flufeel

みんなで解決

実は話

“ふわふわあったか”を素肌で感じたい

服は裏起毛の“ふわふわ”でも、肌着がひんやり

こんにちは!プランナーTです。ほかほかとあたたまったお風呂上がりや、朝の着替えなどで肌着を身に着けるとひやっ!とした経験はありませんか? 私自身、寒いのが苦手で冬服も裏起毛素材のあったかいものが大好き。

裏起毛って肌ざわりもよくって、あったかいんですよね。でもその服を着る前に肌着を着てしまうので、肌で直接“ふわふわ”感を感じることはできません。洋服やパジャマなら、裏起毛でふわふわとあたたかいものがあるんだから、肌ざわりがいいインナーがあってもいいのでは?」とあちこち探してみました。ところが、ウールや少し厚手のインナーはあっても、その厚さゆえに今度は着ぶくれが気になってしまいました。裏起毛でふわふわと肌ざわりがよくって、着ぶくれが気にならないほど薄手! そんな理想のインナーで、もっと心地よく冬を過ごしたい!と、裏起毛の肌着の企画を考え始めました。

 

肌着にぴったりの裏起毛を求めて

今回の企画の肝は素材選びになるため、あらゆる起毛の生地を取り寄せました。ところが、ふわふわと肌心地がよくインナーにもできるような伸びのいい生地がありません。これなら!と探し当てたもので、試作品をつくってみると今度は毛玉だらけに……。肌着で裏起毛の生地を選ぶには、服とは条件が異なり、擦れても毛玉ができないこと、生地が分厚くならないことが条件となり、生地選びが難航しました。

取り寄せては試作品を繰り返すなかで、これぞという生地を発見。肌着としても伸びがよく、レーヨン混で肌心地がとろけるようになめらか、ふんわりと裏起毛があたたかく、毛玉もできない! 表側も滑らかでふんわり。まさに理想の生地に出合うことができました。

 

着ぶくれしないインナーの形って?

薄くてふわふわ、伸びがよく気持ちがいい。納得の生地を活かした着ぶくれしないデザインを考えました。冬は重ね着をする方も多いことを考慮して、あえて袖なしのインナーベストに。 ベストタイプなら、肩・背中・おなかをあたためつつ、腕まわりの着ぶくれも気になりにくいし、手持ちの長袖インナーに重ね着もできます。

袖まわりに続いて考えたのが首まわりのデザイン。ニットの下にもあわせることを考えると、首やデコルテのチクチクもなんとかしたい! 衿の高いハイネックにすることで首もとの寒さも防ぐことができるデザインになりました。首から背中、おなかまであたたかく、すっきり過ごせる一枚に。

 

上下セットで、全身をふわふわ心地よく!

肌ざわりとあたたかさが自慢の仕上がりになったので、同じ生地を使って素肌にはけるショーツを作ることにしました。おしりをすっぽりと包む一分丈なので、ワイドパンツやスカートのときのオーバーパンツとしても着用できます。

上下セットで合わせれば全身をやさしく包み込む、至福のインナーが完成! 背中やおなかなどをあたためておきたいときや、ひやっとした下着の着心地が苦手な方、お風呂上がりにパジャマだけでは心もとないなと感じている方におすすめです。

聞かせて みんなの実は話

聞かせて みんなの実は話