手縫いでできる、ボタンホールの作り方

2019年6月26日(水曜日)

ボタンホール 完成

洋服づくりに限らず、たとえばバッグやポーチなどにボタンを付けたいけれど、ボタンホールの作り方がわからない! というお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。ミシンには穴かがり機能がついているものが多いですが、今回は手縫いでできるボタンホールの作り方をご紹介します。

1.ボタンホールの大きさを決めます

ボタンホールの大きさ

ボタンの直径と暑さを目安に印をつけます。裏に接着芯を貼っておくと、丈夫に仕上がります。

2.周囲を縫って穴を開けます

ボタンホールの作り方1

印の上を細かくなみ縫いします。(ミシンを使ってもOK!)

ボタンホールの作り方2

縫い終わりは、縫い始めに少し重ねて、玉止めはせずにカットします。縫い始めの玉結びもカットして、すっきりと仕上げます。

ボタンホールの作り方3

印の中心をハサミやリッパー、カッターナイフなどでカットします。端にまち針を打っておくと切りすぎを防げます。

ボタンホールの作り方4

このような状態になります。

3. 穴かがりをします

糸はカタン糸40〜50番またはポリエステル糸30〜60番くらいが適していますが、写真では太めの糸で説明しています。 専用の穴かがり糸も市販されていますよ。

ボタンホールの作り方5

玉結びをして裏から針を入れ、番号順に芯となる糸を渡します。

ボタンホールの作り方6

穴に針を入れ、⑤のきわ(芯糸の外側)から針を出します。

ボタンホールの作り方7

少し糸を引いて、できた輪に針を下から上へくぐらせます。

ボタンホールの作り方8

糸を引き締めます。

ボタンホールの作り方9

できるだけすき間があかないように、②〜④を繰り返します。

ボタンホールの作り方10

片側をかがり終わったら、端に糸を2回通します。

ボタンホールの作り方11

⑥で渡した糸をたてに2回縫いとめます。

ボタンホールの作り方12

左側の最後の針目と⑦の縫い目をすくって、糸を右側に出します。

ボタンホールの作り方13

布を持ちかえて、右側も同様にかがります。

ボタンホールの作り方14

端を⑥〜⑦と同様に縫い止めます。

ボタンホールの作り方15

最後は裏側の針目に少し糸を通してカットします。また最初の玉結びもカットします。

ボタンホールの作り方16

できあがりです!

ていねいな穴かがりできれいなボタンホールを

ひと針ひと針きちんと仕上げることで、ミシンよりも上手にボタンホールが完成します。初めての方は、ていねいに進めることを心がけてくださいね。

クチュリエブログでは、ほかにも基本的な裁縫の手順や少し凝った刺しゅうなど、たくさんのお役立ち情報を掲載しています。手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!

▽裁縫・ソーイングの記事一覧はこちらから

▽裁縫・ソーイング の商品一覧はこちらから

▽クチュリエショップはこちら

本記事で紹介した商品はこちら

【月々¥100】「クチュリエクラブ」会員募集

「クチュリエクラブ」の会員になると、手づくり情報満載の会員誌『クチュリエの種』のお届けや、特別キャンペーンのご案内、手づくりイベントへの招待など、特典もいろいろ。

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。