MOEの真珠愛が詰まった、特別なパールリング

こんにちは、日本職人プロジェクトのリーダー山猫です。

日本のモノづくりを通して、たくさんの素敵な物語を伝えるために続けてきた「日本職人プロジェクト」。誰かの「好き」「欲しい」をカタチにした、ここにしかないプロダクトを生み出しています。

次の春シーズンに向けたテーマは、「寄り添う-cuddle」。いろいろな人に会って、話して、それぞれの物語に寄り添って、モノづくりをしました。

その中からぜひ、春からの新しい生活を彩る、少しわくわくするもの選びを楽しんでください。
今回ピックアップするのは、FelissimoプランナーMOEの真珠愛が詰まったパールリング。そして、お買い上げプレゼントとしてお届けするイオクサツキさんのイラストプリント入りケアクロスもご紹介します!

真珠は、女性を美しく見せるパワーストーン

こんにちは、プランナーMOEです。
私は宝石の中でも特に真珠が好きで、自分にとってはパワーストーンのような存在。カジュアルな服装でも、真珠さえつければ、たちまち女性らしさが引き立ちます。

でも実は、もともと真珠が好きだったわけではないんです。むしろ、フォーマルな印象が強すぎて、敬遠していたくらい。でもある時、母に借りた真珠のネックレスを着けたら、しっとりと肌になじむ上品なつやに魅了されてしまいました。それ以来、私はすっかり真珠のとりこに。特にアコヤパールの輝きは別格で、古くから世界中の女性たちに愛されたのも納得です。

そんな私が、少し前から注目していたのがパールリング。憧れている人たちがいろいろなパールリングを持っていたこともあり、「パールの本物の輝きを身に着けられるリングが欲しい」と思うようになりました。

そこでお声をかけたのが、フェリシモと同じ神戸にある老舗の真珠メーカー。日本職人プロジェクトリーダーの山猫が10年以上お付き合いしているメーカーさんで、これまでもイヤカフやネックレスなどを一緒に企画してきました。ここならきっと、私の理想をカタチにしてくれるに違いない!そう確信して、今回もお願いすることにしました。

真珠メーカーの大ベテランGAKOさんと打ち合わせ。いつも「いい真珠、用意しますよ!」と言ってくれる、頼もしい存在です。

本物のパールリングを、普段使いで楽しみたい

今回私が作りたいと思ったのは、「真珠の上品な輝きを、等身大で身に着けられるリング」。パールリングはデザインのバリエーションが意外と少なくフォーマルなものが主流だったので、気負わずふだん使いできるリングを目指しました。

アンティークのリングなども参考にしながら、真珠メーカーさんと何度も打ち合わせを重ね、小さな5粒の真珠が王冠のように並んだリングが完成。その形から、「クローヌ(王冠)」リングと名付けました。

5粒のかわいい真珠を王冠のようにセッティング。小ぶりながら存在感のあるデザインに。

こだわりは、5つの真珠をリングの地金に埋め込んでいるところ。リングの上にセッティングすると指から浮いてしまって悪目立ちするのですが、埋め込むことで指のカーブに自然になじんで目立ちすぎず、ふだん使いしやすいデザインになっています。

目立ちすぎず、華奢すぎないので大人の女性の指先を上品に演出してくれます。私も年齢を重ねるにつれて昔から持っていたラインの細い華奢な指輪が似合わなくなってきたのですが、このデザインなら、すんなり指になじんでくれました。

地金を凹ませて真珠をセットする手の込んだつくり。指のカーブに自然に寄り添うから、浮かずに自然なつけ心地。

リングの主役である真珠は、美しい輝きに定評のある天然のアコヤパールを使用しています。指に美しく並ぶ5粒のアコヤパール、実はこのサイズは流通量があまりなく取り扱いが少ないため、粒の大きさや色調がそろったものをたくさん調達するのは難しいそうです。でもそこはさすが真珠の老舗、小ぶりでも照りの美しい、良質のアコヤパールを用意してくださいました。愛らしい小粒でも、アコヤパールの輝きは本物です。

まろやかな光沢が美しいアコヤパール。一粒一粒が上質だから、小さくても華やかな存在感があります。

主張しすぎないデザインだから、どの指につけても違和感がなく、他のリングとの重ね着けもいい感じにまとまります。ゴールドともシルバーとも相性が良いので、お手持ちのリングとのコーディネートを楽しんで。

華奢なゴールドのリングと合わせて大人っぽく。着ける指によっても印象が変わるから、いろいろ試してみてください。

指輪はサイズ選びが悩ましいのですが、これはS・M・Lの3サイズ展開に加えて、リングがオープンになっているのでサイズの微調整が可能です。私は指の関節が太く、それに合わせてサイズを選ぶとゆるゆるになりがちですが、これならジャストフィット。リングの地金はシルバー925にロジウムメッキを施し、大人っぽい雰囲気に仕上げました。

サイズの融通が効くのもポイント!人差し指や中指に着ければカジュアルに、薬指や小指なら上品な印象に。

ネイルカラーや指輪など指先のおしゃれは女性にとって「自分のため」にテンションを上げる魔法のようなもの。ネイルをしていない地味な指の私でも、この指輪ひとつ着ければ、仕事でのPC作業中など指先がふと目に入るだけで美人になれた気がして気持ちが上がります(笑)

アコヤパールの自然なつやは、本当にため息が出るほどの美しさ。肌にしっとりとなじんで、指先を上品に見せてくれます。本物の真珠の輝きを日常の暮らしの中で、気負わず楽しんでいただけたらうれしいです。

どんなシーンにもさりげなく溶け込むリング。それなのに遠目からみても存在感があり、指先が華やかな印象に。本物の真珠の輝きを、いつも身近に。

長く大切に使ってほしいから、ケアクロスをプレゼント

最後にご紹介するのは、イオクサツキさんのイラスト図案をプリントしたケアクロス。これは、早期お買い上げ特典としてご用意しています。

イオクサツキさんは、雑誌や書籍の挿画など幅広く活躍されているイラストレーターさん。版画技法を用いた作品も多く発表されていて、イクオさんの図案を型押ししたアイテムも日本職人プロジェクトの人気シリーズです。

日本職人プロジェクトメンバーでお買い上げの特典を考えていたときに、「物語のあるアイテムだから、物語が続くようなプレゼントがいいのでは……」という意見が出で、今回はケアクロスをお届けすることになりました。長く大切に使ってほしいものばかりだから、ケアクロスはこのプロジェクトのプレゼントにぴったり。お気に入りのアイテムをお手入れして使うことで、物語が先へ先へと続いていきますように。そんな願いを込めました。

大切にお手入れすることで、愛着もさらに深まります。

お手入れの時間も楽しくなるように、淡いピンクの生地に、イオクサツキさんが描く鳥のイラスト図柄をプリント。素材はポリエステルとナイロンの極小繊維で、貴金属やレザーの表面を優しくふき取ってお手入れできます。お気に入りのアイテムを慈しみながらお手入れする時間は、あわただしい毎日のちょっとした息抜きにもなりそうです。

華やかな総柄プリント。お手持ちのメガネやスマートフォンにも使えます。

「寄り添う-cuddle」をテーマにした、次の春シーズンに向けたアイテムのご紹介は今回が最終回。どんな春にしようか、春からどんな物語を始めようか、ワクワクしながら読んでいただけていたらうれしいです。最後までお付き合いありがとうございました!

神戸の老舗真珠メーカーと作った パールクローヌリング〈シルバー925〉

¥30,250(税込み)

「日本職人プロジェクト」について

 未来に残すべきモノづくりを応援する取り組み「日本職人プロジェクト(Japan craftsman project)」は、2004年から企画を開始し、2005年発売の「お父さんのお下がりみたいなダレス鞄」から始まり、以降いろいろな人との縁をつなぎながら、今では財布・靴・時計・帽子のオリジナルアイテムづくりまでフィールドを広げてきました。

 私が日本製品を応援したくなったきっかけは、2000年代初頭の日本のモノづくりの現状に疑問を抱いたこと。日本で商品プランを立てたうえで人件費の安いアジア諸国で製造するというスタイルが増え続けていくことへ強い違和感を覚えました。効率重視の産業構造により、日本のモノづくりを担う職人たちの技術が少しずつ衰退していく様子を、黙って見ていてよいのだろうか?

 疑問が日に日に大きくなっていたときに、国内の鞄工房を訪れる機会がありました。そこで出会った職人たちに自分の思いを語り、理想の鞄づくり相談して、まずはひとつ、日本製ならではのオリジナル鞄を製作できることに。そうして、どうにか完成した「お父さんのお下がりみたいなダレス鞄」を第1号として、2004年から始まった日本職人プロジェクト。たくさんの人の思いやこだわりを、職人さんの技術で形にして世の中に送り出しています。

プロジェクトリーダー 山猫

日本職人プロジェクト

日本のものづくり応援プロジェクト。日本の職人がつくる鞄、財布、靴、アクセサリーなどをご案内しています。

ブランドサイトはこちら

ITEM

CATEGORY

BRAND

SEARCH

PICK UP

  • 新作デジタルカタログ
  • カタログ無料プレゼント!