フェリシモ > サニークラウズ > kazumiさんといっしょにつくりました。 > 

AUTUMN 2019

  • サニークラウズ feat. Shuttle Notes

    kazumiのワントーンワンピース

    COLLABORATION ITEM : 1

    • 着こなし方、ふた通り。
    • 着こなし方、ふた通り。

    このモノトーンチェックのワンピースは、綿麻の混紡糸を甘く織り上げたあと、しっかり起毛をかけてから生地洗いすることでふっくらと仕上げたシャトルノーツこだわりの生地を、これでもか!というくらい贅沢に使って作りました。

    • from kazumi

      チェック柄は年中よく着ますが、秋は中でもいちばん着たくなる季節。毎年秋服はチェックワンピースから着始めるので、今年もチェックワンピースを作ってみました。一枚でさらりと着てもよし、前を開けて薄手のコート代わりにするもよしの、2-wayなお得ワンピースに仕上がりました。切り替え位置を高くしたことと、白・黒・グレーのグラデーションのチェックにしたことにより、脚長着やせ効果も期待できると思います。ロングスパンで着られるワンピースなので沢山着まわししていただけるとうれしいです。

  • サニークラウズ feat. Shuttle Notes

    kazumiのよく見たらチェックのワンピース

    COLLABORATION ITEM : 2

    • 何気にチェック。
    • 何気にチェック。

    一見無地に見えますが、太さの違う糸を組み合わせたシャドーチェック柄に織り上げた生地を使いました。横糸の一部に強撚糸を使うことで縮率の違いを作り、立体感のあるシボを生み出しています。ウエストのギャザーは、スカートからの続きでフリル仕立てにしたこだわりポイント。そのほかにも高めの切り替え位置や小さな首ぐりの開きなど、kazumiさんの想いを随所に詰め込んでいます。

    • from kazumi

      残暑厳しい日が続きますが、気分だけは秋を先取り。夏の終わりから秋にかけては毎年着るものに悩みます。まだまだ暑くて長袖は着たくないけれど、暦の上ではもう秋……そんな悩みを解消すべく、さらりと軽く一枚で着られる秋先取りのワンピースを作ってみました。一枚で着てもかわいいですが、レギンスやデニムと合わせたレイヤードスタイルも素敵です。胸もとに入れたたっぷりギャザーとドロップショルダーが女性らしさを盛り立ててくれます。使い勝手のいい、おとなかわいいワンピースができました。

  • サニークラウズ feat. Shuttle Notes

    kazumiのブロックチェックコート

    COLLABORATION ITEM : 3

    • 主役になれる存在感。
    • 主役になれる存在感。

    この冬もkazumiさんならではのコートができあがりました。シャトルノーツの軽くてやわらかい縮絨ウールの生地を使ったテーラードカラーのAラインコートです。Aラインといっても、すそ幅はMサイズでおよそ111センチ!総丈よりも広いこのすそ幅が、なんとも雰囲気のあるゆるりとしたドレープを作ってくれて、360度どこから見てもかわいいコートに仕上がりました。

    • from kazumi

      生地をたっぷり使って、ゆったりサイズのAラインのコートを作ってみました。軽く、そして一枚でも主役になれる存在感のあるコートは、寒い冬でも気分を上げてくれること間違いなし。すそが広がってドレープになっているので動くたびゆらゆらとして心も踊ります。大きなブロックチェックにしたので柄物ではありますが、カジュアルにもシックにもどちらにでも合わせやすい着まわし力のあるコートができました。

produced by kazumi

サニークラウズのモデルをしてもらっているkazumiさん。
インスタグラムなどで紹介されている私服コーディネイトはとってもおしゃれで、
そのセンスやライフスタイルに共感されるファンの方が多数いらっしゃいます。

そんなkazumiさんと話をしていると、服作りにも興味津々だったので、
それならいっしょに作ってみませんか?ってお誘いしてみました。

kazumi instagram
COLLECTION OF COMFORTABLE DAILY WEAR Sunny clouds

サニークラウズが目指す服は、毎日着る「ふだん着」。とっておきの日に着る特別の服ではなく、毎日気兼ねなく着られて、
汚れたらがんがん洗濯できて、着るほどに風合いや着心地がよくなり、着る人のからだになじんでくるような服です。
服好きたちが集まって、「あーでもない、こーでもない」と言いながら、素材・デザイン縫製などにこだわり、試行錯誤を
繰り返して服作りをしています。私たちが本当に感じていただきたいのは、カタログでは伝えきれない着心地や肌ざわり。
気になる服がありましたら、ぜひ手に取っていただきたいです。その服があなたにとって「最高のふだん着」となりますように。

Sunny clouds