「名画の世界」へ、ようこそ。芸術の秋を彩るサニークラウズのアイテム&コーデ集

秋めく季節に楽しみたい!「世界の名画」をコーデに取り入れて

今年の秋のサニークラウズのコンセプトコレクションは「世界の名画」です。秋に着回しできるトップスやスカート、ワンピースなどに、誰もが一度は見たことのあるような名画モチーフを盛り込みました。 秋といえばワンピースや長袖トップスなど、夏の軽やかさを残しながらシーズン感も演出できるアイテムが大活躍。これに、名画の繊細で美しい世界観を取り入れると、秋めく大人のおしゃれが楽しめるはずです。 神秘的で美しい世界の名画とお洋服の組み合わせ、サニークラウズならではの秋コレクション。今回はアイテムそれぞれのくわしいレビューと着こなしをご紹介します。

サニークラウズ ゴッホのひまわりスカート〈レディース〉(¥7,590)>>

グスタフ・クリムトの「接吻」モチーフアイテム

オーストリアの画家、グスタフ・クリムト。幻想的な油彩作品が特徴的で、その中でも代表作「接吻」はお好きな方も多いのではないでしょうか? 切り立った崖に立つ男女が、お花畑の上で寄り添う作品。ひきつけるようなゴールドの色使いも人気です。そんな接吻に出てくる男性が着ているローブの柄をトップスに、女性のローブの柄をワンピースに使いました。

モダンな雰囲気たっぷりの接吻モチーフトップス

ブラックとゴールドの幾何学模様の男性が来ているローブにインスピレーションを得てトップスにアレンジしました。 袖がふわっと広がっているため、体のラインを拾わず優しい雰囲気に。長めのリブは模様のブラックと色味が統一されているので、派手になりすぎず秋の着こなしにぴったりです。

色味を抑えた秋のカジュアルコーデ

特徴的なブラックをトップスにも使って、色味を抑えたカジュアルな着こなしにチャレンジしてみましょう。ベレー帽でアートな気分を盛り上げて、カゴバッグやマニッシュなシューズを合わせると気さくな秋の装いが完成します。

甘さ控えめの小花柄ワンピース

女性がまとっている小さな花が咲きほころぶ柄のローブをモチーフにした、使い勝手のよいワンピース。クリムトの特徴である繊細さが際立つ1着になっています。 全体的に丸いフォルムですが、ウエストにはゴムが入りマークできるリボンが。ワンピースの丈感も長めに取ってあるため、甘すぎず大人の着こなしが楽しめます。

ワンピースが主役の秋のお出かけコーデ

さらっと着るだけで雰囲気の出るモチーフワンピースはコーデの主役にして。小ぶりなバッグとソックス×サンダルのスタイルで、ちょっとしたお出かけにもぴったりの秋コーデになります。 気温の下がる季節には、ニットやカーディガンをワンピースにオン。気さくなレイヤードコーデが楽しめますよ。

サニークラウズ クリムトの接吻トップス〈レディース〉(¥6,490)>>

ミレーの「落穂拾い」モチーフスカート

光と影のコントラストを美しくリアリティたっぷりに描く、画家のミレー。ミレーは「見たままを描く」写実主義の画風が特徴的で、収穫をした落穂拾いを拾い集め、生活の糧にしている女性たちの姿を描いています。 浮かび上がるような人物像と柔らかなミレーのタッチをモチーフに、シンプルなスカートを作りました。

エプロン風のシンプルなモチーフスカート

エプロン姿の女性からインスピレーションを受けた、シンプルなオフホワイトのスカート。スカート前面にはエプロンを付けて、ほどよいボリュームがあります。 丈感は長めで、バックウエストにはゴムが。ゆったりと着こなせるので、秋のリラックスコーデに役立ちそうです。

洗練された大人のワントーンコーデ

ピュアな印象のあるスカートは、同じトーンのホワイトトップスと合わせることで優しい印象に。全体をホワイトで統一すると、簡単に今年風のワントーンコーデが完成します。 全体のアクセントとしてシューズやソックスなど、足元にカラーを持ってくるとバランスも◎。カジュアルなスカートなので、他アイテムをキレイめにまとめるとお出かけにもちょうどよい着こなしになります。

サニークラウズ ミレーの落穂拾いスカート〈レディース〉(¥6,490)>>

ルノワールの「庭で犬を膝に抱いて読書する少女」ワンピース

優しく包み込むような柔らかいタッチが特徴的な、ピエール=オーギュスト・ルノワール。ルノワールはその画風から「幸福の画家」とも呼ばれ高い人気があります。 ルノワールの絵画から「庭で犬を膝に抱いて読書する少女」をモチーフに、ふんわりと少女らしいワンピースを作りました。絵画の雰囲気はそのままに、毎日使いやすくなるようサニークラウズらしくアレンジしています。

ブルーストライプのシャツ風ワンピース

「庭で犬を膝に抱いて読書する少女」は、透き通るような青が特徴的。その爽やかなブルーを再現したワンピースです。ストライプは幅を細めにし、大人らしい雰囲気も取り入れています。 襟元はバンドカラーでちょっぴりハンサムに。スカートはボリューム感があるため、さらりと着こなせていろいろなシーンで活躍してくれます。

1枚でさらっとシンプルな秋コーデ

シャツ風ワンピースは1枚でもさまになるもの。ワンピースをさらっと着こなし、足元はベージュでまとめてシンプルな秋コーデを目指しましょう。 イヤリングやネックレスなど、アクセサリーでポイントを作ってもおしゃれに仕上がります。

サニークラウズ ルノアールの庭で犬を抱いて読書するワンピース〈レディース〉(¥7,590)>>

ルソーの描く密林モチーフワンピース

素朴だけど美しく、幻想的な世界を絵にする画家アンリ・ルソー。ルソーは普段、関税職員として働いていて、独学で絵の技法を身につけたといわれています。 いわゆる「日曜画家」だったルソー。だからこそ、現実から少し離れた楽園を描く機会が多かったのでしょうか?ルソーの絵画にたびたび登場する密林をモチーフにした、神秘的な雰囲気のワンピースです。

重ね着にぴったりの密林モチーフ割烹着風ワンピース

ルソーの「夢」「異国の風景―原始林の猿」「蛇使いの女」に出てくる密林を組み合わせ、割烹着風ワンピースにアレンジしました。すっぽり着こなせるワンピースはチュニック丈で、パンツと合わせるとこなれたレイヤードコーデが楽しめます。 全体的に落ち着いた色味なので、着回しも抜群です。

リラックスムードな重ね着コーデ

ワイドパンツを合わせたコーデ。足もとはフラットシューズでカジュアルに、体のラインを拾わないリラックスした大人のレイヤードスタイルです。きちんと感のあるバッグや帽子など、合わせる小物は大人っぽいものをチョイス。

サニークラウズ ルソーの描く密林ワンピース〈レディース〉(¥6,490)>>

モディリアーニの「ジャンヌ」のセーター

アーモンドの形の目、細長い首、無表情の人物。一度見ると印象に残って忘れられない人物画を描き続けたのが、パリの画家モディリアーニです。 35歳という若さでこの世を去ったモディリアーニは、没後に評価を得られた悲劇の画家ともいわれています。そんなモディリアーニの妻であるジャンヌの人物画は、静かで美しく、独特の雰囲気があると人気。 そんなモディリアーニの描くジャンヌをモチーフにした、秋らしいアイテムをご紹介します。

大きな帽子をかぶったジャンヌのセーター

モディリアーニの作品の中でもファンが多い「大きな帽子を被ったジャンヌ・エビュテルヌ」。印象的なブルーのジャンヌの瞳が目を惹く作品を胸元に編み込んだセーターです。 セーターのリブは太めで、ブラックの色使いが大人っぽい1枚。

セーターを主役にした秋色コーデ

ジャンヌのセーターはダークトーンが特徴的。シューズやニット帽などの小物は黒で統一し、ストライプ模様のアラビアパンツを合わせると秋らしいモノトーンコーデに仕上がります。 ボトムはホワイトなども合わせてみると◎。コントラストをはっきりさせることで、大人らしさを演出できます。

サニークラウズ モディリアーニの大きな帽子を被ったセーター〈レディース〉(¥6,490)>>

モネの「睡蓮」モチーフワンピース

国内でも人気の高いクロード・モネ。パリ生まれのモネは生涯多くの美しい絵画作品を残しました。モネの描く風景画は繊細なタッチと独特の色使いで、当時から「新しい時代の世界観」と評されていたのだとか。 そんなモネの代表作が「睡蓮」。みなさんも一度は目にしたことのある名画を、ワンピースにプリントしました。

透き通る睡蓮の池をワンピースに

モネ所有の庭園を描いた「睡蓮」。この作品には太鼓橋や柳や竹など、日本のモチーフがちりばめられていることから私たちにもおなじみの作品。睡蓮は透き通るブルーと、池に浮かぶ色とりどりの花が特徴的。そんな睡蓮をイメージし、ゆったりとしたラインのワンピースに仕上げました。 ウエストまわりは余裕があり、ほどよいボリュームのスカートは足さばきも楽に。カジュアルにもキレイめにも着まわせるワンピースは、1着あると秋のコーデの幅が広がります。

マニッシュアイテム×ワンピースのバランスよいコーデ

ワンピースは1枚でさらっと着こなし、アートな気分を高めるバッグやシューズでまとめてみましょう。足元はマニッシュシューズを合わせることで、キレイめなワンピースとの甘辛ミックスが叶いバランスよく仕上がります。 カジュアルなシーンだとスニーカーと合わせても◎

サニークラウズ モネの睡蓮ワンピース〈レディース〉(¥9,790)>>

ゴッホの「ひまわり」「アイリス」モチーフアイテム

日本でも有名な印象派の画家、ゴッホ。ゴッホの作品はほとばしる芸術への熱意と、色彩感豊かな色使いが特徴で「見ているだけで元気が出る」と感じる方も多いかもしれません。 ゴッホの作品は多数ありますが、その中でもみなさんもよく知る「ひまわり」と、療養中のゴッホが病院の庭園に咲いた花を描いた「アイリス」このふたつのモチーフアイテムを作りました。

ひまわり模様の大人セットアップ

ゴッホのひまわりをパターンにした、総柄のトップス&スカートのセットアップ。 ひまわりを際立たせるためにバックはチャコールで統一。甘さが目立つ花柄を、ゴッホの印象的な色使いはそのままに大人っぽく仕上げました。 襟元がふわっと広がっているため、華奢な印象を演出できます。袖口にはカフスボタンがあり、きちんと感もプラスされているのもポイント。

トップスとスカートをひまわり柄で揃えたセットアップコーデ

全体をゴッホのひまわり柄でそろえたセットアップコーデ。ひまわりの柄を際立たせるため、足元はシンプルに。セットアップと同じ暗めのトーンで統一することで、まとまりのある着こなしができます。

サニークラウズ ゴッホのひまわりトップス〈レディース〉(¥6,490)>>

深みグリーンのアイリス柄ワイドパンツ

ゴッホの「アイリス」をモチーフにしたワイドパンツ。深いグリーンが印象的に使われていて、いつものコーデに取り入れるとおしゃれなアクセントになります。 ウエストはゴム仕様で楽にはけるパンツ。上品な柄があることできちんと見せたいシーンにもぴったりです。

モノトーンアイテムと合わせた大人の秋コーデ

インパクトのあるアイリスの柄ワイドパンツなので、トップスはシンプルなものでOK。無地のニットと合わせると、それだけでこなれた大人の秋コーデが完成。 ワイドパンツの柄を引き出すために、シューズやバックはモノトーンで。深みグリーンと相性のよい黒を使うことで、全体が引き締まりおしゃれ見えします。

サニークラウズ ゴッホのアイリスワイドパンツ〈レディース〉(¥6,490)>>

マネの「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」のワンピース

フランスの画家、エドゥアール・マネは19世紀パリのモダニズムな生活風景を描いた画家です。昔のパリのノスタルジックでアンティークな雰囲気を残した絵画は、マネ独特の「上品な雰囲気」が人気を集めています。 そんなマネの作品「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」をモチーフに、クラシカルなワンピースを作りました。

マネの描くモリゾの魔女風ワンピース

「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」は、マネの弟の奥さんモリゾを描いた作品。絵の中のモリゾは喪服を着ていますが、こちらのワンピースは襟元にレースやピンタックをあしらい、アンティークな雰囲気に仕上げています。 ゆったりとしたラインのワンピースは、秋冬シーンに活躍できるよう長袖のもの。ウエストには斜めに切り返しがあり、ルーズになりすぎずスマートに着こなせるのもポイントです。

ワンピース1枚でクラシカルな秋コーデ

マネの魔女ワンピースはブラックを基調としたもの。ワンピースを主役に、足元も黒でまとめると全体に統一感が出てクラシカルなコーデが簡単に完成します。 襟元のオフホワイト部分を強調させるため、足元をホワイトカラーにしても◎。モノトーンアイテムを上手に使って、ワンピースを引き立てる着こなしを楽しみましょう。

サニークラウズ マネの魔女ワンピース〈レディース〉(¥7,590)>>

フェルメールの真珠の耳飾り

ヨハネス・フェルメールは17世紀に活躍したオランダの画家。秀逸という意味の「真珠」と評価されることも多いです。 そんなフェルメールの通り名と同じ題名の「真珠の耳飾りの少女」は特に有名な作品。青いターバンを巻いた少女がこちらを向く絵画は、一度見ると強く印象に残るインパクトがありますよね。 こちらは、そんな絵画をモチーフにしたピアスです。

絵画をぎゅっと閉じ込めた真珠のピアス

大きな雫型のコットンパールで、耳飾りを再現したピアス。耳飾りの少女で目をひくラピスラズリを使った青のターバン。このフェルメール・ブルーとも呼ばれる青を、パールの上に青い玉をつけることで盛り込みました。 コットンパールのピアスはさりげなくて上品で、使えるシーンもさまざま。カジュアルな服装にも、きちんと着こなすオケージョンシーンにもマッチします。

サニークラウズ フェルメールの真珠の耳飾り(¥2,090)>>

シャツをキャンバスにして芸術の秋を。名画刺しゅうシャツ

芸術の秋をたっぷり楽しみたい。そんな方には、名画たちをシャツというキャンバスにまとめた名画刺しゅうシャツがおすすめ。 マネの「笛を吹く少年」、ゴッホの「ひまわり」、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、モディリアーニの「大きな帽子を被ったジャンヌ」4作品がシャツの刺しゅうとして、散りばめられています。 アートが好きな方はもちろん、小さく可憐な刺しゅう入りシャツは見た目にもおしゃれ。秋の着こなしを楽しみたい方にもおすすめしたい1枚です。

名画を身近に。平織り生地のチャコールシャツ

シャツの素材は綿100%、平織りの生地を使うことで刺しゅうがしっかり際立ちます。刺しゅうこそポイントのシャツですが、全体的にベーシックなデザインなので着回しも簡単。秋のコーデに取り入れると、いつもの装いのアクセントになるはずです。

落ち着いた色味のコーデで秋のおしゃれを

チャコールのシャツと相性のよいキャメルカラーのパンツを合わせて、気取らない秋のらくちんコーデに。 足元は暗めカラーを取り入れると、チャコールシャツとの統一感が演出できます。シューズはレディライクなフェミニンシューズも好相性ですが、スニーカーなど気さくなアイテムもおすすめ。

サニークラウズ 名画刺しゅうシャツ〈レディース〉(¥5,390)>>

「世界の名画」を着こなしに取り入れて

秋に楽しみたい芸術を、サニークラウズのアイテムに落とし込んだ「世界の名画」モチーフのお洋服たち。いつもの秋コーデに今年らしさ、新鮮さをプラスしたい方におすすめです。 世界の名画をより身近に感じるこの秋のコンセプトコレクション、お気に入りの1枚をぜひ見つけてみてくださいね。

recommend こちらの記事もオススメです

Top