公式twitter

いつも “布教用赤ちゃん”持ってます。「シルバニア」オタク・ほづみさんの場合(前編)-【連載】私たちコレクターズ #002

好きなものを「好き」と表現するには、いろんな手段・方法がありますよね。絵を描いたり、コスプレをしたり、グッズを身に着けたり……もちろん友人に推しの話をしたり、Twitterでつぶやくことも「好き」の表現手段のひとつ。

この連載では、書籍『浪費図鑑』をはじめ、オタク女子たちの「好き」をさまざまな形ですくいとってきた4人組ユニット・劇団雌猫とコラボ。推しに関するものをコレクションしている人の「好き」に着目し、コレクションの内容や、そこにこもった愛をインタビューしていきます。

今回取り上げるのは、シルバニアファミリーを愛するほづみさん。「シルバニアファミリー アンバサダー」としても活動する彼女のコレクションは?

プロフィール

ほづみさん(@hhhina_)
シルバニアファミリーをこよなく愛する大学生。プレゼン「いまからでもはじめられる シルバニアファミリーのすすめ」など、シルバニア愛のつまった発信により、多くのシルバニア好きを生み出している。

 

ー 今日はよろしくお願いします。早速、手元にシルバニアの仲間たちが(笑)。これは何という動物ですか?

ほづみ)4匹がシルクネコの赤ちゃんで、左の1匹がヤギの赤ちゃんです!(写真1)

写真1 手元に並んだ赤ちゃんたち写真1 手元に並んだ赤ちゃんたち

ー 見ているだけでいやされる……。近年、「大人が愛でるシルバニア」ブームが来ており、メディアで取り上げられることも増えました。ほづみさんはその中でも注目されているシルバニアアカウントの一つですが、ハマったのはいつ頃なんでしょうか?

 

 

ほづみ)シルバニアはもともと子どものおもちゃですけれど、私は「小さい頃にシルバニアを買ってもらえなかった人間」なんです。でも、幼馴染の家にあったので、それで遊んだ思い出はありました。そうしたら、たまたま2年ほど前にその幼馴染と会う機会があって。「ああ、この子の家にあったシルバニア、今なら自分で買えるんだな」と思って、おもちゃ売り場に行ったのが始まりです。ちょっとした出来心だったのに、気づいたら大変なことに……(笑)。

 

ー (笑)。最初に買った商品は覚えていますか?

ほづみ)「ようちえんおともだちセット」です! くるみリスくん、ショコラうさぎちゃん、ペルシャねこちゃんが幼稚園の制服を着ているセットなんです(写真2)。

 

写真2 ほづみさんのミシンの上に飾られた「ようちえんおともだちセット写真2 ほづみさんのミシンの上に飾られた「ようちえんおともだちセット」

ー 名前からして可愛い。

ほづみ)友達の家で遊んでいた当時は、発売されている人形は大人のどうぶつが多かったと思います。久しぶりに見たら赤ちゃんがかなり増えていて、とてもテンションが上がりました。買ったその日にワクワクして写真を撮りまくってTwitterに上げ、出かけるときも持ち歩くようになって、「いいもの買ったよ」と友だちにも見せて、すっかりシルバニア漬けの生活になりました。Twitterアカウントも、別にシルバニアのために作ったわけじゃなくて、10年くらい使ってるものなんですよ。ただのオタクだったはずなのに、写真を撮ってSNSにあげる工程にどんどんシルバニアがついてくるようになり、今は投稿する写真ほとんどに写り込んでいます(笑)。

 

ー もともとかわいいものが好きだったんですか?

ほづみ)そうですね。小さいころからアニメがすっごい好きで、小学生の時点で京都アニメーション作品や、「魔法少女リリカルなのは」といった、いわゆる萌えアニメをよく観ていました。高校にあがる頃には「アイカツ!」「プリパラ」シリーズのような女児向けアイドルアニメにハマるように。しばらくはそこで遊んでいたのですが、ここ最近はシルバニアと「仮面ライダー」沼にいる状態です。「アイカツ!」、「プリパラ」は集めるものといったらカード類くらいだし、「仮面ライダー」のおもちゃもそこまで収集してないので、自宅は一気にシルバニア一色になりました。

ー 今日は画面越しにご自宅を拝見してますが、後ろの棚が圧巻ですね(写真3)。

写真3 自宅のディスプレイ写真3 自宅のディスプレイ

ほづみ)買うのは人形だけで、家を買うつもりはあんまりなかったんですよね。ただ、「シルバニアファミリーが好き」と公言しているうちに、友だちが誕生日プレゼントでシルバニアのおうちをくれるようになり。一番上に乗せているのはプレゼントにもらった「赤い屋根の大きなお家」と「はじめてのシルバニアファミリー」です。ふたつのおうちを、組み合わせて3階建てにできるんですよ。

 

ー えっ、すごい。そんなギミックが。

ほづみ)2階建てで使っていたときの写真もあります(写真4)。

写真4「赤い屋根の大きなお家」と「はじめてのシルバニアファミリー」写真4「赤い屋根の大きなお家」と「はじめてのシルバニアファミリー」

ー かわいい?! こうして見ると、やはり人形は子どもが多いですね。

ほづみ)圧倒的に多いですね?。3階建てバージョンのおうちを見てほしいんですが、左の一番上の階を「赤ちゃんたちがやっているレストラン」という設定にしています。右の一番上の階は「お風呂場」ですね。ルームセットという商品ラインがあり、それを使うと、一部屋一部屋コンセプトを持ったレイアウトにしやすいんです。

 

ー シルバニアを買うときは、通販で買うんですか?

ほづみ)私は家電量販店に行って買うことが多いですね。気軽に行けるし、値段もリーズナブルですし。一般流通していない限定商品もあるので、それが欲しいときにはちょっと遠出して、エポック社がやっている専門ショップ「森のお家」に行きます。棚の右上の一角に、森っぽいエリアがあるじゃないですか。トイザらス限定品「妖精さんのひみつの木」(奥)と、「かわいいひみつのおうちセット」(手前)なんですけど(写真5)、ここにいる赤ずきんとオオカミの着ぐるみの子は「赤ちゃんペアセット おゆうぎ(赤ずきん)」という、当時はショップだけで売っていたアイテムです。

ウサギ、ヒヨコ、クマの着ぐるみを着ている「赤ちゃんトリオ(マスコット)」とオレンジ、ブドウ、イチゴの着ぐるみを着ている「赤ちゃんトリオ(フルーツ)」はシルバニアファミリーの公式オンラインショップ限定でした。たしか2,600円くらい。きのこの帽子をかぶってる「赤ちゃんトリオ(きのこ)」も買った時はシルバニア展限定商品でした。

写真5 限定衣装を着た赤ちゃんたち。写真5 限定衣装を着た赤ちゃんたち。

ー 苦労して手に入れたものはありますか?

ほづみ)「シルバニアファミリー わくわくフェスタ」のような催事が年に何度かあり、催事限定商品が売ってるんですね。そこで売ってる福袋の中にめっちゃレアな商品が入っている……なんてこともあるので、そういう時はちょっと頑張って手に入れてますね。苦労したわけではないですが、レアなのは棚の右下ブロックにいる、薬剤師のヤギさんかなあ(写真6)。この子が入っていた「くすり屋さんセット」がもう廃盤になっていて。

写真6 右が「くすり屋さんセット」のヤギさん写真6 右が「くすり屋さんセット」のヤギさん

ー 過去のものを遡って買うこともあるんですか?

ほづみ)ほとんどないですね。現行で売ってるものはここ5年くらいのもので、さらに前のものは廃盤になっているのですが、今手に入るものがすごくかわいいし、それで満足しているので。

 

ー とくに好きな動物は?

ほづみ)冒頭でもお見せしましたが、シルクネコちゃんですね。私にとって一番「かわいい!」となる子です。

 

ー 家にお人形が何体いるかは把握してますか?

ほづみ)最近さらに箱買いなどもしてしまい確実に200体を越えました……。月5?6体ペースで買っているのかな。人形自体は同じ種類をある程度持っていたら「もういいかな」となる部分もあるのですが、さっき話したような限定衣装でセット売りがされていると、「かわいい!買う!」とならざるをえないので、そんなことに……(笑)。

 

ー 月6体買ったとして5,000円くらいなので、オタク趣味にかけるお金としては相当ライトですよね。

ほづみ)そうなんです! 友だちからプレゼントにもらう話をしましたけど、私からも誰かが「シルバニアいいな」と言っていたら、「この子にはこれがいいんじゃないかな」と考えて1体プレゼントしたりしています。重宝しているのが「赤ちゃん探検シリーズ」。「冒険」がテーマの、小物と赤ちゃん人形のセットなのですが、なんと1体300円ほどで販売しているんです。

 

ー お買い得!

ほづみ)これを通販で箱買いしてリュックに常に入れておき、私のシルバニアに興味を持った子がいたら「あ、いる?」を一袋渡す。みんな結構喜んでくれるし、それ自体が良いプレゼンになってますね。お人形って買わないと始まらないですけど、やはり大人になってから買うのが抵抗ある人もいるじゃないですか。でも、あげてしまえばこっちのもの(笑)。結果的に「他の小物を買ってあげたいな」「小さめのおうちが欲しいな」と、自分でそろえるようになった友だちもいます。

 

ー ほづみさん、布教が本当にうまいですよね。

ほづみ)私の布教がうまいというより、シルバニアファミリーが、こんなに人に勧めたくなる魅力を持っているということだと思うんですよね。お人形のうつった写真をあげるようになってすぐ「自分もシルバニアはじめました」とか「小さい頃使っていたものを家から引っ張り出しました」という声が届いてとても嬉しかったので、もっと積極的にシルバニアの良さを伝えていきたいなと思って、「シルバニアファミリーのすすめ」のようなプレゼンも作るようになりました。

 

 

ー 写真もかわいいですし、「価格はAmazon調べ」とか、すごく親切ですよね。

ほづみ)別にもともとプレゼン能力があったわけでもないんですが、「プリントアウトして友達に配れる」を基準に作りました(笑)。もともと私のフォロワーって2000人くらいしかいなかったんですが、今は1万1000人を超えていて、単純に考えて約9000人が、シルバニアファミリーで増えたと言えると思います。老若男女問わず好きになってもらいたい存在です。

 

ー 愛があふれたトークをありがとうございます。後編ではディスプレイ・収納のコツや、外出して参加する「現場」のお話も聞いていきたいと思います!

▼後編はこちら

マグカップの横に置くだけで毎日が特別に。「シルバニアファミリー」オタク・ほづみさんの場合(後編)-【連載】私たちコレクターズ #002

・「シルバニアファミリー」「シルバニア」は、株式会社エポック社の登録商標です。
・「Twitter」は、 Twitter, Inc.またはその関連会社の登録商標です。
・その他、当サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は、一般に各社の登録商標または商標です。

Series 連載コラム

一覧はこちら

Page top