flufeel

みんなで解決

実は話

ずれにくい! もうお直し不要。 悩み多き大人女性のためのブラインナー。


こんにちは! プランナーTです。

みなさん、ブラインナーはお持ちですか? その着け心地のらくちんさから、誰もが一枚は持っていそうな定番インナーになりましたよね。

近ごろは種類も豊富で、どれを選べばいいのかわからないというお声もちらほら。ブラインナーもブラジャーと同じで、からだにぴったり合わないとストレスになって、せっかくのらくな着け心地が残念なことになりかねません。

 

ブラインナーは、ブラジャーよりアンダーがきつく感じる?


私は正直これ!というブラインナーに長年出合えていませんでした。「ワイヤー入りのブラジャーよりも断然らくなはずなのに、なぜ苦しく感じるの? 私だけ?」と、モヤモヤ……。考えた結果、ブラインナーはストレスフリーに工夫されているものの、アンダー部分だけはゴムを使用しているため、これがどうやらきつい。私がブラインナーにストレスを感じていたのはアンダーまわりだったと気づきました。

プランナーとして、まずアンダーにゴムを使わないブラインナーを考えましたが、ブラジャー機能のあるインナーである以上、当然胸を支えなければいけません。「ゴムを使って締め付けないと支えられない。ゴムなしなんて考えられない……」と、半ばあきらめモードに入っていました。

そんなとき、ある素材に出合いました。その名も「超極細ポリエステルナノファイバー ナノフロント(R)」。

この素材は以前から知っていましたが、実際に触ってみると繊維が微起毛状に広がっていて、滑りにくく、ひっかかるような感触。これにピピッ!っときました。「この素材をアンダーのゴム代わりに使えば、バストを支えられるかも!」。そう、ストレスなく肌にぴたりとフィットする理想的な素材だったのです。


その素材を生かすべく、ブラインナーの構造を決めていきました。従来はゴムが入っているはずの胸当てアンダー部分にナノフロント(R)を配置。これで重力で下がろうとする胸を止めると同時に、腕を上げ下げする際のお肉の移動もストップ! さらに、からだをひねった時にわきから背中へ移動するお肉をキャッチするように、わき部分にもテープを付けました。

こうすることで、ブラインナーの気軽さはそのままに、ストレスフリーな着け心地と胸をしっかり支える機能が両立可能になったのです。

 

テーマはいつもストレスからの解放!


私は常々、インナーは女性のからだのいちばん近いところで私たちを守ってくれるものであってほしい、と考えています。着けることにストレスを感じるようでは元も子もありません。そこで、アンダーを締め付けない構造以外にもストレスを減らす工夫を盛り込んでいきました。

肩にくいこまず、ずれにくい幅広のびのびストラップや、ブラインナーにつきものである胸もとのパカパカを解消するフィット性、敏感になった大人肌にもやさしい綿混率95%の伸びやかな綿フライス素材。

そして、一枚で着てもインナーには見えないデザインにこだわりました。

こうして、発案から4度のサンプルアップを経て、念願の「苦しくないのに、アンダーがずれにくいブラインナー」がデビューすることになったのです。
ストレスのない、まるで着ていることを忘れてしまうかのようなこの着心地をぜひ体感してみてくださいね。手放せなくなること請け合いですよ~。

聞かせて みんなの実は話

聞かせて みんなの実は話