かぎ針編みの基本|こま編みの編み方

2019年11月11日(月曜日)

こま編み 中心

こま編みは、かぎ針編みの基本の編み方です。今一度、正しい編み方、編み地をおさらいしながら、間違いやすいポイントもご紹介します。間違った編み方をしていても形にはなりますが、よりきれいな作品を作るために、ぜひ正しい編み方をマスターしてくださいね。

こま編みの編み方

こま編み 編み方 手順①

前段の目をすくい(糸2本)、矢印にように針を動かして糸をかけます。針に糸がかかった状態です。糸のかがり方を確認してくださいね。

こま編み 編み方 手順②

そのまま手前に針を動かして糸を引き出します。

こま編み 編み方 手順③

もう一度図のように針を動かして糸をかけて、一度に引き抜きます。

こま編みの編み方 手順④

こま編みが一目編めました。

※目の頭と呼ばれる部分がくさり編みのように、足と呼ばれる部分がV字になっていれば正しく編めています。

正しい編み地を確認してみよう

◇中心から編む

こま編みの編み方 正しい編み地を確認してみよう 中心から編む

ぐるっと編むと、ぎゅっと編み目が詰まった印象に。

◇輪編み(同じ方向に進む)

こま編みの編み方 正しい編み地を確認してみよう 輪編み(同じ方向に進む)

ひたすら同じ方向に編んだ場合の編み目です。

◇平編み(表面と裏面交互に編む)

表面と裏面を交互に編むことで、編み地の印象が変わります。

間違いやすい編み方

こま編みの間違いやすいポイントを解説します。

◇その1 糸のかけ方が違う

こま編みの編み方 間違いやすい編み方 糸のかけ方が違う その1

①のとき写真のように左にかけている糸が針の手前になったまま引き出してしまうと、V字の左側が目立ったような編み地になります。

◇その2 針を入れる位置が違う

こま編みの編み方 間違いやすい編み方 針を入れる位置が違う その2

前段のこま編みの目の頭ではなく、足の間に針を入れ糸を3本すくってしまうと、針も入れにくく縦につまった、厚い編み地になります。(※作品のデザインによって、あえて足の間に編み入れる場合もあります。)

基本のこま編みはしっかり覚えよう

かぎ針編みの基本となる編み方なので、間違いやすいポイントも含めきちんとマスターして、手づくりの世界をさらに広げてくださいね!

クチュリエブログでは、編み物はもちろん、裁縫、刺繍など、さまざまな手づくりのコツをお届けしています。手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!

▽編み物記事の一覧はこちらから

▽編み物キットの商品一覧はこちらから

▽クチュリエショップはこちら

本記事で紹介した商品はこちら

かぎ針編みの基本

ゆっくりじっくりマイペースでレッスン かぎ針編み「はじめてさんのきほんのき」の会

かぎ針編みの基本が学べるキット。簡単なものから順番に届くステップアップ式で、1~3ヵ月はしっかり基礎固め。詳しい編み方説明書が味方。小さなモチーフをたくさん編んでいろいろな編み方を習得します。4~6ヵ月は学んだ編み方で本格的な雑貨作りに挑戦します。6ヵ月後にはかぎ針編みを完璧マスター!

【月々¥100】「クチュリエクラブ」会員募集

「クチュリエクラブ」の会員になると、手づくり情報満載の会員誌『クチュリエの種』のお届けや、特別キャンペーンのご案内、手づくりイベントへの招待など、特典もいろいろ。

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。