箱を開けたら、目が合った

おちゃ

今月のお届けは、おてらぶの商品。
箱を開けて、おもわず笑ってしまいました。

「ドーン!!」

あったか毘沙門天アイマスク

箱の中から、眼光鋭く見つめてくるこれは、おてらぶ「あったか毘沙門天アイマスク」です。

実はこれ、ただの変装グッズではないのです。

と、言いつつ、まずはチョケてしまいます。
(チョケるとは、関西弁でおどける、調子に乗る、のような意味です)

ただの変装グッズではないのです。

この商品はなんと、ホット&アイス機能のあるアイマスクなんです。

撮影現場にいた私は、みんなと代わる代わる試着して盛り上がっている中、想像以上の心地よさにひそかに感動していて、思わず即買いしました。

「目が、やすまる・・・・・・!!」

裏側はシンプル

特に、ホットアイマスクにするときの方法がおどろきです。中の円盤をパチン!と中に折るだけで、なぜかみるみる熱くなってカイロになる優れものなんです。

使い方

温かくなるとジェルが青から白に変わる仕掛けのようです。
ジェルが冷めたら、ぬるま湯につけるとまた青色に戻ります。 

温かくしたいときには、また中の円盤をパチンとやるのです。


そして、ぬかりなし。うしろでサイズ調整ができるから自分のサイズで着けられるところも、「フェリシモぬかりなし」という感じです。

せっかくのリラックスタイム、きついサイズのアイマスクは疲れますものね。

うしろでサイズ調整ができます

あ!そして、大事なことを言い忘れていました。

このアイマスクのモデルとなった仏像は、京都の東寺にある兜跋(とばつ)毘沙門天(びしゃもんてん)。

にらみをきかせたお顔をモデルに作ったコラボ商品だそうです。

仏像好きなおばあちゃんなら知っているはず!ということで、これはおばあちゃんへのプレゼントです。
(先に遊んでごめんね)
にらみをきかせたおばあちゃん、見るのが楽しみだなぁ。

それでは、また来月に。

SHARE
おちゃ
お茶とビールと犬が好き。梨とスイカとプールも好き。水分の多いものに惹かれるかに座の夏生まれ。

この偏愛ライターの記事一覧へ

偏愛ノートカテゴリ