フェリシモ > サニークラウズ > kazumiさんといっしょにつくりました。 > 

WINTER 2016

  • サニークラウズ feat. Shuttle Notes

    kazumiと作ったダブルのチェスターコート

    COLLABORATION ITEM : 1

    • こんなコートが欲しかった。
    • こんなコートが欲しかった。

    縦に綿糸、横にウールを配した生地に縮絨加工をほどこしたシャトルノーツならではの生地。綿とウールの収縮の差により、自然な凸凹の表情を作っています。無地でも縮率の計算がむずかしいのにチェックで作るのは至難の業。そんな高級生地を惜しみなく使って、ワイドでロングなコートを作りました。裏地はkazumiさんたっての希望で高級キュプラの「ベンベルグ(R)」を使っています。

    • from kazumi

      私はよくコートの袖をロールアップするので、まくってもかわいいことにこだわりました。着丈をしっかり長めにしたので、カジュアルにもきれいめにも着まわせます。ワンピースにさらっとはおったり、パーカーのフードを出してデニムとニット帽でカジュアルに着たり、白シャツ&チノパンと合わせておじさんぽく着こなしたり、ニットとプリーツスカートを合わせて上品に着こなしたり、日常の様々なシーンに着てみてください。

  • feat. Shuttle Notes

    kazumiと作った鹿のツノワンピース

    COLLABORATION ITEM : 2

    • 鹿のツノ柄なのは、私が奈良県出身だからです。
    • 鹿のツノ柄なのは、私が奈良県出身だからです。

    袖口のギャザーやウエストのボックスプリーツなど生地をたっぷりと使った仕様の贅沢な一枚。極甘で織り上げた、ふっくらしているのに軽さがある生地なので、生地分量たっぷりのデザインですが重さを感じさせないワンピに仕上がっています。

  • サニークラウズ

    kazumiと作ったニットの三角帽

    COLLABORATION ITEM : 3

    • ツンデレニット帽。
    • ツンデレニット帽。

    三角のかたちをきれいに出すために工夫をこらしました。kazumiさんの「できるだけシンプルに」をコンセプトに、ブランドネームも無くしてすっきりと仕上げています。

    • from kazumi

      ニット帽をかぶったときにくたっと後ろにヘタるのがどうも苦手だったので、ヘタらずにツンッと先が立つ、特にそこにこだわって作りました。どんなスタイルにも似合うように、あえて帽子に折り返しをつけずにシンプルなデザインにしています。

produced by kazumi

サニークラウズのモデルをしてもらっているkazumiさん。
インスタグラムなどで紹介されている私服コーディネイトはとってもおしゃれで、
そのセンスやライフスタイルに共感されるファンの方が多数いらっしゃいます。

そんなkazumiさんと話をしていると、服作りにも興味津々だったので、
それならいっしょに作ってみませんか?ってお誘いしてみました。

kazumi instagram
COLLECTION OF COMFORTABLE DAILY WEAR Sunny clouds

サニークラウズが目指す服は、毎日着る「ふだん着」。とっておきの日に着る特別の服ではなく、毎日気兼ねなく着られて、
汚れたらがんがん洗濯できて、着るほどに風合いや着心地がよくなり、着る人のからだになじんでくるような服です。
服好きたちが集まって、「あーでもない、こーでもない」と言いながら、素材・デザイン縫製などにこだわり、試行錯誤を
繰り返して服作りをしています。私たちが本当に感じていただきたいのは、カタログでは伝えきれない着心地や肌ざわり。
気になる服がありましたら、ぜひ手に取っていただきたいです。その服があなたにとって「最高のふだん着」となりますように。

Sunny clouds