「世界一の和紅茶」をもう一度!奈良県産の大和茶が日本各地の名産素材とコラボ

最近よく目にする「和紅茶」。みなさまはもう飲みましたか?日本で栽培されている茶葉のほとんどは、緑茶として飲まれるため和紅茶の生産量は多くありませんが、日本でつくられる国産紅茶(和紅茶)の人気はグングン上昇中で、生産量も増加傾向だそう。紅茶と言えばイギリス……たしかに。でも、和紅茶もとてもおいしいので、その味わいを知らないままじゃもったいないかも……

和紅茶の大きな特徴は、海外産の紅茶とはまた違う、さわやかですっきりとしたおいしさ。和菓子に洋菓子、いろんなおやつに合うし、サンドイッチやピザなどの食事との相性もいいんです。
渋みがなくやさしい味なので、ストレートで飲むのもおすすめ。

「世界一和紅茶」の誕生

最近注目されている「和紅茶」ですが、実はその歴史は、結構古いのです。日本での和紅茶の生産は明治時代から始まり、その後は「輸出品」としてさかんに生産されていました。

そして時は1958年(昭和33年)、ロンドンで開催された「全世界紅茶品評会」で最優秀賞を獲得したのは、なんと和紅茶だったのです。紅茶の国イギリスで「世界一の紅茶」という評価を受けたとは!

すごい。「世界一の和紅茶」の誕生です!

さて、その「世界一和紅茶」の産地はいったいどこだったのかというと、それは、奈良県北東部にある大和高原の山添村(やまぞえむら)でした。

戦後、輸出用にと日本のいくつかの場所で紅茶用の品種の研究などが進められた中で、山添村が「おいしい紅茶(用の茶葉)ができる土地」と認められ、当時、大企業が工場を設け、村をあげて国産紅茶の栽培を行っていたそうです。

ただその後、海外からの紅茶輸入量増加にともない、外国産紅茶との価格競争は大変きびしい状況になりました。そして、山添村では紅茶用の茶畑では緑茶の品種への植え替えられたり、耕作放棄茶園が増えていき……。

ついには、紅茶工場の閉鎖とともに「世界一に輝いた山添村の紅茶」は幻の存在になりました。

「世界一の和紅茶」をもう一度  

しかし、それから幾十年、この山添村で耕作放棄寸前の茶畑を引き継ぎ、和紅茶を作り始めた農園があるのです!その農園は、2001年より自然栽培で茶の木を育てている「健一自然農園」。

フェリシモでは、そんな「健一自然農園」の代表、伊川健一さんとのご縁から、2020年より「健一自然農園×フェリシモ」のプロジェクトが始動。人気のコレクションが生まれました。

そして今回、その第2弾が誕生。第2弾は、そんな山添村の和紅茶を存分に楽しんでいただけるコレクションなんです!

健一自然農園の代表、伊川健一さんは「いったんはこの地域で紅茶生産が0になっていました。それでも”日本中から選び抜かれた山添村の風土は、必ずまた皆が感動するような和紅茶が作れるはず”という直感がありました。そしてそれはまちがっていませんでした。唯一無二の素晴らしい茶畑を引き継いだ奇蹟に感謝し、再び新たな世界一の和紅茶への旅を始めたいと思っています!」と語ります。

”未来の”「世界一の和紅茶」

現在、山添村では健一自然農園だけでなく、伊川さんがアドバイザーとなり「世界一の和紅茶をもう一度」と、耕作放棄茶園を再び緑輝く茶園にするべく、さまざまな取り組みが続けられています。ぜひ未来の「世界一の和紅茶」に想いをはせながらお楽しみください。ティーバッグタイプなので、忙しい日々の”すき間時間”でも、リセットやリラックスのための「お茶する時間」がお楽しみいただけます。

奈良県北東部に広がる「大和高原」にある自然栽培のお茶農園。2001年に、15年ほど放棄されていた耕作放棄農地を代表の伊川健一さんが借り、ほぼ一人で開墾したところからはじまった農園で、その後も地域の方から茶園を受け継ぎ「自然栽培」でお茶を育てている。「自然栽培」という言葉は法律では定義がなされていないため第三者認証がないが、健一自然農園では農薬・肥料を使わずお茶を育てている。

「旅する大和茶」

第2弾の新しいコレクションのコンセプトは「つづく・つながる・広がるお茶」。ベースとなる大和茶は、のびのびと育った素直なおいしさが自慢の山添村の「和紅茶」がメイン。ほか、奈良の「健一自然農園」で育った大和茶が日本各地で、さまざまな土地や人、その地で育ったすばらしい素材に出会い、つながり、今までにない感性の「産地コラボ」によっておいしいお茶になりました!

【第2弾】旅する大和茶
奈良の「健一自然農園」で育った大和茶が、長野のりんご、沖縄の月桃、北海道のラベンダーなど、日本各地の名産素材と「産地コラボ」。おいしいお茶が生まれました!何人かでお茶するときでも、ティーバッグなので各自が好きなお茶を選べて楽しいですね。
パッケージのイラストも「旅」がテーマ。yamyam(ヤムヤム)さんのイラストがいい味出してます!裏には、お茶の説明と「おいしい飲み方」を記載しています。何かのお礼に添えたり、ちょこっとおすそわけなど、1袋プレゼントするだけでも喜んでもらえる、かわいいパッケージです。

健一自然農園×フェリシモ 旅する大和茶セット〈ティーバッグ〉の会

月1セット ¥1,350(+8% ¥1,458)

健一自然農園 X フェリシモ 「ぜいたくすぎる定番」

2020年に始動した「健一自然農園×フェリシモ」のプロジェクト第1弾のコレクション、「心とからだにそっと寄り添うお茶」は「ぜいたくすぎる定番」として人気です。煎茶・番茶・ほうじ茶・玄米茶・紅茶・烏龍茶・桑の葉煎茶・大和当帰やホーリーバジル入りなど、個性にあふれたさまざまな18種類のお茶をお届けしているので、健一自然農園のお茶の「入門編」的なコレクションでもあります。

健一自然農園×フェリシモ 心とからだにそっと寄り添う お茶セット(ティーバッグ)の会

月1セット ¥1,350(+8% ¥1,458)

ITEM

CATEGORY

BRAND

SEARCH

PICK UP

  • 新作デジタルカタログ
  • カタログ無料プレゼント!