フェリシモCompany

みなさん、海は好きですか?

ゆったりと透きとおる青に、さまざまな生き物たちのカラフルな彩り。海はたくさんの命をはぐくみ、いつでも惜しみなく、自然の神秘や豊かさを私たちに見せてくれます。

でも、身近すぎるがゆえに海を汚してしまうことも……。

街や川で捨てたゴミがやがて海へ集まり、海洋ゴミとなって美しい海を汚している現実があります。

きれいな海と両想いになりたい。

海とかもめ部

もらうばかりではなく、海のために何かできないか。


ささやかでも自分たちらしく、続けられるやり方で。そんな思いから『海とかもめ部』は生まれました。


『海とかもめ部』のなまえの由来は、かもめが打ち上げられた魚もきれいに食べる「海辺のそうじ屋」と呼ばれているところから。楽しいことがイチバン!なので、かもめのように「おいしく食事をしながら、結果、海がきれいになっている」という自然で楽しいスタイルを、私たちもマネできたらなぁと思っています。

『海とかもめ部』がしていること。

『海とかもめ部』の商品

『海とかもめ部』では、海が好き!をいろんなカタチで楽しみ合うことをモットーにしています。部員はみんな海好き・魚好きばかり。みなさまがわくわくできたり、リフレッシュできるような海に関する楽しい商品を生み出しています。お部屋が海になるカーテンや、海の色を映し込んだロマンティックなインナー、魚たちが泳ぐエコバッグなど、バリエーション豊かなんですよ。一度オンラインショップをのぞいてもらえるとうれしいです!

ブログでは海の楽しい情報を動画や漫画の連載などで発信しています。

海とかもめ部サイトはこちら


海とかもめ部の活動の中でも中心になるのが基金活動と環境活動です。

「海基金」と環境活動

フェリシモでは沖縄の美しい海を支える珊瑚礁を守るために、海基金(旧沖縄サンゴ基金)を設立しました。2018年4月からは「未来のたからもの サンゴの森基金」と一緒になり、活動を広げています。この海基金は『海とかもめ部』の商品を購入いただくことでも参加いただけます。


みなさまから支援していただいた基金額は合計11,357,296円(2021年6月現在 ※2010年7月からの「沖縄サンゴ基金」の金額を含む)となりました。多くのご支援を賜り、本当にありがとうございます!


集まった海基金は、サンゴ礁の再生に取り組むNPO法人の主催によるサンゴの植え付けや、各地のビーチクリーン活動、海洋環境学習などに活用されています。


基金の拠出先のレポートを少しご紹介します。


【目指せ!日本一楽しいゴミ拾い 】(特定非営利活動法人海さくらさま)

「海ゴミをみんなでなくそう!!」というメッセージだけでは、人はなかなか海に来てはくれません。「楽しい」をテーマにすることで海に来ていただき、楽しむ場所をきれいにする、海のことを知ってもらう活動をしています。


今後は、新型コロナウイルスと付き合っていきながら、海をキレイにしていくことを考えなければなりません。そのため、江の島の海を一緒にキレイにしてきたみなさまに、浜の状況を伝えて、おのおのが自分の街・海・川でゴミ拾いをすることについて、共有するために、「ZOOMごみ拾い」を開催しました。

「ZOOMごみ拾い」を開催しました。

(2020年度活動レポートより)
▶詳しい活動レポートはこちら


【ビーチクリーン活動】(沖縄県立沖縄水産高等学校さま)

フェリシモと合同で行っている沖縄本島南部海岸でのビーチクリーン活動。活動のたびに、ゴミは海やビーチに直接捨てられた物だけでなく、さまざまな場所で捨てられた物が風で飛ばされ、河川に流され、また波によってビーチに集まってきたことがわかり、ひとりひとりの毎日の心掛けが未来の海をつくるのだと痛感します。

ビーチクリーン活動の様子

(2019年度活動レポートより)
▶詳しい活動レポートはこちら


大きな海に対して、私たちができることは小さなことばかりです。

でも、「ゴミはポイ捨てしない」「きちんと分別する」「マイバッグを使う」など小さなことをたくさんの人が心掛ければ、きっときれいな海を未来に残せるはず。

これからも現実に目を背けることなく、海と両想いになれる活動を続けていきたいと思います。

◆海とかもめ部
海好き・魚好きが集まって生まれた部活動。「海を楽しみながら、きれいにする」ことを目標に、商品企画やビーチクリーン、サイト運営などさまざまな活動を行っています。ウェブサイトには、商品販売のほか、水中写真家 鍵井 靖章さんによるフォトブログや海の生き物4コマ漫画の連載など、海好き・魚好きのみなさまに楽しんでいただけるさまざまなコンテンツがあります。

ウェブサイト>>
Instagram (@umitokamomebu) >>
Twitter (@umitokamomebu) >>
Facebook (@umitokamomebu) >>

この記事をシェアする
Twitter
Facebook
LINE

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントを投稿する

コメント

  • 夏実 より:

    とても素敵で、将来に向けて重要な活動をされていることに感動しています。私は来年にかけて就活ですが、普段の生活がより幸せになり、未来がわくわくする商品を届けられている御社に憧れ、働きたいと考えております。そして海とかもめ部に参加できるように頑張ります‼︎

    • フェリシモ社会文化活動担当 より:

      夏美さま
      わたしたちの想いに共感してくださってとてもうれしいです。
      ありがとうございます!
      フェリシモの部活動は、社内だけでなく多くの方々と一緒に取り組んでいます。
      いろんな参加のしかたがありますので、これからもご注目ください。
      そして、もしもご縁がありましたら……楽しみにしております!

ページトップへ戻る