【冬の定番4大コート】大人女子の着こなしコーデ

冬コーデへのシフトを急ぐ時期がやってきました。冬の寒さをしのいでくれるコートにはさまざまな種類がありますが、定番といえばチェスターコート・トレンチコート・ダッフルコート・ダウンコートですね。それぞれに特徴や印象が違い、着こなし方もさまざま。大人女子が素敵に着こなすためのヒントを、コートの種類別に集めました。

1着は持っていたい!冬の4大定番コート

①チェスターコート

チェスターコートはテーラードジャケットをコートにしたようなデザイン。カチッとしたフォーマルなコーデや、シャツなどを合わせたきれいめコーデが得意です。
けれど、羽織るだけでカジュアルコーデも洗練されるので、30代40代の普段のコーデにも役立つアイテム。コートの数はできるだけ増やしたくない!着回せるものを!という方はおさえておきたいコートです。

②トレンチコート

軍用コートが発端のトレンチコートは、機能的なディテールが特徴です。ダブルボタンの打ち合わせ、防寒のためのウエストベルトや手首のベルトなどが基本のディテール。
トレンドに左右されずいつ着てもおしゃれに見えるので、自分に似合う色や形からお気に入りを見つけたいところ。ライナー付きなら冬でも着られますよ。

◎あわせて読みたいコーデ特集

▼【2020秋】カラー別で押さえる今季っぽいトレンチコートの大人な着こなし方とは?

▼【2020最新】大人上品なムードが魅了する きれいめトレンチコートおすすめコーデ

③ダッフルコート

 

ダッフルコートといえば、ボタンの代わりにつけられたトグルとフードが特徴的。ほどよくカジュアルで、色によってはきれいめに着こなすこともできます。
ロング丈は大人っぽく、ショート丈は大人かわいく、大人カジュアルを楽しみたい方ははずせないおすすめアイテムです。

④ダウンコート

ダウンやフェザーが入っているので軽いのに暖かく、真冬でも心強い味方となるのがダウンコート。ボリュームのあるコートなので、スマートに着こなす工夫が必要です。すっきりと見えるシルエットのものを選び、ボトムスとのバランスに気をつければ実用性も兼ね備えたおしゃれアイテムに。

◎あわせて読みたいコーデ特集

▼着ぶくれに要注意!ダウンジャケット・ダウンコートの大人女子コーデ

▼ダウンコートもちゃんとおしゃれに着こなそう!【カラー別】大人女子コーデ

チェスターコートを使ったコーデ

グレーのチェスターコートで女性らしさ感じるコーデ

カチッとはしているけれど女性らしさも感じられる大人っぽいコーデ。その理由はチェスターコートの生地が柔らかく、衿が小さめだから。
上品な光沢があるブラウスと黒のワイドパンツでクールなコーディネートですが、グレーのチェスターコートがアンニュイさを加えています。ダークカラーでまとめるだけでは地味コーデになってしまうので、ニュアンスグリーンのバッグで彩りをさりげなく差し込んで。

浮きすぎないけれど無難でもないブラウンコートで通勤

無難になりすぎず、ほどよくコーデが明るくなるブラウンのチェスターコートは、通勤にもぴったり。黒スーツの日だってコートを羽織れば、TPOは押さえつつおしゃれ見せも叶います。
女性らしいシルエットが出る肩落ちなので、見た目の良さはもちろんジャケットの上に着ても窮屈さを感じにくいのもうれしいところ。カラーパンプスが許されるなら、カーキやブラウンなど馴染ませながらも個性を出せる色を選んでは?

チェスターコート×テーパードパンツで簡単きれいめコーデ

少しあらたまった会への出席は、潔くモノトーンでまとめると素敵です。30代40代の体形悩みをカバーしてくれるテーパードパンツと、ジャケットのように羽織れるチェスターコートでピリッとお出かけしましょう。
パンプスも黒を選んで辛口に引き締めますが、バッグの差し色は思い切りよく鮮やかな色を選ぶと都会的な雰囲気に。大ぶりピアスで顔周りに輝きをプラスして、きちんと感もしっかり演出します。

大人のナチュラルコーデはオフベージュのコートでおだやかにまとめて

チェスターコートのかっちり感をほどよく押さえつつ、きちんと感は適度に薫るダブルのチェスターコートをワンピースの上に。
ゆったりシルエットのワンピースは深みのある赤が魅力的です。ブラウンの靴とブラウンのベレー帽を合わせた大人ナチュラルコーデは、大人かわいいが満ちる組み合わせ。このナチュラル感を大事にしたいので、身幅に余裕のあるオフベージュのチェスターコートでおだやかにまとめるのが正解です。

モノトーンコーデにグレーのチェスターコートで大人シック

普段使いも通勤使いも、コーデやシーンを選ばず使いやすいのがグレーのチェスターコートです。着丈は長すぎない膝丈がベスト。トレンドにも左右されないのでお気に入りを長く着ることもできます。
黒×グレーで作るモノトーンはシックに仕上がるのでガーリーなスカートコーデも大人っぽく着地。バッグとパンプスは黒で揃えて差し色なしのコーデですが、首周りに飾りのあるデザイントップスや、アクセサリーで輝きをプラスすれば地味見えは回避できます。

定番ナチュラルコーデをチェスターコートでアップデート

ナチュラル派さんが大好きなベーシックカラーのコーデは、トレンドカラーを取り入れないぶん、アイテムのシルエットでトレンドを押さえることが大切です。
ワイドパンツ×ゆったりトップスのナチュラルコーデは定番の組み合わせですが、チェスターコートのシルエットが今っぽく見せてくれています。ドロップショルダー&ゆったりシルエット、そして細長いラペル(胸元の三角部分)が女性らしい雰囲気を高め、今っぽさに包まれます。

トレンチコートを使ったコーデ

ベーシックなベージュトレンチコートでパリジェンヌに

オーソドックスなシルエットのベージュのトレンチコートは、カジュアルコーデもお仕事コーデも得意。さっと羽織ればあか抜けた印象になり、膝丈だからどんなコーデにもマッチします。
ホワイトパンツから赤い靴下をちらりと見せて、ボーダートップスとトレンチコートを合わせれば、ベーシックなのにおしゃれなフレンチカジュアルの完成です。ベレー帽でエッセンスを加えたらよりパリジェンヌ風に。

シックで大人っぽいドレストレンチコートで作る美人コーデ

ガウンコートのようなリュクスさも薫るトレンチコートは、定番トレンチコートとはまた違った着こなしを楽しめます。シックで大人っぽいカーキの色合いが上品で、羽織るだけで美人な雰囲気に。
シンプルなコーデに映えるトレンチコートですが、地味見え回避にはマフラーやストールで色を足すのがポイントです。顔周りが明るくなるカラーを選んで、華やかさを足してみましょう。

長め丈がスタイリッシュ!ブラックトレンチコートで作る通勤コーデ

正面はすっきりしているけれど、後身頃にギャザーが入ったトレンチコートはスカートコーデにもぴったり。
黒のコートは重たく見えがちですが、はり感のある素材なら立体的になるので重見えを回避できます。ミドル丈のブラウンスカートに白のニットを合わせて抜け感を。タイツとブーティーは黒でまとめて色数を増やさないよう気をつけると、視覚効果でスタイルよく見せることができます。

明るめブラウン×オーバーサイズで洗練ミリタリーに

オーバーサイズのトレンチコートだと雰囲気がガラッと変わり、カジュアル感の強いコーデになります。マキシ丈なのもポイント。
明るめブラウンが今っぽさを醸すので、いつものコーデに羽織るだけでコーデがアップデートされます。カットオフデニムとくたっとした大きめバッグで、古着コーデのように楽しんで。足元は黒のショートブーツやハイカットスニーカーなどで少しボリュームをもたせると好バランスに決まります。

マニッシュだけれど柔らか。黒トレンチコートで作る大人コーデ

白やライトグレーで統一したコーデはコートも同色で仕上げると素敵だけれど、黒のトレンチコートで引き締めるとぐっと大人顔に。
はりのあるツイル生地で作られ、少しカチッとしたディテールのトレンチコートはマニッシュな印象です。メンズライクなコーデしか合わない?と構えてしまうかもしれませんが、パンツスタイルでも柔らかな色を意識すると女性らしく着こなせます。服の色だけでなくバッグの素材でカチッと感を引き算しても◎。

テントラインのトレンチコートで力まず決まるこなれコーデ

デニム×黒トップスという定番コーデも、ビッグシルエットのトレンチコートを羽織るとラフなのにかっこよくクラスアップされます。すそに向かって大きく広がるテントラインが今っぽく、そしてこなれて見えるポイントです。
力まず、けれど一目置かれるコーデにするには小物使いにも工夫を。大きめのがま口バッグを添え、ショートやボブでもアレンジできるスカーフを取り入れておしゃれ感を一気に加速させましょう。

ショート丈トレンチコートでお堅さゼロの上品通勤コーデ

ショート丈のトレンチコートは、ジャケットのように気軽に羽織れるのが魅力。コーデ全体のボリュームや丈感など、バランスを考えなくてもスタイルよく着こなせるのもうれしいところです。
黒のワイドパンツに白のレーストップスを合わせたベーシックなコーデも、ショート丈のトレンチコーデで無難さを払拭。キラリと輝くピアスや揺れるピアスで控えめにも女っぽさを追加したら、お堅くなりがちな通勤コーデがマイルドであか抜けたコーデに。

ダッフルコートを使ったコーデ

アイボリーのダッフルコートで瞬時にあか抜け

瞬時にあか抜けを狙うならアイボリーがおすすめ。‟ちょっとそこまで”のワンマイルコーデも、アイボリーのダッフルコート一枚でランクアップされます。
冬になると可愛さが増す赤小物との相性も抜群!マフラーやバッグ、靴などで赤小物を取り入れて、冬コーデを存分に楽しみましょう。ダッフルコートは大きなポケットが特徴ですが、斜めに切り込まれたスラッシュポケットならカジュアル感が軽減されるので通勤コーデにも活躍します。

ショート丈ダッフルコート×ニットワンピースで大人可愛いコーデ

グレーのニットワンピース×黒のショートブーツで作る冬の大人可愛いコーデ。白のモヘアバッグをプラスして、単調にならないよう工夫をします。
ウール混素材のダッフルコートならショート丈でも暖かく、ボトムスを選ばないのでニットワンピースもすっきりと着こなせます。ハイネックのニットワンピースなのでコートのフロントは開けてラフに着こなしてもOK。

赤いショート丈ダッフルコートで脱マンネリカジュアル

赤のショート丈ダッフルコートは冬コーデに華やぎをもたらしてくれます。ダッフルコートのほどよいカジュアル感が、赤いコートの強いインパクトをオフ。
ロングスカートとボーダートップスのベーシックコーデに物足りなさを感じたら、赤いダッフルコートでぱりっと引き締めて。ショート丈コートはスタイルアップ効果があるけれど、より脚長を狙うなら太ヒールのブーツを合わせるのが正解です。

黄色いダッフルコートが目を引く冬のナチュラルコーデ

ぱっと目を引く黄色のダッフルコート。トグルがナチュラルな色合いでまとまっているので、目はひくけれどエッジが効き過ぎていないのがポイントです。
ミドル丈のスカートはコートとのバランスを取るのが難しそうですが、難しく考えすぎず膝上丈のコートでOK。トグルが上寄りに付いていること、足元もレースアップブーツでボリュームを出していること、この2点がベストバランスを作るカギになっていますね。

カーキのダッフルコートをゆるりと羽織るヘルシーコーデ

ゆるりとした大人の余裕を感じるきれいめカジュアルコーデです。ダークなカーキをベースに、トグルやループはブラックでまとめた大人配色が魅力。大人の余裕を感じるこなれ感は、肩を落としたシルエットだから為せる技。
デニムコーデに気軽に羽織ってヘルシーにまとめましょう。けれどパンプスとミニバッグで大人アイテムの投入も忘れずに。

赤いショート丈ダッフルコート×チェック柄パンツのトラッドコーデ

ダッフルコートが作る上品さは、大人のきれいめカジュアルにぴったり。グレンチェックのワイドパンツが作るクラシカルな雰囲気も、ダッフルコートなら見事にマッチしてトラッド感高まる着こなしに。
グレンチェックのパンツは無地パンツの延長ではけるのでチェック柄パンツ初心者さんにもおすすめ。足元は黒のブーツよりも赤みがかったブラウンの方がよりコーデに馴染ます。

ダウンコートを使ったコーデ

ネイビーのダウンコートが魅せる冬のマリンスタイル

暖かさが自慢のダウンコートも、さらにロング丈なら無敵!スポーツ観戦も屋外レジャーも、防寒対策ばっちりのロングダウンコートがあれば思う存分楽しめます。実用的でありながら、おしゃれさも忘れたくないならモコモコ感をきれいにセーブしているデザインを選んで。
白でまとめた冬のマリンスタイルも、上品カラーの代表であるネイビーのダウンコートを羽織れば寒々しくならず、白コーデの魅力を最大限に発揮してくれます。

裏ステッチのダウンコートでこっそり暖かく見た目はすっきり

ダウンコートの特徴であるステッチが内側にある仕様なので、ひと目ではダウンコートだと分からないデザイン。流れるようなAラインのシルエットがエレガントで、いつものコーデをよりスタイリッシュに仕上げてくれます。
黒のスキニーパンツとハイネックで作るシンプルコーデに、ベージュのダウンコートを羽織ったら、アニマル柄バッグでアクセントを。飾り気の少ないすっきりとしたコートには、バッグでアクセントを効かせるとリズムが生まれます。

ネイビーのダウンコートで知的に上品に

カジュアル感のあるダウンコートも、ネイビーをチョイスすれば知的な雰囲気に仕上がります。ネイビーが本領を発揮できる通勤コーデはもちろん、お出かけコーデにも活躍。
ニットもパンツもベージュで統一したコーデはやわらかな雰囲気ですが、ネイビーのダウンコートを羽織れば凛とした雰囲気に一変します。ダウンコートを羽織ってもやわらかさを残したいときは、首元からベージュがのぞくハイネックニットを選んで。

ニュアンスカラーを際立たせるくすみレッドのダウンコートコーデ

こちらも内側にステッチがあるダウンコート。さらに、ダウンのボリューム感が苦手な人でも着やすい、少なめのダウン量がポイントです。フードもないので首元もすっきり。ハイネックやマフラーで首元のおしゃれを楽しむこともできます。
ボアのトレーナー×ワイドシルエットのコール天パンツは、ニュアンスカラーを組み合わせて彩度を統一。くすんだ赤のダウンコートがニュアンスコーデをより際立たせています。

フェミニンコーデをベージュダウンコートで暖かく

大人フェミニンな花柄スカートのコーデには、女性らしいベージュのロングダウンコートでよりフェミニンに。
せっかくのやわらかな雰囲気を壊さないよう、黒小物を使うのは禁止。くすみホワイトのショートブーツでトップスとリンクさせ、スカートの花柄から色を拾ったブルーのバッグでこちらもリンク。統一感が生まれるので淡い色でまとめていてもぼやけた印象を避けられます。

アニマル柄プリーツスカートで都会的なフェミニンスタイル

ショート丈のダウンコートはボリュームがあってもバランスを取りやすく、スタイリッシュに着こなすことができます。
アニマル柄のプリーツスカートは目を引く存在。スカートを主役に、他アイテムはシンプルにまとめて大人ならではのスタイルを楽しみましょう。スカートの雰囲気に合わせてトップスはVネックを選び、大ぶりピアスでハードな印象をプラスするのもポイントです。

定番コートがあれば冬のコーデはらくちん♪

定番アイテムは着るだけでおしゃれに見えたり着心地が良かったりと、いつものコーデに欠かせないそれなりの理由がありますよね。
冬のおしゃれを楽しむなら、まずは定番コートからチェックしてみましょう。

recommend こちらの記事もオススメです

Top