flufeel

みんなで解決

実は話

Q.24 下着選びで「ときめき」って大事にする?

今回は編集部の疑問をみなさんに聞いてみました! お店の雰囲気や、カタログ写真などにときめいたり、下着のデザインを見てわくわく! そんな楽しい気持ちで下着を選ぶ(購入する)ことはありますか?下着選びでときめくってなんだか素敵ですね。下着を選ぶ時に「ときめき」を大事にしてますか?のアンケート結果発表です。

下着選びでときめきを大事にしている?

 

 

「ときめき」を大事にしているという方は56%、大事にしていない方が44%と、ほぼ半々のアンケート結果になりました。「とにかく下着選びはときめきが不可欠!」という方から、「以前はときめきを感じて下着を選んでいたけれど今は……」と、ときめきを重視されていない方までいろいろなお声をいただきました。そんなみなさんのお声をご紹介いたします。

 

どんなときのために、ときめきを大事してる?

ときめきは大事という方は「今日もがんばろう!と思える下着を選びます。」や「落ち込んでいる時もステキな下着を着けることで前向きになるための第一歩になる。」「誰かに見せるためではなく自分のテンションアップのために、かわいいもの(年相応ではないものも!)やゴージャスなものを選びます。気分を上げたいときのために下着を選んでいるというお声が。「仕事では地味なものを着けているから、休みの日には気分を上げるためにデザイン性のあるものを着けている」や「旅行や外出するときに、楽しい気持ちになるようにデザインを重視したものを着けるなど、下着を気分転換のアイテムとしている方も多く見られました。見えないからこそチャレンジできるのが下着です。ときめきを大事にして下着選びをするのがよくわかります。自分に合った形が大前提ですが、好みのものしか着けたくないので、おばさんっぽくないようにとか、自分が抱く自分のイメージを大切にして選びます。」というお声や「その時の状態や出かけるところにいちばんいい下着を選んでいますが、そのなかでもどこかにときめきがほしいと思っている。というこだわりの声も。自分がときめく下着を着けることが、気分アップとなりポジティブになれるって素敵ですね。

 

ときめきを感じる下着ってどんな下着?

それでは、ときめきを感じる下着はどんな下着なのでしょうか?「見せブラジャーのように肩ひもが見えても素敵な刺しゅうデザインや「花柄レース地や花柄刺しゅうが好きです。などのちょっと凝ったデザインのものや、「大好きな猫柄やデザインがかわいいものなどを重点的に選びます。」と、ご自身の好きな柄やかわいいものを選んでいる方が多いよう。見えないから思いっきりかわいくしてもいいですよね、テンションが上がります。ピンクやパステル系の色が好きですが、服装やイベントごとに合わせて隠れたコーディネイトを楽しむこともある。」というおしゃれの一部として楽しんでいる方も。また、休みの日はちょっと気分を上げたいのでデザインで選びます。ただストレスになるようなもの(くい込んだり、かゆくなったりするもの)は、一日中気になってしまうので素材も考慮します。」や「ストレスにならない下着は安心します。かわいいデザインで着心地が最高なのはテンションが上がります。かわいいものやデザインで選びながらも機能性は重視しているというお声も多かったです。ときめく下着で気分を上げても、機能性がよくないと、着心地が悪くて、ストレスにもつながるので、外せないポイントのようです。

 

ときめきよりも大事!がたくさん

ときめきを大事にしていなという方は、「40代後半ともなると肉はタプタプ、肌も若いころに比べ大分弱くなっているので、下着は着心地かつ、その上に着る服に下着のラインが出ない事を重視してます。」「レースや飾りは必要ない。シンプルで肌にやさしい無縫製のブラとか」とときめきよりも、もっと大事にしているポイントがあるというお声がたくさん届いております。私も年々、体形や肌質が変わるにつれて、ボディーラインの補整を下着でなんとかしたい!とか、やっぱりらくなのが一番と下着を選ぶ基準が変わり、ときめきを重視しなくなってしまいました。「カラフルなレースや柄は夏は透けてしまうからほとんど着けない。レースの下着もTシャツを着るとボコボコが出てイヤ。」や、「インナーは黒かベージュで、レースは外にひびくからあんまり選ばない。改めて書くと色気ないなあと思いました。」というお声も。凝ったデザインの下着にときめきなどを重視してしまうと、洋服に透けてしまったり、レースのものであればアウターにひびいてしまうからというマナーを気にしたお声もありました。

 

やぱり機能性は外せない

透けにくいとか、らくとか、補整ができるとかで選んでいる」や「デザインで選んでも、着心地が悪ければ結局身に着けなくなります。身に着けた時に体形が整ったり、バストの形がよく見えたりすると気分がアップする」というような、下着には機能性が外せないというお声が、ときめきを大事にする、しないに関係なくいらっしゃっいました。また「ときめきよりも素材重視!」「デザインがかわいかったり、好みのものであっても、長時間身に着けるものなので、やはり肌当たりが気になる下着の素材に気をつけているという方も多く、外せないポイントの一つのようです。下着は、一日中着けているものだから、自分自身が大事にするポイントがいろいろありますね。
「ときめき」と一言でくくっても、いろんな意見あったように、とらえ方がたくさんあることに驚きました。「ときめき」が持ってるポジティブなスイッチっていいですね。私もときめきたい!と思いました。次に買う下着はひさしぶりにときめきを重視してみようかな。

 

心地よさも華やぎもかなえるランジェリー

▼肌に溶け込む絶妙カラーで大人の品格アップ「マナーブラ&ショーツ」を見る

▼やわらかお肉をそっと包んでキープ「コットンブラ&ショーツ」を見る

▼バストとウエストを理想のラインに導く「レーシーノンワイヤーブラ&ショーツ」を見る

幅広レースで背中の段差解消 究極の美背中メイク「背中美人ブラ&ショーツ」を見る

▼すっきりシルエットをかなえながら大人のやわ肌へも配慮「スリムメイクブラ&ショーツ」を見る

 

お悩みから 自分に合った下着を探す

▼「わきぷよ肉・背中の段差」を見る

▼「締め付けたくない」を見る

▼「下着の透け・ひびき」を見る

 

アイテムから 自分に合った下着を探す

▼flufeel「ブラジャー一覧」を見る

▼flufeel「ブラジャー&ショーツ一覧」を見る

▼flufeel「カップ付きトップス・ブラトップ一覧」を見る

▼flufeel「ヨガ気分ブラ」を見る

 


イラストレーター 福場さおり
下着選びの基準は機能重視。年齢と共に変わってゆくからだを下着でなんとかしたい。気になる商品は試さずにいられない、そんな悩める大人世代のネット通販大好きイラストレーター。


Q.24 下着選びで「ときめき」って大事にする?

聞かせて みんなの実は話