夏もやっぱりワンピース♪今すぐ着たい大人コーデ見本帖

年中活躍する万能アイテムといえば、ワンピース。特に夏は、一枚でさらりと着たり、重ねてレイヤードスタイルを楽しんだりと、ワンピースが大活躍する季節です。けれど、どのように着こなすのが正解でしょうか。カラー別の着こなし方や丈別の着こなし方、ノースリーブワンピースの着こなし方など、マネしたくなる大人コーデをチェックしておきましょう!

【カラー&柄別】夏のワンピースコーデをチェック

■黒のワンピースコーデ

シンプルに潔く黒のワンピースを着こなせる人って素敵。夏に黒を着ると暑そうに見えないかが心配ですが、夏らしい素材を使うことでその問題はクリアできます。例えばこちらのワンピースは、ポロシャツのようなかのこ素材なので夏にピッタリ。膝下丈のすとんと落ちるラインは一枚でもサマになるので、レギンスはあってもなくてもOK。足元に爽やかカラーのサンダルを合わせると、抜け感を出すことができます。


シャツワンピースは羽織っても着まわせるので、コーデの幅が広がる優秀アイテムです。手持ちの服に黒のシャツワンピースを羽織って、レイヤードスタイルを楽しむのもよさそう。黒×白×カーキは大人スタイルの素敵なカラー合わせ。シャツワンピースのボタンはすべて外して、センターに縦ラインを生み出すと細見え効果も期待できますよ。

着用アイテム

無地のブラックワンピースは、デザイン性の高さで着映えを狙って

シンプルな無地の黒ワンピースは、ディテールにこだわったものを選ぶと、一枚でも着映えするのでおすすめ。ボリュームをもたせた袖デザインや、Aラインシルエットなど、デザイン性の高いアイテムはむしろカラーがシンプルな時こそ映えます。地味すぎず派手過ぎず丁度良いバランスで、大人の女性にぴったりですね。
普段使いするなら、ワイドパンツで程よくカジュアルダウン。アニマル柄のヒール付きシューズで辛さをプラスすると、エッジの効いた印象に仕上がります。アクセサリーは華奢なものを選んで、上品さを意識してみましょう。

着用アイテム

キャミソールタイプを選んで、ブラックワンピを爽やかに

黒は年中着回しできるカラーですが、真夏には重たいと感じてしまうことも。そんな時は、キャミワンピタイプを選んでみてはいかがでしょう。黒の面積が少なくなる分、明るい着こなしに仕上がります。インナーに真っ白なTシャツを合わせると、さらに涼しさを演出してくれるのでおすすめ。幼く見えてしまいがちなキャミワンピコーデも、モノトーンで揃えると大人っぽく見えますね。
足元に合わせるスニーカーも白を選んで、清潔感を意識。トレンド感溢れるバケットハットは、日焼け対策にもなるので、夏のお出かけに必須です。インナーの袖丈を長袖、半袖と調整すれば、春先から夏終わりまでとことん着回しできそうですね。

着用アイテム

夏のレジャーに!Tシャツ黒ワンピ×デニムパンツのアクティブコーデ

ブラックのワンピースは汚れが目立たないので、ピクニックや旅行など、アクティブなお出かけにも大活躍。着心地の良いTシャツ素材のワンピに、デニムのワイドパンツを合わせて、とことんカジュアルに着こなしてみましょう。ワンピースの色合いが暗いので、淡いデニムをチョイスするのがおすすめ。コーデにメリハリがつき、バランスよく仕上がります。
足元には、ブルー系と相性バッチリなイエローのスニーカーをチョイス。差し色効果を発揮し、ベーシックなカラーコーデに遊び心をプラスしてくれます。バッグやキャップなどの小物は明るい色で揃えて、夏らしさを意識してみて。

着用アイテム

◎あわせて読みたいコーデ特集

▼夏も黒ワンピースを着こなそう。大人におすすめコーデ集

■白のワンピースコーデ

レフ板効果のある白いワンピースは、顔のくすみやシミを飛ばす効果が期待できますよね。けれど、身体がいつもより太く見えてしまうかもしれない…というデメリットも。清潔感のある白は夏のお出かけにもってこいですが、デメリットも理解して上手に着こなしましょう。一枚でふんわりと着られるワンピースでも、大人の着こなしにはウエストマークがおすすめ。黒よりも優しいブラウンのベルトを使って、シルエットにメリハリをつけて。

着用アイテム


コットンガーゼの白は、ナチュラルな風合いで肌に馴染みやすく、デイリーコーデに取り入れやすいという良さがあります。ノースリーブのトップスに羽織ってレイヤードスタイルを楽しみましょう。ブラウンやカーキなどのアースカラー、生成りのパンツなどを合わせて、ナチュラルカラーで統一すれば涼しげに見える夏コーデの完成です。

着用アイテム

ベストを重ねて、一味違う白シャツワンピコーデを楽しんで

白のシャツワンピは、カジュアルなのにどこかきちんとした印象に仕上がる、大人女子に嬉しいアイテム。重たく見えてしまいがちなロング丈を選んでも、爽やかな雰囲気です。
ただし、シンプルであるが故に着回しがマンネリ化してしまうことも。そんな時は、ニットベストを重ねてみるのも一つの手です。ガラリと違った雰囲気になり、新鮮な気分で着こなせます。着回しの幅がぐっと広がるので、ぜひ一度試してみて。
ワンピとベストを明るい色で合わせたら、ボトムスは濃いデニムで引き締めるのがおすすめ。足元は、シンプルなバレエシューズで控えめに。

着用アイテム

◎あわせて読みたいコーデ特集

▼この夏、白ワンピが着たい気分。大人におすすめコーデ集

■ベージュのワンピースコーデ

張り感のあるベージュワンピースは、デイリーにもきちんと見せたい日にも活躍するので、持っていると便利なアイテムです。ワンピースなのでベージュの面積が大きくなってしまい、これだけでは地味な印象になりがち。そこでポイントとなるのが小物の色使い。難しいかな?と思うようなパープルや明るいグリーン、オレンジなども実はベージュと好相性。バッグで華やかなカラーを使ったなら、足元は白でまとめて主張する色を増やし過ぎないよう注意しましょう。

着用アイテム


ベージュは年中活躍するカラーですが、夏には淡いトーンでまとめるのもおしゃれ。涼しげに見える薄いベージュに、パキッとし過ぎないホワイト、そして薄めのカーキ。ベーシックなカラーを集めたコーデですが、いつもより淡いトーンを組み合わせるだけでトレンド感ある大人の着こなしにブラッシュアップされます。アクセサリーもクールなシルバーではなく、温かみのあるゴールドを選んでまとめてみて。

着用アイテム

マルチに馴染むベージュワンピでカラーコーデにチャレンジ

どんなカラーとも自然とマッチするベージュワンピースは、思い切ってカラーパンツと合わせてみると新鮮。なかでもパープル系の色は、落ち着いた雰囲気に仕上がるのでおすすめです。ワンピースとトーンを合わせて、くすみカラーを選ぶのがポイント。着こなしが派手になりすぎず、シックに決まります。
足元は、ベージュと同系色であるブラウンが相性抜群。ヒール付きのサンダルを合わせておくと、脚長効果が発揮され、スタイル良く着こなせます。インパクトのあるバングル、ピアスをプラスすれば、程よくアクセントの効いた大人のレイヤードコーデの完成です。

着用アイテム

ラフに着られるのにきちんと見えする、ベージュシャツワンピが万能

シャツタイプのワンピースはカジュアルになりがちですが、ベージュカラーを選べば落ち着いた雰囲気に。ラフに着られるのにきちんとした印象を与えるので、幅広いシーンにマッチします。ポケットやボタンなど、目を引くディテールもあるので、一枚で着ても映えますね。
涼しく過ごすため、真夏は思い切って素足まま着るのがおすすめ。ただし、ベージュカラーは肌の色と同化しやすく、ぼんやりとしてしまいがちなので、ブラックのサンダルで足元を引き締めておきましょう。襟元のボタンを開けたり、袖を少しロールアップしておくと一気にこなれ感が出るので、着こなしの参考にしてみてくださいね。

着用アイテム

楽なのにエレガントに決まる、ウエスト切り替えのベージュワンピコーデ

ウエストに切り替えしがついたロングワンピースは、ベルトを巻かなくてもスタイル良く見せられる、優秀なアイテム。ベージュカラーが持つ上品さのおかげで、シンプルに着ても女性らしく仕上がります。着心地も良く、かつキレイめに着こなせるので、休日のちょっとしたお出かけからデート、食事会など幅広いシーンで活躍してくれそうですね。
たくさん歩き回る日は、ペタンコシューズを合わせておくと楽ちん。先の尖ったポインテッドタイプを選ぶと、ヒールがなくてもエレガントに仕上がるのでおすすめです。カゴバッグをプラスして、夏らしさも意識しておきましょう。

着用アイテム

■マスタードのワンピースコーデ

華やかなマスタードは、シンプルな着こなしで主役として使うと大人の着こなしに。マスタードと相性抜群なカラーといえば黒。黒のパンツやレギンスを、添えるように足元から少しのぞかせると、ほどよくピリッとした大人コーデが完成します。アクセサリーはお花などの女性らしいモチーフを選ぶと、柔らかさも加えることができます。お好みで調整してみてはいかがでしょうか。


主役として見栄えするマスタードを爽やかに着こなしたいなら、合わせるパンツはデニムがおすすめ。インディゴブルーやブルーのデニムとも相性はよいですが、爽やかさを求めるならライトブルーが一番。パンツのシルエットにもこだわって、ワイドデニムを選んでみましょう。リラックス感もプラスすることができ、爽やか×リラックスの大人の休日コーデが完成します。小さなことですが、裾がカットオフやフリンジになっているものを選ぶとよりこなれ感が出ますよ。

着用アイテム

■パープルのワンピースコーデ

パープルは難しい…と思われがちですが、実はカジュアルな着こなしにも活躍する色。ちょっとそこまでのデイリーコーデが無難で地味になってしまうという方は、パープルのワンピースを追加してみませんか?白のトップスにベージュのパンツ、よく見る組み合わせですが、パープルのシャツワンピースが加わればあか抜けコーデに変身。ワンアイテムの追加だけで、いつもと雰囲気を変えることができます。

着用アイテム


パープルとひとくくりに言っても、赤みが強いパープルもあれば青みが強いパープルもあります。赤よりのパープルに難しさを感じるなら、青よりのパープルを選ぶという方法も。青よりのパープルと夏に合わせたいカラーはやっぱり白!白と好相性なのは間違いなしですが、他の色とも思いのほか相性が良く、手持ち服と合わせやすいというメリットがあります。ネイビーに合う色を選べば、青よりのパープルともマッチしやすいので色合わせを楽しんでみては。

着用アイテム

■ピンクのワンピースコーデ

ビビッドカラーのワンピースで、夏ならではの着こなしを

気温と共に気分も上がる夏シーズンは、他の季節ではなかなか着られない、ビビッドカラーのワンピースに挑戦してみるのはいかがでしょう。ピンク系のカラーワンピースは、顔の血色がよく見えるおすすめのカラーです。袖を少しロールアップするのが、インパクトのあるカラーを自然に着こなすコツ。さりげないテクニックですが、印象がガラリと変わるのでぜひ意識してみて。
一枚で着ても十分完成度が高いですが、ベージュのパンツを合わせると程よくカジュアルダウン。足元の真っ白なフラットシューズが、差し色効果を発揮してくれています。着るだけでフレッシュな気分を味わえそうな、真夏にぴったりのコーディネートです。

着用アイテム

ハードルの高いカラーワンピは、くすみトーンで落ち着いた雰囲気

ブラウンに近いピンクのワンピースに、グレーのワイドパンツを合わせた、落ち着いた雰囲気のカラーコーデ。くすみがかった色で揃えることで、カラーアイテムを大人っぽく着こなしています。ピンクカラーに憧れるものの、なかなか着る勇気が出ないという方でも、気軽に挑戦できそうですね。
ややボリュームの出やすい組み合わせなので、リボンでウエストマークすることでメリハリをプラス。腰の位置が高く見え、スタイルアップも狙えます。小物はベージュ系で合わせて、統一感を意識。ヘアターバンで顔周りをスッキリさせておくと、爽やかさがアップしますね。

着用アイテム

■グレーのワンピースコーデ

淡いカラーと肌の露出で、グレーワンピを夏らしく

グレー系のワンピースは秋冬のイメージが強いですが、Vネック、半袖など、肌の露出が増えると夏らしい印象に。なかでも淡いライトグレーは、爽やかで、かつ清潔感を演出してくれる優秀なカラーです。着心地の良いカットソー生地でも、部屋着っぽく見えないのは嬉しいですね。
インナーの透け感が気になる場合は、レギンスやスラックスをレイヤードしてみて。着心地が良く、足さばきも抜群なので、アクティブなお出かけにもぴったりです。ワンピースとはトーンの違う、濃いグレーを重ねることで、メリハリと統一感を同時にゲット。足元のシューズは真っ白を選んで、差し色を意識してみましょう。

着用アイテム

■ネイビーのワンピースコーデ

夏でもさらりと着こなせる!ネイビーワンピ×パンツのフォーマルコーデ

ネイビーカラーの膝上丈ワンピースは、かっちりとフォーマルに決まるアイテム。ブラックほど重くならず、気温の高い日でもさらっと着こなせます。
足の露出が気になる方は、パンツを重ね着するスタイルがおすすめ。細身のシルエットを選べば、スッキリと仕上がり、かつきちんとした雰囲気も崩れません。色は、爽やかに見せるためホワイトを選ぶのが安定です。
カバンは、上品に仕上がる小さめのショルダーバッグをチョイス。柄物を選ぶと、さりげなく遊び心のある着こなしになり、垢抜けて見えますね。オフィススタイルとしてはもちろん、食事会やイベントなどのシーンにも活躍してくれる優秀なコーディネートです。

着用アイテム

■グリーンのワンピースコーデ

ミントカラーを取り入れて、アースカラーコーデを涼しげに

アースカラーは、どうしてもくすんで見えてしまいがちですが、ミントカラーのワンピースを選ぶと清潔感溢れる雰囲気に。深いブラウンのワイドパンツを合わせることで、垢抜け見え抜群の着こなしへと仕上げています。さらに、透け感のあるブラウス素材が軽やかさを演出。気温の高い真夏日でも、着心地、見た目共に涼しげに過ごせそうですね。
足元の色合わせに迷ったら、黒のサンダルを合わせるのが鉄板。低くても良いので、ヒールのあるアイテムを合わせてスタイルアップを狙いましょう。中が透けて見えるネットバッグや、大ぶりのイヤリングを添えて、トレンド感も意識。女性ウケ抜群のコーデなので、女子会、女子旅にぜひ取り入れてみて。

着用アイテム

■花柄のワンピースコーデ

大きな花柄は、素敵だなと思っても着こなすのが難しそう…と躊躇してしまうことも。けれど、シックなカラーの花柄ワンピースなら、大柄でも上品に着こなせます。ポイントは、コーデの色数を増やさないこと。黒い刺繍の花柄と合わせて、ピアスも足元も黒をチョイス。ワンピースに合わせて花モチーフのアクセサリーをさりげなく添えるとよりおしゃれな印象になります。


ガーリーな雰囲気を活かしながらも、大人っぽく着こなしたい小花柄のワンピースは、パンツとのレイヤードスタイルがおすすめです。色合わせに悩んだら、花柄に使われている色から選ぶと失敗なし。こちらのコーデであれば、白とベージュを選んでトップスとパンツに使っていますね。パンプスのブラウンも、花柄の濃い部分に使われている色。柄ものをすっきり着こなす際に応用できるので、色合わせに迷ったときは思い出してみて。

着用アイテム

上品な寒色系花柄ワンピにデニムを合わせて、程よくカジュアルダウン

寒色系の花柄は、華やかながらもどこか落ち着いた印象に。同時に肌の透明感を引き出すカラーなので、露出が増える夏にぴったりです。面積が大きすぎないチュニック丈を選ぶと、派手すぎずに着こなせるのでおすすめ。さらに普段使いするなら、デニムパンツを合わせてカジュアルダウンさせておきましょう。
足元のシューズはブラックやホワイト、ブラウンが定番ですが、レッドを合わせると一捻り効いた着こなしに。花柄の色と同系色をチョイスすることで、コーデ全体の色合いがまとまります。また、ヘアスタイルをアップにし、顔まわりをスッキリ見せるのも、インパクトのある柄物を爽やかに着こなすコツです。

着用アイテム

◎あわせて読みたい特集記事

シーズン問わず大活躍♪大人の「花柄ワンピース」コーデ集

■ストライプのワンピースコーデ

爽やかなストライプのワンピースは、夏の必須アイテムといえるほど重宝しますね。そしてもうひとつ、ホワイトパンツも夏コーデを涼やかに見せてくれる活躍アイテムです。このふたつの組み合わせは鉄板!ホワイトパンツをワイドパンツにするとリラックス感のあるコーデに。バッグやサンダルはブラウンを選ぶと、よりナチュラルな雰囲気に仕上げることができます。

着用アイテム


定番ストライプとは違う変化球が欲しいなら、太目ピッチのストライプにも挑戦してみませんか。白の印象が強いストライプなら、ぼやけた印象になるのでホワイトパンツは避けた方がよいですね。カーキのパンツやインディゴブルーのデニムなど、締め色を合わせるとワンピースを惹き立てることができます。濃い色のボトムスで引き締めるなら、涼やかに見せる工夫としてサンダルは必須!

着用アイテム

アウター代わりにさらりと羽織って、ストライプ柄をマイルドに

ストライプ柄のインパクトが強すぎると感じたら、羽織として取り入れてみるのもおすすめです。シャツタイプのワンピースであれば、前を開けるだけでアウターとして活躍してくれます。生地が薄手である分、重ね着をしても涼しく着られるのが嬉しいポイント。着回しの幅も広がり、かつ腕の日焼け対策にもなるので、ぜひ一度試してみてくださいね。
合わせるボトムスは、デニムのワイドパンツがやっぱり定番。ワンピのカラーとデニムのカラーが同系色なので、インナーは真っ白をチョイスし、差し色を意識すると好バランスです。足元は、かっちりとしたレースアップシューズを合わせて、きちんとした印象に仕上げてみて。

着用アイテム

◎あわせて読みたい特集記事

定番の「ストライプ柄」をシャツワンピ―スで。春夏秋冬お手本コーデ

■チェック柄のワンピースコーデ

ほどよくかわいさも取り入れられるチェックは、ダークカラーを選べばかわいくなり過ぎないベストなバランスを保つことができます。けれど、夏のダークカラーは重たい印象になりがち。それを避けるためにも、涼しそうに見えるノースリーブのワンピースを選ぶのがおすすめです。また、ロング丈でないならレギンスなどで足を隠すと、チェックのワンピースが子どもっぽくならず失敗なし!

着用アイテム


大きなチェック柄はそれだけで目を引く存在。そのぶん、モノトーンなど落ち着いたカラーで調整すると日常に馴染むコーデになります。小物もモノトーンで統一してシックに仕上げれば素敵な着こなしに。飾り過ぎないナチュラルなかごバックを合わせれば、大人かわいいコーデの完成!特に、ショルダータイプやポシェットタイプよりもショートハンドルのトートタイプがバランスよく決まります。

着用アイテム

ホワイトカラーをうまく活用して、チェック柄をとことん爽やかに

チェック柄のワンピースは、秋冬によく着る印象がありますが、白をベースとした柄であれば爽やかな雰囲気に。真っ白なパンツと合わせることで、さらに夏らしい着こなしへと仕上がります。さらにパンツの裾をロールアップし、足首をチラリと見せておくと、スッキリとしたシルエットが叶います。
足元にはスポーティーなサンダルを合わせて、甘くなりがちなチェック柄ワンピのコーデにちょっぴり辛さをプラス。色は、引き締めカラーであるブラックを選ぶとメリハリがつきます。カゴバッグは明るい色合いのコーデに自然と馴染むので、思い切ってサイズの大きいものをチョイスしてみるのも良さそうです。

着用アイテム

【丈の長さ別】ワンピースのグッドバランスコーデ

■ミニ丈のワンピースコーデ

ミニ丈ワンピ×細身パンツのスタイルアップコーデに挑戦

「ミニ丈のワンピースはもう着られない。」と諦めてしまう前に、ぜひ試して頂きたいのがパンツとのレイヤードコーデ。脚の露出が減り、安心して着られます。ボトムスに細身のパンツを選べば、下半身がスッキリとした印象に。お腹周りとお尻周りをカバーしつつ、脚長効果も発揮されるので、効率よくスタイルアップが狙えます。
ピンクやオレンジなど、暖色系のカラーをチョイスしても、ストライプ柄なら爽やかな雰囲気。明るいトーンのデニムを合わせて、とことん夏らしく仕上げてみましょう。つば広のハットをプラスすれば、日焼け対策も万全です。

着用アイテム

■膝丈のワンピース

膝丈のワンピースに惹かれるけれど、年齢的に一枚で着ていいものなの?と迷うなら、細身のパンツを合わせてみましょう。足首はロールアップしてすっきりとさせれば、軽快な雰囲気に。サンダルを合わせても良いですが、アンクルストラップ付きのエスパドリーユを合わせるとバランス良し。夏らしさも出しつつ、品のある大人コーデを演出してくれます。

着用アイテム

小柄さんもバランス良く着こなせる、膝丈ワンピのレイヤードコーデ

膝丈のワンピースは、ワイドパンツとのレイヤードコーデにも大活躍。丈が長すぎないので、小柄さんでもバランス良く着こなせます。階段を上り下りした時に裾を引きずる心配もなく、アクティブに動けるのも嬉しいポイント。
シャツワンピタイプを選んだなら、前を開けて着るスタイルがおすすめ。ベルトなどでウエストマークをしなくても、スッキリと好バランスに仕上がります。ワンピとボトムスはダークトーンで揃え、インナーにはホワイトをチョイス。コントラストがハッキリし、それぞれのカラーの良さが活きてきます。足元にイエローのシューズを添えて、程よくスパイスを効かせて。

着用アイテム

■膝下丈のワンピース

膝下丈のワンピースはバランスを取るのが難しい…という方や、パンツと合わせたレイヤードスタイルでないと着こなせない…という方もいるかもしれませんね。けれど、シンプルですっきりとした着こなしこそ映えるワンピースもあります。そんなワンピースには、潔く素足で勝負!バランスが気になるなら、ハイカットのスニーカーを合わせてみて。足首を隠すだけで全体のバランスが取れて、パンツが不要だということに気づきますよ。

着用アイテム

■ロング丈のワンピース

ゆるりとした女性らしさを引き出せるロング丈のワンピースは、もちろん夏コーデにも取り入れたいですね。けれど、身体を覆う面積が大きいので、涼し気な素材のワンピースを選ぶことが大切。そして、足元にはサンダルを選んで肌を少しでも見せる工夫をしてみましょう。つま先とかかと、足首の肌が見えるだけで夏らしい抜け感を出すことができます。少しヒールのあるサンダルを選べば、ロングワンピースの縦ラインと相まってスタイルアップも期待できますよ。

着用アイテム

◎あわせて読みたい特集記事

着こなしの幅がグッと広がる!「ロングワンピース」の色別コーデ集

【夏コーデ】“ずっしり”見えない!マキシワンピースを軽やかに着こなすには?

【春夏】楽ちんサマ見え叶う優秀アイテム!マキシワンピースコーデは大人の味方

ノースリーブワンピース×羽織でつくる夏コーデ

ノースリーブワンピースに羽織るなら、やっぱりカーディガンが使いやすくて優秀。清涼感のある夏用カーディガンを選べば、暑さを感じず二の腕を隠したり日焼け予防ができたりします。丈を選ぶなら、レギュラー丈やショート丈のカーディガンがベストバランス。袖を通さず肩掛けにしてもサマになるので、ノースリーブワンピースとカーディガンはセットで用意しておくと良いですよ。

着用アイテム


マネしたくなるおしゃれな着こなし方としておすすめなのは、ノースリーブワンピースにシャツワンピースを羽織るというコーデ。上級テクのように感じますが、難しく考えず挑戦してみてはいかがでしょうか。押さえるポイントはふたつだけ。ノースリーブワンピースよりも丈が少しだけ短いシャツワンピースを選ぶことと、襟元の形を揃えること。VネックのノースリーブワンピースならVネックのシャツワンピース、丸首ならどちらも丸首にというように。

夏らしくニットワンピースを着こなすには?

夏にニットと聞くと暑いのでは?と思うかもしれませんが、メッシュニットなら涼しさをキープできます。レイヤードは必須なのでこれ一枚で、というわけにはいきませんが、アクセサリーを楽しむように取り入れたいワンピースです。ワイドパンツのコーデに重ねて着れば、縦長シルエットが強調されてスタイルアップ。同系色でまとめて、色の濃淡を楽しむように合わせれば着こなしの難易度が下がります。

着用アイテム

ワンピースを着こなして、おしゃれに夏を乗り切ろう!

おしゃれに見えるだけでなく、着ていてもらくちんなワンピースは夏にももちろん大活躍!さまざまな着こなし方を身につけて、コーデのバリエーションを増やしたいものです。気になるコーデはありましたか?大人だからこそ似合うワンピースコーデにどんどん挑戦してみてくださいね。

あわせて読みたいコーデ特集

▼ナチュラルだけど女性らしく。リネンワンピースコーデ集

▼“甘さ控えめ”がいい。大人の「Aラインワンピース」夏コーデ

▼暑くてもらくちん♪Tシャツワンピースのお出かけコーデ

▼夏に着たい「シャツワンピース」。大人の着こなしコーデ集

▼【決定版】ワンピースになに合わせる?大人のレイヤードコーデ術

 

recommend こちらの記事もオススメです

topics おすすめの特集をご紹介!

Top