着ぶくれ大丈夫?ダウンジャケット・ダウンコートの大人女子コーデ

秋冬コーデには欠かせないダウンジャケットやダウンコート。羽織るだけで暖かいダウンですが、着ぶくれが心配でコーデから外してしまうことはないでしょうか?自分の体形にマッチしたサイズを選んで素敵に着こなしたいですね。ここでは、アイテムに合わせたダウンジャケット・コートのコーディネートを紹介。スマートにダウンを着こなしてお出かけしましょう。

ダウンジャケット・ダウンコートを着るときに気をつけたいこと

①インナーを着こみ過ぎない

ダウンコーデの鍵になるのが、特有のボリューム感です。基本的にインナーはシンプルなカットソーやシャツがおすすめです。寒いから、と厚手のニットやモコモコしたセーターを合わせてしまうと、着ぶくれしてしまいスマートではなくなります。ニットを合わせるなら、ハイゲージニットでちょうどいい厚み。重ね着は避け、インナーはすっきりさせるのが吉。

②ボトムスとのメリハリを意識

ダウンジャケットは上半身にボリューム感があるので、ボトムスはすっきりさせるVラインシルエット(Yライン)でこなれた着こなしに。スカートはロング丈で、全体のバランスを取りましょう。ダウンコートは品があり女性らしいコーデにもぴったり。ダウンの前を閉めるか開けて着るかで印象が変化するので、コーデをイメージしながらインナーとボトムスを選びましょう。

ロングorショート?丈の長さはスタイルで選ぼう

ショートはカジュアル派さんにおすすめ


あたたかさとフェミニンスタイルを同時に叶えてくれるのがショートダウンです。パンツ、スカートどちらとも相性が良く、どんなスタイルもやさしく見せてくれます。大人っぽく着こなすなら、腰あたりまであるハーフ丈を選びましょう。短すぎるデザインは、カジュアル感が強すぎるためにスタイリングが限られます。ヒップが半分隠れるくらいの丈なら、カジュアル過ぎず大人のコーディネートを楽しめます。

ロングはきれいめな着こなしも得意


機能性とデザイン性を同時に求めるならロングダウン。通勤はもちろんですが、休日のリラックスコーデにも活躍します。衿にファーがあしらわれていたり、切り替えなどでウールコートのような美しいデザインに見せたりと表現力豊かなデザインが多いのも特長です。

エレガントな着こなしをするのであれば、ダウンのボリュームは控えめのシルエットを選びましょう。ベージュやライトグレーなどやさしい色を選ぶと女性らしさがアップし、黒や紺などのダークカラーはビジネスシーンにぴったりのアーバンスタイルに。

ボトムス別ダウンジャケットコーデ集

ダウンジャケット×パンツ

ボリュームショートダウンはワイドパンツで脚長効果を狙おう!


どんなボトムスにも合わせやすいショート丈のダウンですが、コーデがマンネリ化してしまうことはありませんか?
独特のフェミニンさとエレガントさを演出するグログラン素材のダウンは、洗練された印象を与えるので大人カジュアルにぴったり。ワイドなデニムもこの通り、シャープな着こなしを楽しめます。ショートブーツを合わせれば大人っぽくなりますが、白のスニーカーで抜け感を楽しむスタイリングを。

着用アイテム

ダウンジャケット×デニムの王道カジュアルコーデ


新しい生活様式に伴い、通勤を自転車にする方も増えてきました。そんなときに使えるのがショート丈のダウンです。ドローコードど大きなフードがあれば、冷たい風もへっちゃら!でも、おしゃれは忘れたくないなら、ライトカラーを選びましょう。
定番のふんわりしたダウンもやさしいベージュカラーで抜け感たっぷりのコーデに仕上がります。バランスよくボトムスはスキニーで着ぶくれを感じさせません。

着用アイテム

ダウンジャケット×スカート

定番黒ダウンはマスタードカラーのロングスカートできれい見せ


ダウンといえば人気の定番ショートダウン。ダウンのボリュームの差はあれど、アスレジャーな雰囲気もあるのでカジュアルコーデには欠かせません。黒のショートダウンは、ドロップショルダーで身幅をゆったりさせたデザイン。フェミニンな雰囲気をまとうので、スカートで甘めのカジュアルコーデに決めましょう。
インナーにはチェックシャツ、マスタードのボリュームスカートで目線を下に引きつけます。さりげなく合わせたグレーのハットでこなれ感も◎。

着用アイテム

ミディアム丈のダウンジャケットにはひざ下スカート×ソックスで大人女子っぽく


フードに配したフェイクファーが見た目にもあたたかなミドル丈ダウン。ウエストラインがシェイプされたAラインのシルエットは、きちんと感のあるチェックタイトスカートを合わせて。ダークカラーが多くなる冬に映えるライトベージュのダウンコート。トラッドテイストのスカートにはシンプルに黒のニットを合わせて、着ぶくれを感じさせない秋冬コーデです。

着用アイテム

ダウンジャケット×ワンピース

個性派シルエットのダウンでひと味違うワンピースコーデ


コーデの主役になるダウンは個性的なデザインのカーキカラー。真四角のようなデザインがきれいなショート丈で、ボリュームのあるボトムスとの相性も抜群です。

今回はカーキを華やかに見せるからし色のワンピースをインナーに合わせています。すとんとしたシルエットに、ショート丈のダウンがほどよくボリューム感をプラス。ダウンらしくないデザインは、モコモコしたダウンが苦手な方にもおすすめです。

着用アイテム

◎あわせて読みたいコーデ特集

▼大人女子のダウンジャケットコーデ。おしゃれな着こなし20選

ボトムス別ダウンコートコーデ集

ダウンコート×パンツ

モノトーンコーデを赤いダウンコートで華やかに


モコモコしたダウンが好きな人、着ぶくれするからウールコート派な方も注目の極薄ダウン。スマートなデザインで見た目にはダウンに見えませんが、しっかりダウンが入っているので暖かです。

見た目にはすっきりとした普通のコートに見えるので、コーデもしやすく相性のよいデニムを引き立てます。真っ赤なダウンコートのインナーはシンプルに。白い小物を差してコートが重く見えないようにバランスをとって。

着用アイテム

黒いダウンコートはモノトーンでまとめるのが正解

ダウンの魅力でもあるフワフワ感を残しながら、着ぶくれしないようにゆったりしたアームホールでバランスのとれた黒のダウンコート。

衿のボア部分もダウンでふっくらしているのでバランスもよし!黒のパンツに白黒ストライプのチュニックでモノトーンコーデにしています。足もとは白でまとめ、シルバーのラフなバックで‟こじゃれた”コーディネートの完成です。

着用アイテム

ダウンコート×スカート

きれいめダウンはグレートーンコーデでノーブルに


シンプルなブラックのダウンコートはメルトン素材で切り替えが入り上半身のボリュームが控えめ。ボリュームのあるグレーのプリーツスカートを合わせてスタイリッシュに着こなしましょう。
全体的なトーンを抑えることで、ボリュームのあるダウンをエレガントに見せます。ロングダウンのフードは重く見えがちですが、素材を切り替えるとこんなに軽やか。リングが光るバックがコーデを引き締めてくれます。

着用アイテム

ニュアンスカラーでまとめたフェミニンコーデ


大人っぽい印象を与えるミルキーカラーのダウンコートに、ピンクベージュのプリーツスカートで女性らしさを感じるコーディネートです。ファーバックを合わせることで、かわいらしい雰囲気に。淡いカラーは着ぶくれが目立ちやすいのですが、シームレスデザインがボリュームを押さえるので安心です。
インナーにはコートになじみやすい白を、ベージュブーツでトーンをまとめたらこなれ感たっぷりに。

着用アイテム

ダウンコート×ワンピース

ベージュのダウンコートはナチュラルからきれいめまで好相性!


ダウンが好きな人、着ぶくれするからウールコート派な方も注目の極薄ダウン。スマートなデザインで見た目にはダウンに見えませんが、しっかりダウンが入っているので暖かな一着です。
カーディガン感覚で着用できるダウンは、ちょっとしたお出かけにもデートにも着回しやすそう。真っ赤なベレーと茶色のバックがコートになじんで、こなれ感もアップします。

着用アイテム

◎あわせて読みたいコーデ特集

▼大人女子のダウンコートコーデ。おしゃれな着こなし20選

ダウンジャケット・ダウンコートを着こなして、おしゃれも防寒も叶えよう

ダウンを着るときのインナーを決めてしまうと、コーデの幅が狭くなってしまいます。シンプルなコーデを心がけ、トレンドアイテムを1点だけコーデに取り入れるなどすれば新鮮な印象に。小物使いはおしゃれに見えるかどうかの分岐点にもなるので、デザインは控えめの色勝負。着ぶくれしないためにも斜め掛けバッグはコートにイン、カジュアルならトートで軽やかに。秋冬のダウンコーデを楽しみましょう。

 

こちらの記事もおすすめ♪

▼【決定版】大人女子の冬コーデ。おさえるべきアイテムもチェック♪

recommend こちらの記事もオススメです

topics おすすめの特集をご紹介!

Top