公式twitter

みんなのアンケート-結果発表!-

今回のテーマは… 『\結果発表/教えて! あなたの推しの布教エピソード!』

OshiKra 第4回アンケート「教えて! あなたの推しの布教エピソード!」へのたくさんのご回答ありがとうございました! 
本来は、「宗教や信仰の教えを広めること」を指す「布教」。推し活界隈では自分の趣味や好きな作品、アイドルなど……つまり「推しを周りの人達に広めること」として使用されていますね。 私の「推し」をこうやって布教した!もっと方法を考えればよかった……!いろんな布教エピソードが集まりました。気になるアンケート結果、ぜひご覧ください!

※アンケート募集期間:2020年3月17日(火)~4月20日(月)

アンケート結果はこちら

今回のアンケート回答者の推しジャンル比率は?(複数回答可)

アイドル 50.0
アニメ 25.0
アーティスト 18.8
漫画 12.5
俳優/女優 12.5
その他 25.0

自分の推しを布教したことがありますか?

アンケート円グラフ

自分の推しを誰かに布教したことがある人は94%!ほとんどの方が布教経験があるようです。

「ある」とお答えした方へ:誰に布教しましたか?(複数回答可)

友達 68.8
仕事仲間 43.8
家族 37.5
その他 25.0

アンケートの結果、半数以上がお友達への布教のもよう。OshiKra編集部としては、意外にも仕事仲間への布教が多いという印象でした。
その他にはTwitterのフォロワー、彼氏などがあげられました。

布教に「成功」したエピソードがあれば、教えてください。

◆日常的に目に・耳に入るようにした 編
「推しのラジオ番組は月曜〜木曜の朝6時からやってます。夫が出勤した直後に、リスナー失敗談を紹介して、推しがラッキーアイテムをでっち上げる占いコーナーがあって、面白すぎるので、夫が帰ったあと放送日はradikoのタイムフリーで毎日聴かせました。それを1ヶ月ぐらい繰り返して、夫の仕事が休みの日、推しのラジオにしていいか、と尋ねると『いいよ』とのこと。それから朝は推しのラジオ番組を聴くようになりました。ついに推しの番組にリクエストのメールを出すようになり、2回ぐらい採用されました。私より採用率が高いのがなんか複雑…」(チャームくまこさん)

「私が家でひたすらアニメや実況動画を流していると、家族もハマるとはいかずとも少しずつ内容がわかるようになってきます。これまではその程度でも知ってくれるだけ嬉しいと思っていました。
ところが、先日帰宅するとリビングで私の好きな実況動画が流れていたのです!!『企画力が気に入った』『頭の良さを感じられるゲームプレイが良い』と褒めてもらえて、布教『成功』したな、と感じました。今では私よりも家族の方が、メンバーや動画に詳しくなっています(笑) 」(ねむたいさん)

「SnowManというジャニーズグループをSnow Manがデビューする前に母に布教しました。ジャニーズJrチャンネルを見せたり、ずっとSnow Manの話をしたりしたら、母がSnow Manを好きになりました。」(ぞのさん)


◆CD・DVDで布教編
「デビューシングルを沢山購入したので、1枚ずつ会社内のジャニヲタ(主に嵐担)に、『今度デビューしたKing & Princeです。もし興味あったら貰ってください』と、ポスター付きで配布しました。2、3人はFCに入ったみたいです。」(はるかさん)

「単独ライブの円盤を彼氏に観せたら、MCパートで沼に落ちました…」(ほさかさん)


◆現場に連れ行く 編
「とにかく連れて行く。ネームバリューとしてもみんな一度は見たいと思っている『宝塚』だし、布教はしやすい。入手困難のチケットを取るのだから来ないはずもなく観劇後は、反芻のためおいしいお茶を飲み、ゆっくり語らう。免疫力がアップしたわぁとか、非日常でいいなぁと思ってもらったら成功です。次も誘います。突然沼にはまる人もいました。」(いちごぐるめさん)

「一緒にコンサートに参加してもらい、神席ゲットで、ファンになってくれた。」(noaさん)


◆さりげなく布教 編
「私の場合、布教と言ってもファンになってもらうというより、自分の好きな人を周りの人に知ってもらおうと思っています。例えば友人や上司の興味があることの話を聞きつつ、自分の好きな人との関わりや共通点を見つけて相手に伝えています。
あと私が話をするときはできるだけ自分の好きな人の名前を言うようにしています。
実際、まだ今のように有名じゃなかった時から何人もの方に手越くんのことを知ってもらえたと思いますし、友人からテレビに手越くんが出てると〇〇さんの顔が思い浮かぶと言われたこともあります。
また何人かは手越くんを通して、NEWSのメンバーのファンになった方もいます。
今は同じような方法でなにわ男子の大橋和也くんを周りに布教しています。例え相手がファンにならなくても、たくさんの方々に知ってもらえれば良いな〜と毎日思いながら布教活動を続けています。」(サッカーボールとプリンさん)

布教に「失敗」したエピソードがあれば、教えてください。

「この中で誰がいい?どの声が好き?と聞きすぎてうざがられた…」(ららさん)

「スタンディングライブへ連れて行ったら、知らない人との接近に潔癖症の友達にはダメだったみたいです。」(めらかるさん)

「友人に、『頼むから見てください…!』と頭を下げてアニメを視聴してもらい、原作の漫画も全巻新品を購入し渡しました。ところが面白い!とは言ってもらえたものの、『ハマる』まではいかなかった様子。その時友人には最優先のジャンルがあったことと、その作品には彼女の好きなタイプのキャラが出てこなかったことが、布教失敗の要因だったな…と思っています。ただ、沼に落とすことは出来ずとも、キャラとストーリーの共有ができたので、その作品の話相手ができたことは嬉しいです。私も友人によく布教してもらいますが、ハマらなくてもそのジャンルの解像度が上がる(知見が広がる)という点ではとても楽しいので、これからも積極的に布教活動をしていきたいです…!!」(ねむたいさん)

布教しない理由があれば、教えてください。

「その人にその推しとの運命があるなら、いつかどこかのタイミングで必然的に出会うはずと思っているから。」(ピナさん)

「迷惑になるといけないので無理に勧めないようにしていた。アーティストの印象も悪くなる。」(あんじゅなさん)



いかがでしたか? 「教えて! あなたの推しの布教エピソード!」アンケート結果は以上となります。
推しの良さを伝えたい……!あわよくばハマって欲しい……!そんな気持ちはどんなジャンルでも同じなんだなあという気持ちが伝わってくる回答がたくさん見受けられました。そしてどれも根底にあるのが、「素晴らしい推しへの気持ちを共有したい」という思いでしょうか。

最近はSNSで様々な布教まとめが見受けられます。それらを拝見していると、より多くの共感を得られている布教まとめは、いかにして他のジャンルの沼にいる方に「好きの共通点」を比喩して伝えられるかが布教を成功させる鍵なのかなと思いました。

また失敗エピソードで多々見受けられた、「推しに直接関わらないところが失敗の要因だったのでは?」という点も、ただ推しの魅力を伝えるだけでは行き届かない布教の難しさもうかがえました。布教する側、される側どちらの立場にもなりうるからこそ、推しへの気持ちはぐっと一呼吸置いてから丁寧に伝えていきたいですね。

これからもOshiKraでは、ほぼ毎月ゆる~く『推しと暮らし』にまつわるアンケートを実施していきます。次回のアンケートもお楽しみに!

Series 連載コラム

一覧はこちら

Page top