和樂web×ミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会

お申し込み番号:412826

月1枚 ¥3,800 ( +10%  ¥4,180

  • 定期便
  • 回数限定
お気に入りに登録しました
お気に入りに登録できませんでした。もう一度お試しください
お気に入り登録を解除しました
お気に入り登録が削除できませんでした。もう一度お試しください
ショッピングバッグに追加しました
ショッピングバッグに追加できませんでした。もう一度お試しください
ミュージアム部|和樂web×ミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会
ミュージアム部|和樂web×ミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会|〈春はあけぼの〉
ミュージアム部|和樂web×ミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会|空には平安時代の書より、「はる」「なつ」「あき」「ふゆ」の文字がそれぞれ隠れています。
ミュージアム部|和樂web×ミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会|〈夏はよる〉
ミュージアム部|和樂web×ミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会|〈秋は夕暮れ〉
ミュージアム部|和樂web×ミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会|〈冬はつとめて〉
ミュージアム部|和樂web×ミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会|一枚でつるせば、間仕切りとしても。
ミュージアム部|和樂web×ミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会|取り付けはひもで結ぶだけ。取り外しもらくちんです。
ミュージアム部|和樂web×ミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会|光の強さによって透け感が変わり、さまざまな空模様を見せてくれます。
ミュージアム部|和樂web×ミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会
〈春はあけぼの〉
空には平安時代の書より、「はる」「なつ」「あき」「ふゆ」の文字がそれぞれ隠れています。
〈夏はよる〉
〈秋は夕暮れ〉
〈冬はつとめて〉
一枚でつるせば、間仕切りとしても。
取り付けはひもで結ぶだけ。取り外しもらくちんです。
光の強さによって透け感が変わり、さまざまな空模様を見せてくれます。

noteミュージアム部部員によるさらに詳しい商品説明はこちら

noteミュージアム部部員によるさらに詳しい商品説明はこちら


STORY

おうちで楽しむ「いとをかし」な平安風景

和樂web×フェリシモミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会

平安時代に見られる美意識のひとつ「をかし」を感じる「枕草子 いとをかしな風景をめでる四季のカーテンクロス」。枕草子の中でつづられた清少納言と藤原定子が宮廷から眺めていたと思われる風景が表現されています。

枕草子でつづられた風景をお家で楽しめたら、ちょっと素敵なんじゃない?

そんな想いから生まれたインテリアアイテムです。
まずは、ちょっとだけ枕草子についておさらい。


枕草子とは?

和樂web×フェリシモミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会

平安時代を代表する女流作家、清少納言の随筆「枕草子」は、清少納言が藤原定子に仕えているときに宮廷で彼女が見聞きした自然や、なにげない生活のさまが書かれたエッセイのようなもの。1,000年以上たった今でも多くの人に知られ、「春はあけぼの~」から始まる冒頭の文章は、耳なじみのある方も多いはず。


「をかし」とは?

清少納言は四季のうつろいや日常の中で直情的に美しいと感じた風景や、心が動かされたできごとを「をかし」という言葉でつづっています。 日本人ならではの美意識で、現代でいう「エモさ」に通じる感情だったのかもしれません。「いと」は「きわめて」や「はなはだしく」という意味で、「をかし」を強調しています。

彼女は日常の何気ないできごとをとても大事にし、いつの季節も同じ場所から、目にする四季それぞれのよさを書き留めていたのではないでしょうか。そんな彼女がつづった「をかし」の景色を自分の家に居ながら見られたら、それこそ最高! まさに「いとをかし」。

今回はこの『枕草子』と日本人ならではの美意識でもある「をかし」をテーマにしてオリジナルグッズを作ることになりました。


日本文化をカジュアルに楽しむ『和樂web』とコラボ

和樂web×フェリシモミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会

企画を進めるにあたり、平安時代の文化や書物のおもしろさを発信している人と一緒に世界観を作り上げたいと思いお知恵をお借りしたのが、以前「HOKUSAI色えんぴつ」でご一緒した『和樂web』のみなさま。ざっと企画意図をお話ししたところ「カーテンに平安時代の書を浮かべる」という斬新なアイデアをいただきました!

和樂web×フェリシモミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会

そうして完成したのが、『枕草子』で清少納言がつづった平安の四季の「いとをかし」を表現したカーテンクロス。それでは、季節ごとのデザインへこめた「こだわり」をご紹介します。


暮らしに溶けこむ「枕草子 四季のカーテンクロス」

「春」はあけぼの

和樂web×フェリシモミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会

山の稜線の手前にあるのは五重塔です。梅の花の影を前面にレイアウトしてみました。

春は、曙。ようやくあたりも白んでゆくうち、山の上の空がほんのり明るくなって、紫がかった雲の細くたなびいた風情。

「夏」はよる

和樂web×フェリシモミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会

夏の夜に舞うのは蛍たち。力強く生え茂る夏草のシルエット。

夏は夜。月のあるころはもちろん、月のない闇夜でもやはり趣がある。雨が降るのも趣がある。

「秋」は夕暮れ

和樂web×フェリシモミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会

飛び立つ雁の群れと神社の鳥居らしき影。すすきが揺れる夕暮れ。

秋は夕暮れ。夕方になり、山の頂に落ち掛かろうとするころ、カラスがねぐらに帰ろうとして、みっつよっつ、ふたつみっつと思い思いに、帰りを急ぐ姿までも、哀れを誘う。ましてや雁などの列を作ったのが小さく小さく空の遥かを渡っていくのはとても趣がある。日が落ちてしまってからの風の音、虫の音など、これは改めていうまでもない。

「冬」はつとめて

和樂web×フェリシモミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会

早朝の寒空はすでに雪が舞い散る。竹に積もり重なる雪の風景。

冬は早朝。雪が降るのは言うまでもなく、雪が真っ白に降りているのも、そうでなくても、ひどく寒い朝に火などを大急ぎで起こして、炭を御殿から御殿へ運んでゆくのも、いかにも冬の早朝の風景としてふさわしい。昼になってあたたかくなると、炭櫃すびつや火桶の火も白く灰をかぶってしまいみっともない。

四枚並べると平安の四季の景色に

和樂web×フェリシモミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会

一枚でももちろん楽しんでもらえますが、4枚そろうと四季の山の稜線が連なってひとつの風景に。

和樂web×フェリシモミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会

1枚でつるせば間仕切りにも使えるので、廊下やお部屋の入口などにも。目隠しの役割をはたしながら、アート作品を飾っているように暮らしの風景が豊かになります。

和樂web×フェリシモミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会

取り付けは突っ張り棒などにひもで結ぶだけ。取り外しもらくちんです。

和樂web×フェリシモミュージアム部 枕草子いとをかしな風景をめでる 四季のカーテンクロスの会

光の強さによって透け感が変わるのも特徴のひとつ。季節や時間のうつろいにあわせていろいろな表情を楽しむことができます。清少納言が見た風景を思い浮かべながら、家族や友だち、誰かといっしょに 「いとをかし」な時間を楽しんでもらえたらうれしいです。

最近チェックしたアイテム

サイズ表

このアイテムについて

  • 定期便

    毎月1回、お申し込みから約3~4週間でお届けします。
    定期便
  • 回数限定

    ご案内している色柄・デザインより1種類ずつお届けします。全種類届けばストップします。お届けの順序はフェリシモにおまかせいただいています。

    ※ ストップや再開も自由です。

    回数限定
お気に入りに登録しました
お気に入りに登録できませんでした。もう一度お試しください
お気に入り登録を解除しました
お気に入り登録が削除できませんでした。もう一度お試しください
ショッピングバッグに追加しました
ショッピングバッグに追加できませんでした。もう一度お試しください
入力内容をご確認ください。
入力内容をご確認ください。