公式twitter
メインビジュアル

最大のハレの日 それが観劇日

みなさまこんにちは。
「公式で見られる贔屓は全部見たい」が信条の、フェリシモオタク活動推進部(オタ活部)、舞台オタクのプランナーSです。

プランナーS

いつでもどこでもご贔屓さまの事を考えて過ごすあまり、日々が蜃気楼のよう過ぎていきます。そのため日常生活はやや乱れぎみ。バッグの中は大いに乱れぎみ。
そんな私の最大級のハレの日、観劇日。それなのに、蜃気楼の女Sである私は、「〇〇忘れた!」「〇〇が見つからない!」のオンパレード。そんな自分の救世主になるバッグを作りました。

これがなければ、〇の折れたエンジェル

それがオペラグラスです。何はなくともオペラグラスがなければ、観劇という大海原に飛び出すことができません。それなのに、忘れものランキングナンバーワンの座に君臨するオペラグラス(プランナーS調べ)。観劇前に某ショップへ走ることもしばしば。もうそんな無駄遣いとはオサラバさ~♪ということでバッグの内側にオペラグラスポケットを作りました。準備の時、出かける前、ここをチェックして自分へのリマインドにしてくださいね。私も全力でしますね。

忘れちゃいけないオペラグラスや双眼鏡の専用ポケットも。

オペラグラス専用ポケット付き。

 

便利な3部屋構造で、バッグの口もとはマグネットでとじられる使いやすい仕様。

マグネットで閉じられる3部屋構造。

幕間の優雅なひと時の後の悲劇

幕間に劇場の外のお手洗いを使うとします。ゆったりと過ごした後、再度入場しようとします。改札口で優雅にチケットを取り出そうとします。そこで、バッグの中が乱れぎみの私はいつも「あれ?ない」から始まり「ないないないないない………ない!!!」とプチパニックになります。みなさまも同様の経験をされたことがあるのではないでしょうか? そんな優雅なひと時を優雅なまま終わらせるべく、スマートにチケットを取り出せる外側ポケットを作りました。

裏面にはチケットの指定席になるポケットを付けました。これで「どこいったっけ?」のドキドキもなくなります。

持っているだけでテンションが上がるデザインに

最大のハレの日だからこそ、デザインにもこだわりを詰め込みました。3段フリルやリボンチャーム、キュっとしぼれるきんちゃく型。どれも華やかだけど大人が持ちやすいように、とバランスや大きさにこだわりました。モノトーンだから、華やかな服装の日もシックな服装の日も、どちらにもフィットします。手持ちもできてショルダーにもなる2-WAY仕様は、荷物が多くなりがちな観劇オタクにはうれしいポイント。きんちゃくを開けばA4サイズもバッチリ入るので、パンフレットを買った日も安心ですね。

2-WAYトートバッグ取り外し可能なショルダーひもで肩かけ、斜め掛けもできます。
取り外し可能なショルダーひもで肩掛け、斜め掛けもできます。
黒と白の配色フリルで上品で大人っぽく仕上げました。

きんちゃくを開けばA4パンフなども入れられます。

まだまだ劇場へ行くことももままならない昨今ですが、心置きなく劇場に行けるようになった日には、このバッグが少しでも観劇を楽しむみなさまの救世主になるよう願っています。

Series 連載コラム

一覧はこちら

Page top