日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

きらりと輝くナナツボシ 妙見菩薩グラスコード

きらりと輝くナナツボシ 妙見菩薩グラスコード

お申し込み番号:762075

1本

¥4,300(+10% ¥4,730

定期便 ジャストワン

私たちは自然の中で生きている。北斗七星の光が、気づかせてくれる。

北斗七星をグラスコードに。 「北辰信仰」が伝わるお寺・能勢妙見山とコラボレーションし、北斗七星をイメージしたグラスコードを作りました。7つの星は天然石ラピスラズリ、北斗七星にひっそりと寄り添う8つ目の星「輔星(ほせい)」は妙見山のブナ原生林のブナ珠で表現しました。男女を問わずオン・オフ選ばず日常使いや屋外でも大活躍。星という自然の「灯り」を意識することで、すべては縁であり、自然の一部であるということを思い返すきっかけになればうれしいです。

数量

ショッピングバッグに入れる

キャンペーンについての注意事項はこちら

●素材 / グラスビーズ、天然石(処理石)、天然木、真ちゅう、ステンレスワイヤー、シリコーン
●サイズ / 全長約77cm、ブレスレット・ネックレス時長さ約74cm
※天然素材を使用しているため、色や形が多少異なります。
※予約商品につき、不良品以外の交換・返品はお受けできません。
(日本製)

お届けパターン:ジャストワン

■ 掲載画像の商品を1回だけお届けします。
■ 次月以降のお届けはございません。

DETAIL

  • フェリシモメリー|きらりと輝くナナツボシ 妙見菩薩グラスコード|私たちはそろそろ、「自然の中で生きている」ことを思い出さないといけないのではないでしょうか。エアコンを使って自然とのつながりを手放したり、スマホやネットによって、今この時間を生きる、感じることをディスプレイの中の切り取られた記憶で楽しむなど、本来の人間の在り方から離れてしまっているような気がします。技術の発展が問題なのではなく、なんでもコントロールできると錯覚し、自然とのつながりを意識しなくなったことは、とてもさみしいことだと感じています。 仏教では、何より「縁」を大切にします。すべてのことは縁によって起こる、これを「縁起」といい、人間同士の関わりだけでなく、自然の中で生きることもまた縁なのだそうです。私たちの思うままにコントロールしようのない自然の中に生きていると考えると、なんだってあり得る、なんだって起こり得ることに気づかされます。今回のメリープレゼントは、私たちのこれからの生き方のひとつとして、自然との距離を再確認させてくれるコラボレーション企画として取り組みました。私たちはそろそろ、「自然の中で生きている」ことを思い出さないといけないのではないでしょうか。エアコンを使って自然とのつながりを手放したり、スマホやネットによって、今この時間を生きる、感じることをディスプレイの中の切り取られた記憶で楽しむなど、本来の人間の在り方から離れてしまっているような気がします。技術の発展が問題なのではなく、なんでもコントロールできると錯覚し、自然とのつながりを意識しなくなったことは、とてもさみしいことだと感じています。 仏教では、何より「縁」を大切にします。すべてのことは縁によって起こる、これを「縁起」といい、人間同士の関わりだけでなく、自然の中で生きることもまた縁なのだそうです。私たちの思うままにコントロールしようのない自然の中に生きていると考えると、なんだってあり得る、なんだって起こり得ることに気づかされます。今回のメリープレゼントは、私たちのこれからの生き方のひとつとして、自然との距離を再確認させてくれるコラボレーション企画として取り組みました。
  • フェリシモメリー|きらりと輝くナナツボシ 妙見菩薩グラスコード
  • フェリシモメリー|きらりと輝くナナツボシ 妙見菩薩グラスコード|「北辰信仰(ほくしんしんこう)」は、北極星または北斗七星を神格化した、尊星王(そんしょうおう)、北辰菩薩(ほくしんぼさつ)、北辰尊星妙見菩薩(ほくしんそんしょうみょうけんぼさつ)に対する信仰。その昔、星の王様が妙見山に降りてきたという言い伝えがあり、天平(てんぴょう)勝宝(しょうほう)年間(750年ごろ)に山頂に北辰星をお祀りしたのが始まりと伝えられています。太古より北を指し示し輝く北極星は、旅人の指針として仰ぎ見られてきました。このことから、北極星は人生の道を導き開いてくれる開運の守護神として、また、指針を示すということで学問の守護神として祀られ、深い信仰を今に伝えています。「北辰信仰(ほくしんしんこう)」は、北極星または北斗七星を神格化した、尊星王(そんしょうおう)、北辰菩薩(ほくしんぼさつ)、北辰尊星妙見菩薩(ほくしんそんしょうみょうけんぼさつ)に対する信仰。その昔、星の王様が妙見山に降りてきたという言い伝えがあり、天平(てんぴょう)勝宝(しょうほう)年間(750年ごろ)に山頂に北辰星をお祀りしたのが始まりと伝えられています。太古より北を指し示し輝く北極星は、旅人の指針として仰ぎ見られてきました。このことから、北極星は人生の道を導き開いてくれる開運の守護神として、また、指針を示すということで学問の守護神として祀られ、深い信仰を今に伝えています。
  • フェリシモメリー|きらりと輝くナナツボシ 妙見菩薩グラスコード

ページのトップへ

フェリシモメリー