船と夕焼けと電飾。なんてエモいのかしら。いつまででも眺めていられます。

会社のテラスから見るとこんな感じ。奥の方にハーバーランドが見えています。

三脚を持って来て夜の帆船を毎日第一突堤まで撮りにいきました。
会社の同僚にもう一人帆船マニアがいて、毎日のようにカメラを持った二人が港で顔を合わすという、もう最後の方は笑うしかない面白事象にも遭遇。

この日は満月。海王丸と満月、素敵~!
フェリシモ本社ビルと帆船の図も撮ってみました。

そして、本日午後いよいよ日本丸が出港しました。
おもしろいですね。バックのまま2隻のタグボートが港の外まで曳いていくんですね。
さよーならーーー!ああ、テラスから紙テープ投げたかったなあ。

ここで、誰しもが思う疑問。
「帆はいつ広げるんですか?」
そう、彼らは今ちょっと事情があって展帆(てんぱん=帆を広げること)して航行はしていないのです。

広げたらどんなに美しいか。ちょっと私の昔の写真で見ていただきましょう。

こちら2017年の神戸帆船フェスティバルの様子です。
国内外の帆船が勢ぞろいして帆船パレードを行うという贅沢なイベントだったのですが、今はコロナの影響で中止されています。

こちらロシアの研修船「パラダ」と小さい方は韓国の「コリアナ」という帆船。

セイルドリルと言って、岸壁に錨泊したまま帆を広げる訓練の様子を見せてくれたりもします。
こちらすべての帆を広げた海王丸。美しいですね。(総帆展帆=そうはんてんぱん、と言うそうです)

リアから見たところ。神戸港と帆船。似合う~。
飛行機雲と帆船もかっこいいなあ。またいつか帆を広げた様子を見せてほしいです!

次回の神戸港入港もお待ちしております!良い旅を!

前の記事 バックナンバー

かもめブログライターご紹介

旅カナ

旅カナ

『海とかもめ部』飛び入り部員。元「ecolor[エコラ]」ブランドマネージャー、現「幸福のチョコレート」マネージャー。 旅が好きでこれまで旅した国は35ヵ国。趣味はカメラとダイビング。沖縄離島とフィリピンを主に潜り、経験本数は約500本。 特技は海の生き物のイラストをダイビングログブックに描くこと。インスタグラムで「お絵描きDiver 旅カナ」として作品を発表中(@nosekana)「海とかもめ部」ではブログ「海の写真館」連載担当。 イメージキャラクター:タンクを背負ったカンパチ

コメントを残す

キーワード検索

Community

海とかもめ部公式SNS

@umitokamomebuで、
海の情報を投稿しています。