【最旬】華やかさを演出する「大人のスカートコーデ」 タイプ別着こなし術

ひとくちにスカートと言っても丈や素材、デザインはさまざま。シルエットやタイプによって与える印象も変わりますよね。今回は「タイト」「ロング」「プリーツ」「フレアー」とスカートのタイプ別に、大人におすすめのコーディネートを紹介します。

女性らしいシルエットを表現する「タイトスカート」のコーデ

白シャツ×黒のタイトスカートのオンコーデ

白シャツとロング丈の黒タイトスカートのハンサムコーデ。通勤にも使えるコーディネートですが、着こなし次第でオンオフ問わずに使えます。通勤の場合は、黒のバッグに黒のパンプスなどベーシックなアイテムを合わせて。オフの場合はバッグを差し色に、シルバーのフラットシューズですっきり全体をまとめると◎。夏の涼しげな印象を作りたいときは、バッグをブルーやグリーンなど寒色系にしたり、ホワイトにするのがおすすめです。

着用アイテム

ベージュブラウス×総レースのマスタードタイトスカートのフェミニンコーデ

カッチリしつつも女性らしくフェミニンな印象のレースのタイトスカートと、コーデ全体をやわらかい印象にしてくれるベージュブラウスのコーディネート。きちんと感と上品さがあるコーディネートは、オフィスにもぴったり。合わせる小物は、白のレザーバッグでコーデに夏らしい軽やかさをプラス。アクセサリーは服に合わせてゴールドを選ぶと色なじみもよくおすすめです。レースのタイトスカートが既に華やかなパンプスはシンプルなデザインを選んでみてくださいね。

ショッキングピンクシャツ×ネイビーニットタイトスカートのインパクトコーデ

夏に着たいパッと目を引くショッキングピンクのシャツと、ナチュラルな雰囲気のニット素材のタイトスカートの組み合わせ。ネイビーもショッキングピンクもクールに着れるカラーなので、シルバーの華奢なアクセサリーがおすすめです。カジュアルなぺたんこシューズやスニーカーと合わせて、カジュアルなタイトスカートコーデを楽しんでくださいね。

着用アイテム

ほどよい抜け感が◎。トレンドの「ロング丈のスカート」コーデ

白ブラウス×ベージュのロングスカートの抜け感フェミニン

スタンドカラー風の襟が抜け感を添えてくれる白のブラウスと、くしゅっとした風合いがこなれて見えるプリーツロングスカートのコーデ。大きめなハーフスリーブも、リラクシーな雰囲気を更にプラスしてくれています。トップスはインすれば上品に、出して着ればカジュアルに、どちらの印象にもなれる組み合わせです。今年もトレンドのパイソン柄のパンプスと合わせて、旬な大人のフェミニンコーデに仕上げましょう。バッグは服に合わせてホワイトやベージュがおすすめです。

着用アイテム

ダークグレースウェット×ネイビー配色プリーツスカートのシックな大人コーデ

ロングシーズン活躍するダークグレーのカットソートップスとプリーツスカートのコーデ。スカートはネイビーと花柄が交互になったプリーツスカート。トップスのグレー×ネイビーという暗めのカラーを合わせても、重たい印象にならないよう、素材は落ち感のあるものを選ぶと◎。バッグは夏らしくネイビーの編みバッグ。パンプスもスカートに合わせてネイビーをチョイスしましょう。アクセサリーはシルバーもゴールドもどちらもOK。大きめのパールもコーデを華やかにしてくれますよ。シューズはスカートに合わせてネイビーも良いですし、アクセサリーと同じくゴールド・シルバーで光を添えても良いですね。

着用アイテム

渋レッドのセットアップはロングスカートでドラマティックに

夏にピッタリのローズ系の赤のセットアップは、プリーツスカートでカジュアルながらエレガントな雰囲気に。トップスはレースタンクトップや白のTシャツなどと合わせても素敵。コーデの幅が広がるのはセットアップならでは。夏らしく白のサンダルやオープントゥのものを合わせてみてくださいね。バッグもメッシュ素材や旬の編みバッグなど、重たくならないものを合わせると、涼やかなコーディネートに。アクセサリーはエレガント系もナチュラル系も合わせやすいので、その日の気分や選ぶシューズによって変えてみるのも楽しいですよ。

着用アイテム

黒Tシャツ×爽やかグリーンのロングスカートで休日のお散歩コーデ

黄みの少ないスッキリとしたグリーンが爽やかなロングスカートは、たっぷりとした生地感がリッチな印象に。黒のTシャツと合わせてカジュアルに着ても良し、白のブラウスを合わせてサッパリとフェミニンに着ても良しなアイテムです。カジュアルに着るときは白のローカットスニーカーと、白とネイビーのボーダートートバッグと合わせてマリンな雰囲気もプラス。夏のお出かけにピッタリなコーデが出来ますよ。カラーアイテムがOKな職場であれば、サマーニットなどを合わせてオンコーデにも◎。

着用アイテム

フェミニンな印象ならおまかせ「プリーツスカート」コーデ

キャメルサマーニット×ベージュプリーツスカートでカフェオレカラーコーデ

繊細なプリーツがフェミニンなベージュのプリーツスカートと袖のレースがエレガントなトップスのカフェオレカラーのコーディネートです。スカートに見えるボトムスは実はパンツ。足さばきがいいのもうれしいポイントです。やわらかなニュアンスカラーのコーディネートに合わせて、暖色のアクセサリーや小物を選んでみて。締め色としてブラウンのサンダルを合わせましょう。スカーフとも相性が良いので、バッグに付けたりヘアアクセとしてスカーフを投入するのもGOOD。

着用アイテム

ブラックボタンニット×オレンジプリーツスカートのビター配色コーデ

くすみオレンジのプリーツスカートと、ブラックのニットのビターな組み合わせのコーディネート。コントラストが激しくならないのか心配になるかも知れませんが、明るすぎないくすみオレンジがニットなら大丈夫。大人っぽく着こなせます。合わせるアクセはゴールド系のアクセサリーならゴージャスに、ウッド系のアクセサリーなら夏っぽいナチュラルな雰囲気にすることができます。サンダルは黒は強すぎるので、オレンジに合わせてブラウンをチョイス。夏の暑さに負けない大人のオレンジコーデの完成です。

ブラウンプリーツスカート×パンプキンイエロートップスのなじみカラーコーデ

どんなトップスにもマッチする、ナチュラルなブラウンのプリントプリーツスカート。アースカラーのパンプキンイエローの鮮やかさを、ほどよく緩和してくれる優秀アイテムです。アウターにはスカートと同色のブラウンのロングカーディガンを合わせて、Iラインを強調してスタイルアップを狙いましょう。シューズはサンダルもスニーカーもマッチする万能なデザインですので、TPOに合わせて選んでください。カラーのポイントは、例えば真っ白よりはアイボリー、ロイヤルブルーよりはターコイズブルーのように、自然の色がマッチします。

着用アイテム

グレーのサマーニット×グレーの配色柄プリーツスカートのライトトーンコーデ

ライトトーンの明るいグレーは、夏にこそ映える涼しげカラーです。ライトグレーのワントーンコーデを寂しい印象にしないコツは、柄を上手に取り入れることです。シックな柄を取り入れることで、色のフェミニンな印象を崩すことはありません。
ニュアンスカラーのコーデをキープしたい時には、同じ明るさ・同じ鮮やかさの色の小物を使いましょう。ライトカラーかつグレイッシュなパープルのパンプスで、上品コーデの完成です。アクセサリーはシルバー系がマッチします。

着用アイテム

揺れるふんわりシルエットが上品な「フレアースカート」コーデ

モノトーンのレオパード風ドットフレアースカート×ブラックロングカーデのIラインコーデ

レオパード風のロングスカートは、カラーアイテムが苦手な方も取り入れやすいモノトーンです。パキッとした白とブラックでまとめて、夏らしく涼やかなモノトーンコーデを作りましょう。重苦しくならないコツは、なるべく白ベースを意識することです。ブラックのロングカーデは、シャリ感のあるものを選ぶと、重たすぎず軽やかな印象に。服がモノトーンなので、アクセサリーはカラーアイテムやゴールドがおすすめです。カラーアクセサリーを取り入れて楽しんでみてくださいね。

着用アイテム

マキシ丈インディゴスカート×ビッグサイズのストライプシャツのゆるっとカジュアル

ビッグサイズのストラプシャツと、マキシ丈のフレアースカートでゆるっとしたリラックスシルエットを作るコーディネートです。上下とも体のラインを拾わないシルエットで、ラフに着るだけで抜け感を作ることができます。シューズはスニーカーやサンダルのカジュアルなアイテムがおすすめ。薄手のキャンバス地のスニーカーも良いですし、サンダルでもOKです。アクセサリーはなくてもすっきり。合わせるのであれば、帽子やカジュアルな時計のようなシンプルなものを。

着用アイテム

ブラウンTシャツ×ベージュフレアースカートのほっこりカラーコーデ

ブラウンとベージュの組み合わせは、誰でも取り入れやすいテッパンカラーです。涼しげな寒色が多くなる夏の時期ですが、日差しに負けないアースカラーでコーデにバリエーションを持たせましょう。小物はブラックで引き締めて、明るさを入れたい時にはシューズやバッグを白にしてアレンジしてもOKです。スポーティーな小物で思いっきりカジュアルにしたり、レディなサンダルや華奢なブレスレットでフェミニン要素を足すこともできるコーディネートです。アクセサリーはゴールドや珊瑚色、スカイブルーなどがおすすめです。

着用アイテム

夏もスカートコーデでフェミニンなおしゃれ女子スタイルへ

大人になっても楽しみたいスカートは、丈感や形のタイプ、素材感で様々な表情に変わります。フェミニンなイメージがありますが、スカート選びや合わせるアイテムでカジュアルにもハンサムにもできるんです。ひざ丈のものやふわっと軽い素材ならより女性らしく、マキシ丈やひざ下のロング丈のもの、素材がしっかりしたものだとカジュアルな印象に変わります。なりたいイメージに合わせて、ぴったりなスカートを探しましょう。

◎こちらの記事もおすすめ♪

【2020最旬】華やかさを演出する「大人のスカートコーデ」 タイプ別着こなし術

【決定版】大人のロングスカートコーデ。季節別の着こなしをチェック♪

【2020春夏】レーススカートでフェミニンからカジュアルまで。大人の着こなし手帖

 

旬なマキシスカートが彩る春夏コーデが洗練された印象漂う大人シルエットへ変身させる

【2020春夏】大人女子マストアイテムのロングスカート着回し術徹底解説!

【カラー別解説】チュールスカートを着こなすコツって?大人の華やかスタイリング術

春夏も華やかにオシャレ度をアップ!フレアスカートを履きこなすポイントは丈感にアリ

上品にもカジュアルにも。「チェックスカート」夏のおすすめコーデ

recommend こちらの記事もオススメです

topics おすすめの特集をご紹介!

Top