刺し子って?刺し方の基本、初心者さん向け図案も

2019年7月4日(木曜日)

素朴でかわいい刺し子。とても簡単にできるので、チャレンジしやすい手づくりです。

◇刺し子とは?

日本に古くからある伝統手芸。衣服の補強や保温のために重ねた布を刺し縫いしたのが始まりです。ひと針ひと針「運針」(ぐし縫いのことです。)で仕上げていくので、どなたでも気軽にチャレンジできるのが魅力です。

◇必要な材料と道具

刺し子 糸

専用の「刺し子糸」という木綿の糸が市販されていますが、刺繍糸でも構いません。

・布

決まりはありませんが、平織りのやや張りのある布が適しています。また、目の粗いざっくりとした布の方が初めての方には縫いやすいでしょう。

・針

刺し子 針

一般的な縫い針よりも長くて針穴の大きい「刺し子針」を使うと縫いやすいでしょう。針穴に糸が通れば、専用の針でなくてもかまいません。

・定規

チャコペーパー

・ハサミ

◇図案を写します

十字つなぎ 図案

チャコペーパーを使って図案を写します。

◇刺し始めと刺し終わり

裏布がつく場合などは玉結びをしてもかまいませんが、ここでは玉結びをせずに、裏面もすっきりと仕上げる方法をご紹介します。

・刺し始め

刺し子 刺し始め

刺し始めは、3針分先の裏側から針を入れ、小さめの針目で3針戻り、その上を進みます。

・ 刺し終わり

刺し子 刺し終わり

刺し終わり位置まで縫ったら、針を裏側に出し、小さい針目で上の糸から見えないように3針戻ります。

・糸の変え方

刺し子 糸の変え方

新しい糸に変えるときは、3〜4目戻ったところから重ねて刺します。

◇刺し目の大きさ

刺し目の大きさもデザインのひとつです。一定の刺し目で刺し進むほうがきれいです。(針目が小さすぎると布地が縮んでしまうので、注意してください)表側に出る針目をやや大きくするとバランスよく仕上がりますよ。

刺し子 刺し目の大きさ 表
刺し子 刺し目の大きさ 裏 

◇基本的な刺し方

刺し子 手順①

刺し子糸を1本どりで針に通し、刺し始めは返し縫いします。

刺し子 手順②

続けて線上を縫います。表に出る針目を少し大きくし、一定の大きさに整えます。

刺し子 手順③

直線の場合は10cmくらい一定に刺すと針目がまっすぐに整います。曲線の場合は2〜3目ずつ針を出します。

刺し子 手順④

針を抜いたら、針目を指で挟み、なぞるように糸をしごきます。

刺し子 手順⑤

縫い終わりも返し縫いをします。

◇角の刺し方

角に必ず目が出るように刺します。

角の刺し方 刺し方のポイント 角

角に針目を出すか入れるかすると、図案がきれいに浮き出ます。角の手前で針目を調節します。

応用編

刺し子 角 応用

線がぶつかる場合は、模様のつながりが切れないように角にあけて刺します。

◇十字の刺し方

十字の中心を刺し子の糸が交わらないように刺します。

十字の刺し方 刺し方のポイント 十字

◇刺し方の順番

布が一定方向に伸びるのを防ぐために、刺す方向を一定にせずに、行って帰ってくるように刺していきます。(刺していく部分をオレンジの糸で、終わった部分をグリーンの糸で表しています)

刺し子 基本的な刺し方 順番①②
刺し子 基本的な刺し方 順番③④

◇初心者におすすめ刺し子の図案・レシピ

・コースターを作ってみました!

刺し子 コースター

刺し子でコースターを作ってみました。余った糸で四隅に房をつけてもかわいいですよ!

・刺し子(十字つなぎ)のブックカバー

刺し子(十字つなぎ)のブックカバー

チクチクした手縫いならではの表情に和みますね。また、伝統柄をカラフルにアレンジするなど、楽しみ方もいろいろありますよ。

・刺し子フレーム

刺し子フレーム

ちくちく運針を楽しみたい“刺し子”。あいた時間にちょこっとできる大きさの、こんな図案はいかがでしょう?お花は一筆書きで表現。フレームに入れれば、お部屋を飾る素敵なアートがあっという間に完成しますよ。

【PDF】刺し子フレーム レシピ

【PDF】刺し子フレーム 図案

・刺し子のモチーフ

刺し子のモチーフ

青い布と白い刺し子のステッチがとても涼しげですよね。モチーフのひとつひとつは小さいので、初心者さんにもおすすめです。

【PDF】刺し子モチーフ レシピ

・刺し子のティーマット

刺し子のティーマット

おやつタイムがほっこりしそうなティーマット。刺し子の運針のリズムがつかめてきたら、少し大きい作品や細かい模様にもトライしてみて。コツは布がつれないようにふっくらと刺すこと。お好みで図案を描くのも楽しいですよ!

【PDF】刺し子のティーマット レシピ

素朴な縫い目にきゅんとする

単純な縫い目ですが、素朴で愛らしくて、なんだかハマってしまう魅力を持つ刺し子。簡単で、暮らしに取り入れやすいのもいいですよね。

クチュリエブログでは、刺し子のほかに、編み物、裁縫、刺しゅうなど、さまざまな手づくりのコツやたくさんのお役立ち情報を掲載しています。手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!

▽刺繍記事の一覧はこちらから

▽刺繍キットの商品一覧はこちらから

▽クチュリエショップはこちら

本記事で紹介した商品はこちら

はじめてさんのきほんのき ちくちく刺し子のてとりあしとりレッスンの会

はじめてさんのきほんのき ちくちく刺し子のてとりあしとりレッスンの会

普通のレッスン本では教えてくれなかった手順やきれいに刺すコツを、刺し子大好きプランナーがすぐそばで寄り添うようにレッスン。まったくの初心者さんも最初から達成感を得られるように、初回は刺す量もちょこっとだけ。回を追うごとにステップアップしながら、毎回、見映えもよく、使いやすい大きめサイズ(45cm角)のフリークロスが作れます。6回レッスンが終わるころには、どんな刺し子もおてのもの!

東北生まれの様式美 伝統柄に思いを込める刺し子フリークロスの会

東北生まれの様式美 伝統柄に思いを込める刺し子フリークロスの会

伝統的な文様を、モダンな色合わせで新鮮な表情に。日本に伝わる昔ながらの柄を刺し子で描き、フリークロスに仕立てます。さらし木綿の自然な風合いも心地よく、ひと針刺すたびにしあわせな気分に。図案は印刷済みなので、気軽に始められるのもうれしい。目隠しに、おしぼりに、さまざまに使えて便利です。

【月々¥100】「クチュリエクラブ」会員募集

「クチュリエクラブ」の会員になると、手づくり情報満載の会員誌『クチュリエの種』のお届けや、特別キャンペーンのご案内、手づくりイベントへの招待など、特典もいろいろ。

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。