公式twitter

まさかわたしが主人公!?マンガ好きすぎでこんな企画しちゃいました!

マンガと聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?
アラフォープランナーおーじろーが思い浮かべるのは、小さいころ読んだ少女マンガ雑誌!

生粋の少女マンガ育ち。

すごく幼いころ、従姉たちが読んでいた「りぼん」を初めて読んで、衝撃的なときめき爆弾に心つかまれたわたし。
それ以来、親におねだりしては、雑誌やコミックスを買ってもらい、ピアノ教室の待合に置いてあった「別冊少女コミック」を読むのをめちゃくちゃ楽しみにしていました。むしろピアノのレッスンより、マンガを読むために通っていた疑惑も!?
小学生の高学年になると、いつか素敵な彼が現れて、両想いになって(時に戦いに巻き込まれて)……と妄想をもくもく膨らませるようになりました。

1990年代はマンガ雑誌の黄金期(おーじろーの私見)

単純にわたしのティーンエイジャー時代が90年代ってだけかもですが、当時はマンガ雑誌の種類もたくさんあって、追いつくのが大変でした(笑)
ざらっとしたあの紙に、ピンクやオレンジ、パープルで印刷されたマンガ。全プレ(応募者全員プレゼント)の時は必死で毎月雑誌を買っていましたね。裏表紙に載ってるなぞの運気アップのネックレスや、日ペンの美子ちゃんまで、しっかり読み漁っていました。

 

わたしもマンガの主人公になってみたい!?

マンガみたいにぶっとんではないけれど、意外に自分の人生ってドラマチックな展開(めちゃくちゃ素敵ではなくても!)がありませんか?いつかマンガの主人公になってみたい思いが強すぎて、「あなたの人生マンガにしませんか?」という企画をしちゃいました!

2019年フェリシモの夢くじで、抽選で3名様に当たります。
とってもかわいくてキラキラしたタッチが素敵な桜庭ゆい先生(@sakuran_co)にマンガにしてもらえるんですよー!
わたしだったら大好きな推しアイドルを初めて知った時のこととか、推しアイドルのサイン会に行った時のこととかを描いてもらおうか、と妄想しています。(←わたしは当たりませんが涙)
自分も推しアイドルもかわいく描いてもらえるチャンスなんてめったにないですよー!

しかも描いてもらったマンガを3冊もらえるので、1冊はファンレターのようにアイドルに送ってもいいかも!?なんて。
他にも、親友とのエピソードを描いてもらって、親友にプレゼントしたり、彼との出会いを描いてもらって結婚式でお披露目するのも素敵ですよねー!また、お子さんが生まれた時のことを描いてもらって、お子さんが大きくなったらプレゼントするなど、様々な楽しみ方ががありそう!

みなさまもフェリシモのメリーポイントをお持ちでしたら、ぜひぜひご応募くださいね!
お申し込みはこちらから!2020年2月分までのお申込みとなっております。
https://www.felissimo.co.jp/merry/wk48987/gcd931073/

Series 連載コラム

一覧はこちら

Page top