季節の変わり目は、乾燥による肌トラブルが気になる…

季節の変わり目になると、乾燥による肌の粉ふきやざらつきが気になり始めます。長時間マスクをつけていて、肌がこすれてかゆい、というマスクトラブルもあるかもしれません。そんな肌を優しくケアする、「香るワセリン」をご紹介します!

「香るワセリン」シリーズって?

フェリシモの「香るワセリン」シリーズは、保湿力に定評があるワセリンのシリーズ。特殊精製によって作られた、伸びよく、べたつきにくいワセリンに、精油で調香したアロマを配合。自然を感じるナチュラルアロマで優しい香りに癒される、コスメ感覚のワセリンシリーズです。

髪から足先まで全身保湿。ワセリンの活用法5選

顔からからだまで、全身保湿に使えるワセリン。ワセリンには、こんな活用法もあります。

①夏の紫外線による乾燥が気になる肌のお手入れに
紫外線を受けた肌は、乾燥しやすい状態に。肌がカサついているな…と感じたら、ワセリンで保湿をすることでしっとり肌に導きます。

②マスクトラブル対策に
マスクと肌が擦れることによって起こる肌のカサカサ。こまめにワセリンを塗って保湿ケアすることでお肌をしっかり守りましょう。

③季節の変わり目で起こる、肌の乾燥トラブル
乾燥による肌の粉ふきや、ガサガサが気になるかかとや指先のごわつきは特にワセリン保湿がおすすめです。

④スキンケアの仕上げに
顔から体まで、お風呂上がりなどのスキンケアの仕上げにワセリンをプラス。化粧水や乳液などで肌の状態を整えたら、最後にワセリンをひと塗り!肌から水分が逃げてしまうのを防いでくれます。

⑤髪・爪のケアに
顔や体だけではなく、髪や爪にもワセリンを活用してお手入れができます。毛先のパサつきが気になる箇所に馴染ませたり、ネイルオイル代わりにも。

いろいろ使えるワセリン、とっても便利!

ワセリン一つで、こんなにいろいろな活用法があります。 特に外出先ではこれひとつで全身の乾燥対策ができるので、コストパフォーマンスが良いのも嬉しいですね。

香るワセリンシリーズはどれもポーチに入れても邪魔にならないサイズで、気になった時にいつでも保湿ができます。ワセリンを活用できると、持ち歩く荷物も減らせそう。

いつも持ち歩いておきたい、フェリシモのおすすめ「香るワセリン」3つをご紹介します。

【秋の新作】季節の変わり目だからこそ、ミントが香るアロマワセリン

鼻やのどがすっきりしない季節の変わり目。そんな時にこそ使ってほしい、ミントとマジョラムの精油で調香したさわやかな香りのアロマワセリンを。メントールを配合することですっきり感をUP。

ミント
古くから食用として幅広い用途で親しまれているペパーミント。スッとした香りの中に程よい甘さを感じる爽やかな香りで、なんだかもやもやするなぁというときや、気分をすっきりさせたいときにぴったり。

マジョラム
”幸福のしるし”としてヨーロッパで長く愛されて続けてきたマジョラム。ほんのりあまく、少しウッディーなスパイシーさも兼ね備えたあたたかみのある優しい香り。心を落ち着かせたり、ゆったりしたい時に。

日中の普段使いももちろんですが、特におすすめなのはおやすみ前にお使いいただく使い方。鼻の下や乾燥しやすいあごまわりに塗布いただけば、就寝中に保湿ケアとすっきり感を両立していただけます。クール過ぎない絶妙なすっきり感で一年中手放せないワセリンに。

鼻が詰まって不快なときや、マスクを着用するときのリフレッシュなどにぴったりの香りです。

ミントの香りでリラックス メントール配合 ブリーズアロマワセリンの会

月1個 ¥980(+10% ¥1,078)

【一番人気】精油が香る全身保湿アロマワセリン

2015年の発売以来、大人気のロングセラー!ワセリンの保湿力はそのままに、べたつきにくい軽いテクスチャーが使いやすく、全身の保湿にとても便利です。

女性らしさのサポートアロマ

こちらのアロマワセリンは、乙女な香りも人気の理由。カモミールとゼラニウムのやさしい香りはシーンを問わず、楽しむことができる香り。ほっと一息つきたいリラックスタイムにもおすすめです。

カモミール
古代エジプトでは太陽の神への祈りをささげるときに使用され、女性をつかさどる香りとして親しまれたと言われています。ほっと気持ちがなごむような、ほのかで清楚なフローラルの香り。

ゼラニウム
ほのかにローズに似た香りを持つゼラニウム。古来より女性には欠かせない香りだと言われています。女性にとって心強いお守り気分ろして楽しめる、あたたかなフローラルの香り。

アロマワセリン、実際に使用した感想は?

アロマワセリンを実際にお使いいただいたお客様の声をご紹介します。
※使用感や効果には個人差があります。

アロマの香りがふんわり心地よくて、使うたびにリラックスできます。手のひらでのばして毛先になじませるとヘアクリーム代わりになるのもよかったです。これ1つで肌と髪の毛の乾燥対策はバッチリです♪外出に欠かせなくなりそうです。

あや さま

普段使いの邪魔にならない心地よい香り具合なのが気に入りました。なじみはとても良くてぎとぎとした感じはなかったので、いつでも使えます。爪にも塗ってみました。爪にツヤが出てきたように思います。

ぴかぷよ さま

本当にワセリンなの?と感じるくらい、すーっと肌になじんで後はさらり。ふだんワセリンを愛用していますが、アロマワセリンの使い勝手の良さには驚きました。マスクの内側にも少し塗ってみようと思いました。

くまこ さま

アロマワセリンを使い切ると、 お花畑で仲良く跳ねる2匹のうさぎでかわいい癒やしが。淡い色使いもハッピーな気分になれるので、普段から持ち歩くアクセサリーや小物入れとして活用できます。

精油が香る全身保湿アロマワセリンの会

月1個 ¥1,200(+10% ¥1,320)

うるおうごとに海の世界が広がる レモングラスが香る海のワセリン

「海と仲良くしながら、海をきれいにする」を目標に活動する「海とかもめ部」から、夏にぴったりなワセリンです。

しっかり保湿で秋冬のイメージがあるワセリンですが、紫外線や汗など、夏こそ手厚い保湿が必要。レモングラスの精油を配合することで、フレッシュですっきりした気分になる「夏のワセリン」ができました。

レモングラス
インドでは数千年前から人々に愛され「アーユルベーダ」でもよく使用されたといわれるレモングラス。レモンのようなさわやかさとハーブのフレッシュさを併せ持つその香りは、シャキッと気分転換したいときや、気持ちを落ち着かせたいときにおすすめ。

すっと香るさわやかなレモングラスの香りは、シャキッと気分転換をしたいときや、気持ちを落ち着けたい時におすすめ。緊張したときの、心を沈めるお守りにも◎ 。

容器は水中写真家、鍵井靖章さんの美しい海中写真をそのままレイアウト。蓋は浅い海の世界を、使い終わったら深い海の世界を再現して、海の世界を存分に味わっていただける仕掛けが。

小さな魚や海の穏やかな空気感に気持ちがゆったりと癒やされます。
「海をきれいに」の気持ちで、ワセリンを使い切ったら指輪やお薬などを入れる小物ケースなどにぜひ活用してみてくださいね。

海とかもめ部 うるおうごとに海の世界が広がる レモングラスが香る海のワセリンの会

月1個 ¥1,500(+10% ¥1,645)→うち50円は「海基金」として運用されます。

海とかもめ部
「海がもっと好きになる」海好きさんがワクワクする商品や、海好きによる連載が楽しめる部活動です。
ブランドサイト海とかもめ部

海基金で「海をきれいにする活動」

沖縄の美しい海を支える珊瑚礁を守るために、フェリシモは2010年に「海基金(旧沖縄サンゴ基金)」を開始。
サンゴ礁の再生に取り組むNPO主催によるサンゴの植え付けや、ビーチクリーン活動、海洋環境学習に活用されています。
海基金

「香るワセリン」で、リラックス&乾燥対策!

フェリシモおすすめの「香るワセリン」を3つご紹介しました。それぞれの商品は、毎月一回、同じもののお届けです。その時の気分に合わせて、香りを使い分けてみるのもいいですね!アロマの香りを楽しみながら、みずみずしいうるおいに包まれてください。

ITEM

CATEGORY

BRAND

SEARCH

PICK UP

  • 新作デジタルカタログ
  • カタログ無料プレゼント!