スタンプワークのやり方~立体刺繍でお花を作りましょう~

2020年5月27日(水曜日)

スタンプワーク ポインセチアのブローチ

立体刺繍と聞くと、むずかしく思えますが、今回ご紹介する技法は一般的な刺繍とステッチは同じなので、気軽にチャレンジしてみてください。

スタンプワークとは?

イギリス発祥の立体刺繍のことです。今回は、ワイヤーを縫いとめた布に刺繍をして輪郭をカットし、パーツを立体的に仕上げる手法をご紹介します。ワイヤーを入れることで、モチーフを変形でき、まるで本物のお花のような作品が作れますよ。

必要な道具

スタンプワークの主な材料と道具です。

・刺繍針(2本どり用)

・ハサミ

・印つけ用のペン

・ニッパー

・葉っぱ1枚分の材料

・布(白/麻100%など粗めのもの/5×5cm)

・刺繍糸(お好みの色/6本どり150cm)

・ワイヤー(白/♯30 太さ約0.3mm/25cm)

スタンプワークのやり方

今回は「スタンプワーク」と呼ばれる立体刺繍の技法の一つをご紹介します。 ※わかりやすくするために糸の色を変えて説明しています。

スタンプワーク 葉っぱを一枚作ってみましょう 手順①

布に図案を写します。

図案の外側に沿わせたワイヤーを布に縫い留めます。

スタンプワーク 葉っぱを一枚作ってみましょう 手順③

ワイヤーをくるみながらAの部分にボタンホールステッチをします。

スタンプワーク 葉っぱを一枚作ってみましょう 手順④

Bの部分にロング&ショートステッチをします。

スタンプワーク 葉っぱを一枚作ってみましょう 手順⑤

中心にアウトラインステッチをします。

スタンプワーク 葉っぱを一枚作ってみましょう 手順⑥

刺繍のふちをカットします。※刺繍糸をカットしないように気をつけましょう。

ブローチにアレンジしてみました!

ポインセチアのブローチ

色とサイズを変えて、何枚も葉っぱを作り、ポインセチアのブローチにアレンジしてみました♪

【PDF】ポインセチアのブローチの実物大図案はこちら

【PDF】ポインセチアのブローチの作り方①はこちら

【PDF】ポインセチアのブローチの作り方②はこちら

スタンプワークをマスターして、刺繍をもっと自由に

スタンプワークを作品に取り入れれば、立体的で本物そっくりなお花やモチーフを作ることができますよ♪ ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

クチュリエブログでは、さまざまな手づくりのコツやたくさんのお役立ち情報を掲載しています。手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!

▽刺繍記事の一覧はこちらから

▽刺繍キットの商品一覧はこちらから

▽クチュリエショップはこちら

クチュリエ  Instagram バナー

本記事で紹介した商品はこちら

多彩な花を咲かせて立体的な刺しゅうを楽しむ スタンプワークの会

多彩な花を咲かせて立体的な刺しゅうを楽しむ スタンプワークの会

イギリスに伝わる立体刺しゅう「スタンプワーク」。 麻布にワイヤーを縫い付け、1枚1枚花びらを刺しゅうして組み立てる、刺しゅうとワイヤーワークを合わせたような技法が新鮮です。 図鑑から飛び出したような緻密な作風が魅力の鈴木 美江子さんのデザインを、6種類のお花のブローチに仕立てます。たくさん作って花束やリースなどアレンジを楽しんで。

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。