日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

太田記念美術館×フェリシモミュージアム部 絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ

お申し込み番号:309908

1個

¥2,100(+10% ¥2,310

定期便 ジャストワン

石のからだに虎の足としっぽ 「虎子石」ってなあに!?

江戸の浮世絵師歌川 芳員(うたがわよしかず)が描いた謎の動物。もともと「虎子石」という名の大磯に祀(まつ)られた石を、芳員が想像力とユーモアで、「石」のからだに「虎」の足としっぽを付けて、動物のように描きました。太田記念美術館のTwitterアイコンも務める虎子石。なんとも愛嬌(あいきょう)のある姿に心奪われたミュージアム部員が、どうしても作りたい! と熱望して今回のコラボが実現しました。浮世絵の中でも、人々は驚きながらも何だか楽しそうではありませんか? 一緒にお出かけしたり、おうちでまったりしたり……現代でも虎子石と一緒の暮らしを楽しんでください。

数量

ショッピングバッグに入れる

キャンペーンについての注意事項はこちら

■素材 / ポリエステル100% 内生地・中わた:ポリエステル100% ※洗濯不可
■サイズ / 全長約11cm(しっぽ含まず)、幅約8cm、高さ約8cm
※対象年齢6歳以上
※この商品は、お申し込みいただいた月だけお届けします。
(中国製)

お届けパターン:ジャストワン

■ 掲載画像の商品を1回だけお届けします。
■ 次月以降のお届けはございません。

関連アイテム

Kraso[クラソ] |太田記念美術館×ミュージアム部 虎子石クッション

虎子石クッションはこちら

Kraso[クラソ] |太田記念美術館×ミュージアム部 十二支マスコット

家内安全ヲ守十二支マスコットはこちら

  • Kraso[クラソ] |太田記念美術館×フェリシモミュージアム部 絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ
  • Kraso[クラソ] |太田記念美術館×フェリシモミュージアム部 絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ
  • Kraso[クラソ] |太田記念美術館×フェリシモミュージアム部 絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ
  • Kraso[クラソ] |太田記念美術館×フェリシモミュージアム部 絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ
  • Kraso[クラソ] |太田記念美術館×フェリシモミュージアム部 絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ
  • Kraso[クラソ] |太田記念美術館×フェリシモミュージアム部 絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ|もっちりとしたポーチ部分には、このくらい入ります。
  • Kraso[クラソ] |太田記念美術館×フェリシモミュージアム部 絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ|歌川芳員「東海道五十三次内 大磯 をだハらへ四り」嘉永6年(1853)9月 四ツ切判錦絵 太田記念美術館蔵
  • Kraso[クラソ] |太田記念美術館×フェリシモミュージアム部 絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ

PREV

NEXT

ZOOM

DETAIL

  • Kraso[クラソ] |太田記念美術館×フェリシモミュージアム部 絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ

  • Kraso[クラソ] |太田記念美術館×フェリシモミュージアム部 絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ

  • Kraso[クラソ] |太田記念美術館×フェリシモミュージアム部 絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ

絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石ぬいぐるみ

絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ

石のからだに、虎の手足としっぽ。そしてつぶらな瞳と上がった口角がなんとも愛嬌のある表情の不思議な生き物。この子の名前は「虎子石(とらこいし)」。こちらも太田記念美術館さんが所蔵する浮世絵に描かれた、空想上の生き物です。

■浮世絵に描かれた「虎子石」

絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ

歌川芳員「東海道五十三次内 大磯 をだハらへ四り」
嘉永6年(1853)9月 四ツ切判錦絵 太田記念美術館蔵


元の作品がこちら、江戸時代の絵師・歌川芳員(うたがわ よしかず)による浮世絵。東海道の大磯宿に突然現れた虎子石に、驚く人々の様子がコミカルに描かれています。

もともと虎子石とは、軍記物語のひとつである「曽我物語」に出てくる遊女・大磯の虎が大事にしていたという、不思議な力を持った石のなまえ。歌川芳員は虎子石を描くとき、ふつうの石ではなく「虎」+「石」を文字通りくっつけて、新たなオリジナルキャラクターを作ってしまったのです!

なんという自由な発想とオリジナリティ!浮世絵ってなんて自由で面白いんだろう、と虜になってしまったミュージアム部員。2010年から虎子石の魅力を見出し、発信し続けている太田記念美術館さんに、今回のコラボをお願いすることになったのでした。

■一緒にお出かけ!虎子石もっちりポーチ

絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ

ミュージアム部の企画は「暮らしの中で楽しめること」を大切にしています。そこで、まずは虎子石と一緒にお出かけできるポーチをつくりました。

芳員が描いた虎子石は1アングルのみのため、こんな顔ではないだろうか……目と口が離れすぎないバランスに……と、太田記念美術館のみなさまにチェックしていただきながら調整を重ね、360度どこから見ても愛される仕上がりに。

絵師のユーモアが生んだ珍獣 虎子石(とらこいし)もっちりポーチ

おなかの部分がポーチになっています。たくさんは入りませんが、リップクリームや目薬、あめなどの小物を虎子石のもっちりボディーが包み込んでくれますよ。


日本が世界に誇るアート、浮世絵をうきうき楽しもう!

江戸~大正期の風俗が描かれた絵画「浮世絵」は、 ゴッホやモネを代表とするヨーロッパの芸術家に大きな影響を与え、現在も日本が世界にほこるアート作品。

「浮世絵のこと、もっと知りたい!」と興味がわいた方には、浮世絵を専門とする美術館、太田記念美術館さんのユニークな展示や発信を本当におすすめします!

「浮世」という字は、江戸時代に「辛いことの多い世の中(憂き世)を、うきうき浮かれて楽しく暮らしを謳歌しよう」という意味が込められた当て字とも言われています。 時代を超えて浮世絵の世界から飛び出した、どんな時もうきうき明るい気分にしてくれそうな不思議で楽しい動物たち。一緒にお出かけしたり、おうちでまったりしたり、素敵な毎日をお過ごしください。

CATALOG

カタログ

  • 新作デジタルカタログ
  • カタログ無料プレゼント!

SHOPPING GUIDE

ショッピングガイド

[初めての方へ]お買い物ガイド

ページのトップへ

毎日をハッピーにするインテリア・キッチン収納・生活雑貨の通販ならKraso [クラソ]

Kraso[クラソ]