flufeel

みんなで解決

実は話

おしりの加齢は待ったなし! ガードル苦手な方にはこのショーツ

ぺたんこのお尻=「ぺた尻」問題を何とかしたい!

こんにちは! プランナーTです。“誰がはいてもおしりがはみ出さない”を追求したショーツは、お客さまの声はもちろん、私自身が悩んでいた「自分のおしりに合う、本当にお気に入りのショーツがない」という思いから生まれた商品。これまでにも、おしりのお肉がはみ出ない点においては、パーフェクトなショーツを作り出せたと思っているのですが、いわゆる美尻のポイント、おしりの高さにはまだ納得できていませんでした。

そこで私自身もおしりの加齢で、お肉が柔らかくなり、ぺたんこになってきたのが気になり始めたのをきっかけに、もっと満足できるショーツを!と一念発起して開発したのが、このショーツです。

 

狙いはおしりの筋肉! でも、鍛えるのって大変~!?

 

今回注目したのは、おしりの筋肉。おしり自体はぷるんとした脂肪の塊なのですが、筋肉によって支えられています。このなかなか自分では鍛えられない、おしりの筋肉を利用して、おしりを上げてみようと考えました。ところが、いろいろ調べると、美尻エクサイズはたくさんあるのですが、「なかなか続かない」や「きれいなおしりになっても、ムキムキ大きくなるのはイヤ」というお声もたくさん。そこで、ショーツに筋肉代わりの機能をつけたらいいのでは? ショーツをはいたときだけの“なんちゃって筋肉”なら、つらい運動もなし、ムキッとなることもなしで、欲しい高さだけをプラスできる!と、ひらめきました。

 

たるみ肉をぐぐっと引き上げて、高さへ変身!

こうして、いよいよぺた尻を立体メイクするための機能開発に取りかかったのですが、メーカーさんとのおしり談義で、美尻コンテスト出場者のエクササイズ方法や、整体の先生からのアドバイスをヒントに、おしりを引き締める“中臀筋”に注目。ショーツの肌側にパワーネットを裏貼りして、この中臀筋をがっつりサポートすることにしました。

パワーネットのパターンについては、何度も修正。どんな体形の方にもフィットしてほしいので、垂れて太ももと一体化している、おしり下のたるみ肉も手厚くカバーできるよう、通常にないほどの幅広にしてもらいました。

もちろん、はき心地が苦しくては長続きしないので、締め付けたくない部分は包むだけ、押さえるところは手抜きなくメイクする仕様にもこだわりました。

 

おしりって、なぜふたつに分かれてるの?

ところで、おしりってなぜ、ふたつに分かれているかご存じですか? それは歩くため。左右の脚が動きやすいように、ふたつの大きな筋肉が盛り上がったのがおしりと言われています。そのおしりが、せっかくツンと持ち上がっても、ひとかたまりに見えてしまっては、不自然で魅力的ではないですよね?

そこでこだわったのが、おしりの割れ目の上に仕込んだ、逆三角形型のサポートパネル。一度ご自身でも試していただきたいのですが、ここに手を添えて、キュッと上部に持ち上げてみてください。ふたつのおしりの山の間のお肉が、クッと持ち上がる感覚がわかると思います。そう、小高いふたつの山がぷりり!と現れてこそ、理想の桃尻。おしりは単に持ち上げるだけではダメで、メリハリ補整が大切なのです。

この隠れ技で、やっとぺた尻をはくだけで桃尻に見せる自信のショーツが完成しました。何だかいつものパンツスタイルが決まらない……。そんな悩みをお持ちの方は、ぜひ、このショーツをお試しください。

聞かせて みんなの実は話

聞かせて みんなの実は話