フェリシモCompany

「決してあきらめない~積み重なる力は奇跡を起こす~」

映画監督

田中光敏さん

開催日
Share
Twitter
Facebook
Line

Profile

1958年生まれ。北海道浦河町出身。(株)クリエイターズユニオンを設立。
CMディレクターとして数多くの作品に携わり、ACC賞、日本放送連盟賞など数多くの賞を受賞。 2010年より北海道浦河町観光大使。2017年より越前あわら観光大使。
大阪芸術大学映像学科教授。和歌山大学国際観光学研究センター客員研究員。

映画デビュー作『化粧師-kewaishi』は、第14回東京国際映画祭・コンペ部門出品最優秀脚本賞受賞作品、 上海国際映画祭招待作品。第27回報知映画賞助演女優賞(菅野美穂)。
第二作目の『精霊流し』は、さだまさし原作の小説を映画化し、 第21回日本映画復興賞奨励賞受賞。第46回ブルーリボン賞助演男優賞(山本太郎)。
三作目にあたる『火天の城』は、歴史的主要人物ではなく裏方に焦点を当てた物語として 新しい時代劇映画として高い評価を得、ムンバイ国際映画祭に招待される。 第33回日本アカデミー賞優秀美術賞・第41回照明技術賞最優秀照明賞受賞作品。
映画監督作四作目「利休にたずねよ」にて、第37回モントリオール世界映画祭・最優秀芸術貢献賞受賞、 第37回日本アカデミー賞最優秀美術賞受賞、優秀作品賞、主演男優賞(市川海老蔵)等 9部門で優秀賞受賞。「利休にたずねよ」の演出力が評価され、 第30回山路ふみ子文化賞、2014年おおさかシネフェスティバル監督賞を受賞。
第五作目の「サクラサク」は、さだまさし原作のロードムービー。 第38回モントリオール世界映画祭のフォーカス・オン・ワールドシネマ部門正式招待作品。 第1回アジア国際映画祭正式招待作品。最優秀監督賞、最優秀女優賞、最優秀音楽賞受賞。
第六作目は、海外との合作映画「海難1890」(日本・トルコ合作映画)。 第39回日本アカデミー賞最優秀美術賞。最優秀録音賞受賞。また、優秀監督賞をはじめ、優秀作品賞等、10部門にて優秀賞受賞。最新作は「天外者」。(公開日未定)

※プロフィールは、ご講演当時のものです。

講演録 Performance record

Share
Twitter
Facebook
Line
ページトップへ戻る
Entry お申し込みはこちら