公式twitter
魔導書ポーチキービジュアル

鏡とポケットのある魔導書から、コスメを取り出して。さあ美しく変身しましょう。

鏡とポケットのある魔導書から、コスメを取り出して。さあ美しく変身しましょう。
はじめまして。魔法部プランナーの「ぴーち」です。

ロマンチックでドラマチック、かわいく健気で美しい女の子が活躍する物語が大好きな私。退屈な日常は「ファンタジーに解釈しちゃう」ことでエンジョイしています。

そんな私が毎朝自分に掛ける魔法が、メイク。

幼いころにあこがれた物語の中の少女たちは、変身!に成功すると、衣装とともにメイクも素敵に変身していました。そんな変身!へのあこがれをもちつつ、ちょっとでも好きな顔になるように毎日メイクをしています。メイクをすれば、起き抜けのぼーっとした表情も、しゃきっとする気がしたり。

そんなメイクの弱点は、ふとしたことで落ちてしまうこと。ポーチからメイク道具を取り出し、ささっと修復する様子はまるで魔導書から魔法を呼び出し使っているときのよう、
ということで誕生したアイテムが

魔法部

”あなたが美しく変身するための魔法が記された魔導書”を模したコスメポーチです。

どんなアイテム?

見た目は、魔導書。中には、大きな鏡とポケットがついています。

魔法部
魔法部
魔法部

メイク直しをしたいときにさっと開けば、メイク直しの様子が見えないように、魔導書のハードカバーがあなたの顔を覆います。そして、鏡があなたのメイクをお手伝いします。

魔法部

いつでもどこでも、華麗なメイク直しが叶うアイテムです。

実体化するときに大切にしたポイント

魔導書の性能はやはり、入る魔法(この場合、コスメを指す)の数と威力が大切ですよね。そこで、メイク直しに十分な数のコスメが入ることと、そのコスメたちの威力を最大限発揮できるような形を考えました。

十分なコスメが入ること

魔法部

左側の大容量ポーチには、円形のファンデーションや、平たいアイシャドウやチークが入ります。薄いものであれば、2枚重ねで収納することが可能です。右側のポケットには、マスカラやリップなど棒状のアイテムの収納にぴったりな仕様です。

コスメたちの威力を最大限発揮する形。

魔法部

ポーチを閉じると、メイク用の大きな鏡が。鏡を見ながら、メイクの魔法をかけ直すことができます。
魔法部の魔導書コスメポーチで、あなたもぜひ変身してみて。

Series 連載コラム

一覧はこちら

Page top