公式twitter

みんなのアンケート-結果発表!-

今回のテーマは… 『\結果発表/教えて! あなたの2020年 推し活事情』



OshiKra 第9回アンケート「教えて!あなたの2020年 推し活事情」へのたくさんのご回答ありがとうございました!
社会生活も、私生活も、そして推し活も大きく変わった2020年。みなさまはどんな1年だったのでしょうか。時勢に負けず推し活をエンジョイできた方、残念ながらあまり楽しめなかった方、さまざまだと思います。「私はこんな感じだった~」「わが家ではこんな風に楽しんだよ」と、わいわいおしゃべりしている気分で読んでもらえるよう、みなさまのリアルな声もたっぷり掲載★もりもりのアンケート結果、ぜひご覧ください!

※アンケート募集期間:2020年11月20日(金)~ 1月12日(火)
※回答者数:60人

アンケート結果はこちら

今回のアンケート回答者の推しジャンル比率は?(複数回答可)

アイドル 68.3
アニメ 26.7
舞台 26.7
漫画 20.0
アーティスト 20.0
俳優/女優 15.0
その他 15.0

2020年、コロナ禍で推し活に変化はありましたか?

9割以上の方が、何かしらの変化を体験されたようです。少なくとも3次元に推しがいる方は、現場の予定がなくなるなど、大きな変化があったことと思います。推し活には大打撃の1年となりましたね。具体的なエピソードを尋ねると、

当選して行ける!と喜んだのも束の間一転中止に…(ふりーあっぷるさん/推し:大橋和也さん(なにわ男子))


展示会イベントが会期途中で中止になった。
映画館の閉鎖により、上映中だった映画が終了した。(kayanonnさん/推し:黒崎蘭丸さん(QUARTET NIGHT))


現場に行く機会が減り、家で配信を見たりオンライン特典会に参加することがあった。
また、特典会の際メンバーとの間にアクリル板が設置された。(緑推しさん/推し:ひめキュンフルーツ缶、唯我独尊)


コロナ禍前はチケットが取れるか不安だったが、コロナ禍になり、チケットを持っていても無事に幕が開くか、千秋楽まで走り抜けられるかという不安がずっとつきまとうようになり、チケットを取る際も初日〜前半は必ず押さえ、行く回数を増やし、なるべく観劇できるようにした。
また、舞台やイベント前は在宅勤務にして、出掛けるのを控え、自分の健康にも気を遣うようになった。(アンナさん/推し:菊池修司さん)


などなど、やはりイベントが中止になったり、開催の見通しが立たなくなってしまったという声が多く寄せられました。その一方で、意外にポジティブな体験談も!

インスタライブをきっかけに、推しが増えました…!(りんさん/推し:嵐、志尊淳さん)


感染症予防ということでスケジュールが白紙になったけれど、ライブビューイングだけだった公演がオンデマンドにもなり、敷居が低くなった!(あめさん/推し:宝塚歌劇団)


毎公演の配信が行われたので、遠方の劇場には行かずに家で楽しむことができました。(こいこいさん/推し:ミュージカル刀剣乱舞)


人生で初めて推しができました!コロナ禍で家にいる時間が増えたので、その時間でそれまでにアップされていたSnow ManのYouTubeを全制覇しました!(ひじきさん/推し:阿部亮平さん(Snow Man ))


オンラインのコンテンツが増えたことで、推しが増えたり、遠征しなければならなかったものがおうちで楽しめたといった回答がありました。インターネット、万歳!

ステイホームでの推し活を楽しむために、新たに購入・導入したものはありますか?

おうちでの推し活用にお買い物をされた方が半数以上いるようですね。CDやライブDVD、鑑賞用の機材(テレビやプロジェクター、イヤホンなど)、漫画用の本棚を購入した方や、動画配信サービスに登録したという方がいらっしゃいました。また、家のインターネット環境を整備したという方もちらほら。せっかくのオンライン配信、途中でフリーズしてしまったり、画質が悪いなんて悲しいですもんね!(OshiKra編集部にも経験者がいます!)

ライブ配信などのオンラインイベントに参加しましたか?

「参加した」が9割超という結果でした。みなさん、ステイホームでもしっかり推し活していますね!

「参加した」と答えた方へ)どのようなオンラインイベントに参加しましたか?(複数選択可)

動画配信サービスによるオンラインライブ 90.0
SNSを使用したライブ配信 40.0
オンライン購入イベント 33.3
その他 3.3
オンラインライブに参加した方がほとんどのようですね。また、今年は推しがSNSに参入したという方も多いようで、SNSのライブ配信を見たという方も多い結果となりました。「その他」には、「オンライントーク会」「ステイホーム期間中の家で楽しめるコンテンツ配信」といった回答がありました。オンライン化でかえって推し活が捗った方も多いのかも。

「参加した」と答えた方へ)オンラインイベントに参加するとき、どのデバイスを利用しましたか?(複数選択可)

スマホ 65.0
パソコン 55.0
テレビ 45.0
タブレット 31.7
その他 1.7
ライブ配信はパソコンで見る、というイメージがあったので、これはちょっと意外でした!外出先や、移動中に楽しんだ方が多いのかもしれませんね。そう思うと、いつでもどこでも推し活ができる時代が来たということなのかも……!

「参加した」と答えた方へ)オンラインイベントを楽しむために、工夫したことはありますか?

推しさんがデザインした缶バッジを付けて、オンライントーク会に参加しました。推しさんもちゃんと気付いてくれてどんな内容を話すか悩んでいたので話すきっかけになりました。(はちさん/推し:梅津瑞樹さん)


ヲタ友達とツアーTシャツ着てペンライトとうちわ持ってさらにお酒飲みながら!(じゃさん/推し:中島健人さん)


ホテルの鑑賞会プランを利用した(ばしさん/推し:ジャニーズWEST)


推しのぬいぐるみをそばに侍らせ、イメージカラーのペンライト装備で臨みました。夫には冷めた目で見られましたが開き直って歓声をあげて楽しみました。(一匹狼さん/推し:観音坂独歩さん)


できるだけリアルタイムで楽しみたいし、コメントなども送る派なので少しでも良い回線の中で参戦するようにしました。(こまこま娘。さん/推し: 譜久村聖さん(モーニング娘。'20))


リアル参加と同じようにグッズを身に着けたり、環境を整えたりと、みなさまいろいろな工夫をされているようですね。オンラインならではの楽しみ方として、お酒が飲めるというのも確かに~と思いました。好きなお酒とおつまみがあったら、いつもよりハイテンションでコールしちゃったりして……。

最後に、2020年でいちばん「うれしかった」「しあわせだった」推し活エピソードで締めくくってください!

悲しいことも多かった2020年の推し活でしたが、最後はみんなのハッピーエピソードで締めくくりましょう!

配信なのにも関わらず、推したちが会いに来てくれてありがとうと言ってくれたこと。次は会おうと約束してくれたこと。(きょろさん/推し:高橋恭平さん(なにわ男子 ))


Twitterで推しがエアハグしてる動画を見た事。(あるまさん/推し:SixTONES、嵐)


YouTubeからはまったアイドルのデビューライブがオンラインになったことで見ることができたこと!絶対見られないと思ってたものが見られた嬉しさはオンラインならではだと思います!(RSさん/推し:NEWS、SnowMan)


会えないからこそ、どうすれば楽しめるか、本人たちが一生懸命考えてライブ配信やオンラインオフ会などを開催してくれたこと。活動を止めないでいてくれたこと。(とあさん/推し:嵐、NEWS)


夏に上演された大好きなビジュアルの推し主演舞台が無事に完走できたこと。いちど座席配置を変えるために払い戻しになったものの、無事にチケットを取ることができて観劇できました。大千秋楽では「(自分も)生きるから、辛い状況は続いているがこれからも皆さんも生きて欲しい。」と推しから泣けるメッセージをもらった。(あずきみるく。さん/推し:崎山つばささん)


大西流星くんが所属するグループの配信ライブで初の試みとなるピアノ弾き語りの瞬間に間に合えたこと、その時間を生きれたことです。
披露するまで匂わせなどすることなく内緒にしていた宝ものをいきなり耳目に触れさせてくれた時の驚きと喜びが忘れられません。(流星くんはピアノ初心者で楽譜が読めなかったらしく、なんと指遣いを目で暗記して覚えたそうです.... 努力型の天才......)この弾き語りがあったから腹を括って本気で推そうと思えました。(明日さん/推し:大西流星さん(なにわ男子)、伊野尾慧さん(Hey!Say!JUMP))


コロナ始まり、国から自粛要請前にも、私は介護従事者の為、2月末から自粛開始。楽しみにしていたライブもやむなく返金していて。本当に意気消沈していました。世の中がステイホームが始まり。色んなSNSやYou Tubeで好きなアイドル・アーティストが発信を始めてくれて本当に嬉しい限り。しばらく、現場に行く事が許されない私には、ずっとアイドル・アーティストと繋がれる!!
明るい気持ちでお仕事頑張れます。ありがとう(せりぃさん/推し:高城れにさん(ももいろクローバーZ ))


推しに出会えたこと。人生が変わる衝撃でした。コロナ明けたら推しのいるタイに行こうと、タイ語の勉強も貯金も頑張ってます。久しく推しがいなかったので、自分にこんなエネルギーがあったことが驚きですし、そんな全力な今が幸せです!(りらちょさん/推し:Krist Singto)



いかがでしたか?「教えて!あなたの2020年 推し活事情」アンケート結果は以上となります。大変な状況でしたが、だからこそ推しの存在の大きさに気づけたり、リアル参加以外の楽しみをみつけられた1年でもありました。ネガティブなエピソードだけでなく、幸せだった!という声も多く寄せられていましたね。やっぱり「好き!」のパワーって侮れません。現場が戻ってきたときに全力で楽しめるよう、健康管理をしっかりしつつ、今の時期ならではの推し活も楽しんでいきましょうね!

これからもOshiKraでは、ほぼ毎月ゆる~く『推しと暮らし』にまつわるアンケートを実施していきます。次回のアンケートもお楽しみに!

Series 連載コラム

一覧はこちら

Page top