和モノづくり。とは
SUNNY CLOUDS 和モノづくり
Made in Japan

フェリシモ > サニークラウズ > 和モノづくり。 > 黒と白のスリッポン

Main Image

item98

feat. MoonStar & Shuttle Notes 黒と白のスリッポン

黒と白のスリッポン。

今回でムーンスターさんとのコラボレーション企画は4度目となります。「ムーンスター」は明治6年に「座敷たび」を作りはじめて以来、靴と向き合い続けている匠たちの集団です。スニーカーやスリッポンの成型作業はほとんど手仕事。靴型であるラストを包み込むように、カツと呼ばれる専用の道具を使って生地を吊り込みながらアッパーを成型していきます。今回もアッパーにはシャトルノーツの生地を使いました。黒と白のツートンでまとめたスリッポンは、大人っぽい雰囲気もあり、いろんなコーディネイトに合わせやすくオールシーズン活躍できます。レディース&メンズと使えるように、23㎝から28㎝まで作りました。

image01

ムーンスターでは、使用するゴムパーツもすべて自社で作っています。パーツの用途に合わせて、数種類あるゴムを配合する技術も、長年の経験があってこそ。このスリッポンには匠の「業」と「知恵」が詰まっています。

image02 image03 image04

LineUp

全アイテムを見る

ページのトップへ

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りをみなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる

閉じる

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、
価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、
商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、
日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、
今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と
感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、
日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに
日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りを
みなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。
日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる