フェリシモCompany

「フェリシモの基金活動」って?

1990年からスタートした、フェリシモの基金活動。お客さまおひとりおひとりの善意を基金というかたちでお預かりして運営し、これまでに集まった基金総額は24億円以上。


フェリシモでは、おひとりおひとりのお気持ちを「全額、直接的な支援活動に生かす」ことを原則とし、基金の広報活動や運営などの費用はフェリシモが負担しています。


忙しい日々のなか、大げさなことはできないけれど、ほんの少しでも社会の役に立ちたい……。フェリシモには、そんな思いを持つ方々と一緒に取り組む、たくさんの活動があります。お買い物をするだけで関連する活動や団体を応援できたり、毎月一口100円の寄付でさまざまな支援ができたり。これらの基金活動は、お客さま、お取引先さま、株主のみなさま、従業員、現地で活動を行う団体や個人のみなさまなど活動に関わるすべての人々によって支えられています。


人、自然、動物のこと……。多岐に渡るフェリシモ基金活動についてご紹介します。

【1】基金付き商品

商品価格の一部に基金が付いているので、お買い物するだけで応援できます。集まった基金はそれぞれの活動に寄付されます。

基金付き商品一覧はこちら


例えば……

【フェリシモ猫部】
猫をはじめとする動物保護活動を支援する、フェリシモの猫基金が付いています。

【幸福のチョコレート】
カタログに掲載されているすべてのチョコレートに、LOVE&THANKS基金が付いています。

【2】100円基金

毎月一口100円の寄付による参加をいただくことで、災害からの復興や森づくり、海外の子どもたちの支援などに活用されます。

100円基金一覧はこちら


例えば……

【もっとずっときっと基金】
東日本大震災を含む、国内で発生した自然災害からの復興・復旧、さらには防災、減災活動などの取り組みを支援できます。

【フェリシモの森基金】
国内外での森づくりや森林の維持・活用を支援できます。これまでに国内外42ヵ所で約2,782万本の植林が実現しています。

【3】メリーポイントによる支援

フェリシモが発行するお買い物ポイント“フェリシモメリー(mr)”を社会性のある活動に寄付するプログラムです。集まったポイントを金額換算し、それぞれの活動に寄付しています。

メリーポイントでできる寄付一覧

例えば…

【メリーファンディング】
支援・サポートを必要としている誰かの「想い」や「夢」をみんなのメリーポイントで応援し一緒にカタチにしていく取り組みです。

【iPS細胞研究支援】
京都大学(iPS細胞研究所)に寄付され、公的資金ではカバーしにくい研究者・研究支援者の雇用や知的財産権の確保などに活用されます。

【4】神戸学校

阪神淡路大震災をきっかけにスタートした神戸学校。各界で活躍するオーソリティーを招いて毎月一回講演会を開催しています。。参加費の全額が桃・柿育英会およびあしなが育英会に寄付されます。

神戸学校サイト

ーーーーーーーーーーーーーー
基金活動の詳しい報告や環境に対する活動などはこちらからご覧いただけます。

サステナビリティに関する記事はこちら

この記事をシェアする
Twitter
Facebook
LINE

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントを投稿する

コメント

  • 匿名 より:

    過去の活動報告で、NPO法人HEROについての記事を読みました。現在、コロナ禍中にあって活動もままならず、ヘアドネーションへまわす資金も不足していると言う記事を他のサイトでも目にしました。せっかく髪を寄付しても、資金不足の為かつらを作ることが大変なようです。メリーポイントの支援対象に加えてほしいなと思います。

    • フェリシモ社会文化活動担当 より:

      このたびは貴重なご意見をいただきありがとうございます。
      コロナ禍により多くのNPO団体さまが活動を思うように進められない状況にあるようです。
      メリーポイント事務局と共有して、検討させていただきます。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      フェリシモ基金事務局

  • 旅カラス より:

    大変な活動を続けていると知り感動と情熱を感じました、
    微力ではございますが協力の一部に参加させていただきます。

    • フェリシモ社会文化活動担当 より:

      旅カラスさま
      フェリシモの基金活動に共感していただき、ありがとうございます。
      ご参加くださる方々のあたたかな想いをつないで
      必要とされるみなさまに喜んでいただけるご支援をさせていただきたいと思っております。
      ともにしあわせになるしあわせな社会を一緒につくっていきましょう。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      フェリシモ基金事務局

ページトップへ戻る