2016.05.25

魚・海

ギョッ!とびっくり 深海魚ポーチ<極み>

「深海魚を連れ歩きたい人って、はたしてどれだけいるものか......。」という開発時の弱気な予想を裏切るまさかの反響で、順調に仲間を増やしてきた深海魚ポーチシリーズ。

そんな深海魚ポーチに、第三弾となる新シリーズが誕生しました......

その名も...


kiwami4-01.jpg
深海魚ポーチ<極み> ......です!

これまで以上のキワモノをそろえて、深海魚ポーチシリーズ、堂々完結です!

極みポーチのこだわり
一、ディティール+素材で、本物らしさ を追求
一、通もうらやむ 究極の深海生物 を厳選
一、まさかの実用性を備えた 意外な使い勝手
一、海を守って、深海魚も守る! 基金付き



こだわりを一挙公開!
20160516122856.jpg
<センベイダコ>
"あえて"センベイダコを持つ外しテク!
皆大好き、メジャーなメンダコではもう満足できない、そんな方にオススメしたいのがメンダコの仲間のセンベイダコです。

20160516123704 (3).jpg
センベイダコのさわり心地を意識した、のびーる素材!

hikaku-01.jpg
底面には吸盤を模した刺繍入り!<基本編>のメンダコと同じ形ではなく、脚がちゃんと前方へ向くようにマイナーチェンジをしました。

20160516123704 (4).jpg
内容量もメンダコより微妙にUP!


20160516123704 (1).jpg
<ラブカ>
うっかりオシャレにできました。
ラブカの名前は「羅紗(らしゃ)」という織物の質感に似たさわり心地の「フカ(サメ)」という意味から「ラシャブカ」→「ラブカ」になったそう。
羅紗の素材に似たさわり心地の、ツイード生地をポーチに採用したものだから、うっかりファッショナブルな仕上がりに!

20160516123704 (6).jpg
ラブカの特徴、赤いフリルのような6対のエラは絶対に外せないポイントです。英名のフリルドシャークは、このエラの形から。

20160516123704 (5).jpg
ラブカのお口の内側は、画面クリーナーにもなる素材なので、スマートフォンやメガネをくわえてモグモグ。ラブカの口を借りて画面をキレイにする日がこようとは......。


20160516123704 (2).jpg
<イエティロブスター>
大丈夫。深海生物ってバレません。
雪男の"イエティ"みたいにフワフワな毛が生えていることからこの名前が付けられました。フェイクファーを使った癒し系。
ニッコリ笑った背中の模様も、本物を忠実に再現しました。

20160516123704 (8).jpg
パカッと開くと、ポーチとして使えます。

20160516123704 (7).jpg
腕の先にはハサミの代わりにナスカンがついているので、カバンなどにぶら下げてもOK! 一見、ただのフワフワしたニコちゃんマークなので、深海生物とバレずに連れ歩くことができそうです。


20160524044852.jpg
<レプトケファルス>
間違いなくパイオニアになれるポーチ。
アナゴやウナギなどの幼魚を総称してレプトケファルスと呼びます。透明スケスケな体はまさに深海の神秘。
そんなクリアな質感を、透明素材で完全再現!ぬかりなく綺麗な骨プリントも入れて、おそらく、この世でまだ誰も持っていないであろうレプトケファルスのポーチが誕生しました。

20160516123704 (9).jpg
スマートフォンケースとしても使える仕様。表面は骨プリント、裏面は透明無地なので画面も見やすい。
※縦14cm、横7cm、厚さ1cmまでのスマートフォンに対応。
※スマートフォンの種類によっては一部使用できない場合があります。

20160516123703.jpg
カバンに付けて持ち運ぶことも可能。
あまりに透明なため、どこについているのか一瞬わかりません。

t20160516123703.jpg
ここにいるよー


海を守って、深海魚も守る!海基金付き商品
uni.jpg
お預かりした基金は、海岸の清掃活動、サンゴ礁の保全活動、海洋系学校への教材の寄付などに運用させていただきます。
⇒活動の詳細はこちら



深海魚マニアの方はもちろん、全くのビギナーさんにも、
深海魚愛を極めたこのポーチを連れ歩いていただければ嬉しいです!

商品の詳細は以下から^^↓

YOU+MORE! ギョッ!とびっくり 深海魚ポーチ〈極み〉の会
月1個 ¥2,000(+8% ¥2,156)
→うち50円は「海基金」として運用されます。(基金部分は非課税)


ニックネーム

コメント

コメントする