flufeel

みんなで解決

実は話

チクチク&冬汗対策でお気に入りのニットが快適に!

ニットコーデの楽しみが広がるインナー

こんにちは!プランナーTです。寒くなってくると、ニットのコーディネイトが増えてきますよね。私も寒くなってくると、よくニットを着ているのですが、以前首もとが詰まったクルーネックを着ているときに、デコルテがチクチクしてかゆくなってしまい早く家に帰って着替えたいな……」と、思うことがありました。もちろんインナーは着ていたのですが衿がぐるりとあいているものしか持っていなくて、デコルテや首もとまではカバーできなかったのです。

チクチク以外にも、ニットの悩みといえば汗やメイク汚れが気になります。電車やお店に入ると暖房が効いていてあったかいのでじっとり汗をかいたり、脱ぐときはニットの首まわりにメイクが付いてしまっているような気がする……。頻繁に洗えないニットだけに、わきや首まわりは結構汚れているんじゃないかと考えるようになりました。こうした首まわりの問題を機能的にカバーしてくれるハイネックのインナーは世の中にないわけではありませんが、衿もとから見えた時にインナーってまる分かりであまり合わせたくない。

ニットのチクチクや汗のお悩みを機能的に解決しつつ、コーディネイトしたときにもおしゃれにみせられるインナーを作ってみよう!と開発を始めました。

 

ニットからのぞかせたくなるデザインに!

ニットとあわせて使い勝手のいいインナーってどんなものがあるんだろうと、ショップに行ってデザインや素材を調べてみました。凹凸のあるリブ生地や、首もとがくしゅっとフリルになったデザインは「ニットからのぞかせてもかわいいなぁ」と目に止まりました。そこで、アウターからみせても肌着っぽくないランダムリブの生地をセレクト。首もとは、ぱっと明るく華やかにみえるようなフリルのデザインにしてみよう!とさっそく試作。ところが、できあがった試作品は首まわりがフィットせず、ニットと合わせるとデコルテまわりがもたついてだらしない仕上がりになってしまいました。ハイネックの衿の場合、着用する時に頭が通る衿のサイズにしなければならなかったので、首もとがガバガバになってしまったのです。頭が通りつつ、首まわりにそっとフィットするような、衿のサイズにたどり着くまで何度も微調整を繰り返しました。

 

気づけばヒヤッ! 不快な冬汗もカバー

もう一つ解決したいと感じていたのが、じっとりとニットに染み付いているわきの汗。長袖にしてわきをカバーすると、着ぶくれが気になるし、すっきりとした着こなしも大事にしたかったので、ベストタイプのデザインにして汗対策は万全にと、わき高でぴたっとフィットするパッドを付けることにしました。

 

細やかな気遣いで、ニットがもっと大活躍!

冬の定番コーデのニットですが、首もとのチクチクや、汚れが気になってもなかなか洗えないなど、ニットコーデならではのお悩みも抱えていました。ニットからのぞかせてもかわいいフリルのデザインや、わきにピタッとフィットする汗パッドなど、完成したフリルネックインナーはお悩みポイントを解決しながら、ニットを着るのがさらに楽しくなるインナーに仕上げています。 ベストタイプなので、夏の終りから春先まで長く使っていただけるニットがもっと活躍してくれるアイテムです。

聞かせて みんなの実は話

聞かせて みんなの実は話