ボタンのつけ方-2つ穴・4つ穴・足つき・スナップボタン・マグネットボタン

2019年6月26日(水曜日)

ボタンの種類

ふだんは手づくりをしない人でもボタンのつけ方は覚えていたいもの。ボタンの種類もさまざまなので、しっかりマスターして応用がきくようにしておきましょう。

◇ボタンのつけ方

糸は通常2本どりにして端を玉結びします。太い糸を使用する場合やボタンの穴が小さい場合は、1本どりにしましょう。糸はボタンの色に合わせるのが一般的です。

・2つ穴ボタンのつけ方

2つ穴ボタンのつけ方1

布の表から針を入れてボタン付け位置をひと針すくい、ボタン穴に糸を通して、さらに布の裏に針を出して糸を引きます。(イラストは糸を1本どりで描いてますが、2本どりの場合も縫い方は同じです。)

2つ穴ボタンのつけ方2

ボタン穴と布に2〜3回糸を通しますが、このとき「糸足」と言われるゆるみを持たせます。(シャツの場合は、0.3cm程度。厚い布の場合はもう少し長めにゆとりを持たせましょう。)

2つ穴ボタンのつけ方3

ボタン穴に通し終えたところで、一度針を止め、糸足に上から下へ糸を巻きつけます。

2つ穴ボタンのつけ方4

巻き終わりは輪に針を通し、糸をしっかりと引き締めます。

2つ穴ボタンのつけ方5

針を布の裏に出します。この後、さらに布を2回ほど小さくすくっておくと丈夫に仕上がります。

2つ穴ボタンのつけ方6

布の裏側で玉止めをし、表に針を出してから糸をカットするとすっきり仕上がります。

・4つ穴、5つ穴などの場合

2つ穴ボタン・4つ穴ボタン・5つ穴ボタン

4つ穴やそれ以上穴のある変わりボタンも付け方は2つ穴と同じです。4つ穴の場合、糸をクロスに渡すと摩擦で糸が痛むため、平行に渡す方が丈夫とも言われますが、見た目のデザイン重視で糸の渡し方や色を工夫するのも楽しいですよ!

・足つきボタンのつけ方

足つきボタンのつけ方1

足つきボタンは「糸足」を作る必要がありません。布の裏から針を入れ、穴に3回くらい通します。

足つきボタンのつけ方2

最後は布の表で玉止めをして、縫い目に糸をくぐらせてからカットします。

◇スナップボタンのつけ方

・縫いつけタイプのスナップボタンの場合

針と糸でスナップボタンを付ける場合1

布の表から針を入れて、ボタン付け位置をひと針すくいます。

針と糸でスナップボタンを付ける場合2

スナップボタンの裏から穴に糸を通し、付け位置にスナップボタンを固定して、穴のすぐ外側に針を刺して布をすくいます。

針と糸でスナップボタンを付ける場合3

糸を少し引いて、輪になったところに針を通し、糸を引き締めます。

針と糸でスナップボタンを付ける場合4

ひとつの穴につき3回くらい②と③を繰り返し、次の穴に移ります。

針と糸でスナップボタンを付ける場合5

最後はスナップボタンのきわで玉止めして、スナップの下をくぐらせてから糸をカットします。

スナップボタンを目立たせたくないときは

スナップボタンを薄めの布でくるむ方法があります。縫い付けるときは、針で刺して穴の位置を確認しましょう。

スナップを目立たせたくない場合1

スナップの2倍の直径の布を用意します。

スナップを目立たせたくない場合2

目打ちで布の織り糸の間を広げるようにして、中心に穴を開けます。

スナップを目立たせたくない場合3

布端から0.2cmくらい内側をぐし縫いします。

スナップを目立たせたくない場合4

スナップボタンの凸の部分を穴に入れ、ぐし縫いの糸を引きしぼり玉止めをします。

スナップを目立たせたくない場合5

もう片方も同様にしてくるみます。何度か付けはずしをすると布がなじんできます。

・打ち具を使うスナップボタンの場合

アメリカンホック

スナップボタンーAタイプ

既製服の前ボタンなどにも使用されているパーツで、片面がリング状になっているものはアメリカンホックと呼ばれています。いろいろな大きさや色が市販されています。

スナップボタンを付けるのに必要なパーツ

凹側、凸側それぞれに2個のパーツを使用します。使う道具は3種類。打ち台は両面使えるものがセットされている場合もあり、写真で見えているのは凸側をつける際に使用する面です。

スナップボタンーAタイプの付け方1

取り付け部分(2ヵ所)に穴をあける。凹側凸側の取り付け位置がずれないように注意する。

スナップボタンーAタイプの付け方2

まずは凹側から。布の表側からボタンの足を①で空けた穴に差し込む。

スナップボタンーAタイプの付け方3

打ち台の上にボタン、布地(表を下にする)、バネの順になるように重ねて置き、打ち具でボタンが動かなくなるまでボタンの足をつぶす。

スナップボタンーAタイプの付け方4

凸側も同様に、打ち台、ホソ、布地(表を上にする)、ゲンコの順にセットし、打ち具でホソがまわらなくなるまでホソの足をつぶせばできあがり。

リングスナップ

スナップボタンーBタイプ

リングスナップと呼ばれるこのタイプのボタンは穴あけの手間がない分、アメリカンタイプより簡単に取り付けができます。ほかの色も市販されています。

スナップボタンーBタイプの付け方1

布の表側からカラーツメを差し込み、硬い台の上にカラーツメ、布地(表を下にする)、上型の順になるように重ねて置き、打ち具でたたく。

スナップボタンーBタイプの付け方2

凸側も同様に、ツメ、布地(表を上にする)、下型の順になるように重ねて置き、打ち具でたたけばできあがり。

マグネットボタンは着脱のときに布地に力がかかる厚地向きです。切り込みを入れるので裏側には接着芯を貼りましょう。

◇マグネットボタンの場合

マグネットボタン 凹型 凸型 あて板 

マグネットボタンも着脱のときに布地に力がかかるので厚地向きです。切り込みを入れるので裏側には接着芯を貼りましょう。

マグネットボタン 手順①

マグネットボタンの取り付け位置を決め、足を入れる部分に小さめの切り込みを入れて差し込みます。

マグネットボタン 手順②

あて板を足に通し、足をしっかり外側に倒します。

マグネットボタン 手順③

凸型も同様に差し込み、あて板を通して足を倒せばできあがりです。

覚えておくと、ボタンつけも楽しくなる!

既製品の服のボタンが取れることもよくあるので、ボタンの基本はマスターしておきたいですね。また、ボタンの種類はいろいろあるので、作品づくりのときは、ぜひこだわってみてください。

クチュリエブログでは、ほかにも基本的な裁縫の手順や少し凝った刺しゅうなど、たくさんのお役立ち情報を掲載しています。手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!

▽裁縫・ソーイングの記事一覧はこちらから

▽裁縫・ソーイング の商品一覧はこちらから

▽クチュリエショップはこちら

本記事で紹介した商品はこちら

【月々¥100】「クチュリエクラブ」会員募集

「クチュリエクラブ」の会員になると、手づくり情報満載の会員誌『クチュリエの種』のお届けや、特別キャンペーンのご案内、手づくりイベントへの招待など、特典もいろいろ。

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。