ニッターテインメント。それは、編み物を、人生を楽しむこと。

2018年10月31日(水曜日)

編み物と日本が大好きなドイツ生まれのニット作家、ベルンド・ケストラーさんは、子どものころも今も、好奇心のかたまり。話し出したら止まらない!? 編み物への熱い想いやエピソードなど、「編み物ってこんなに自由で楽しいんだ!」と気づかせてくれる楽しいお話を全3回にわたってご紹介します。

編み物を始めたきっかけは、お姉さんに彼氏ができたこと!?

ニット作家ベルンド・ケストラーさん幼少時

ケストラーさんが編み物を始めたのは12歳。それまでセーターや靴下を編んでくれていた2歳年上のお姉さんが、彼氏ができたとたん、ケストラーさんには編んでくれなくなりました。「だったら自分で編もう」と、編み物を始めてみたらどんどん夢中に。なんと当時から、自分の着る物をほとんど手編みしていたそうです。

兵役の軍隊でも靴下を編んでいて、隊長に怒られたことも

棒針模様のハンドウォーマー

少年時代を過ぎて、大人になってからも編み物を楽しんでいたケストラーさん。当時ドイツにはまだ兵役があり、軍隊に入っていた時、靴下を編んでいて隊長に怒られたことも。「戦場と編み物って正反対でしょ? でも、自分で編んだ履き心地のいい靴下のおかげで、軍隊生活を乗り切れましたよ」。

子どもの頃も今も、ケストラーさんの原動力は好奇心

ニット作家ベルンド・ケストラーさん2

無事に兵役を終えてからも、編み物をはじめ、マクラメなどいろんな手づくりを楽しんできたケストラーさん。仕事の関係で日本に来日し、多忙な日々を過ごしている中で、ふつふつと「編み物がしたい。もっとクリエイティブに生きたい」という思いが募り、ついに編み物作家への道を歩み始めることに。

編み物は、私の人生そのもの。合言葉はノープロブレム!

編み物 ニット作家ベルンド・ケストラーさん

最初は、お姉さんをきっかけに出合った編み物が、趣味になり、職業になり、今ではケストラーさんの人生そのものに。教室やキット、書籍など、編み物を通じて幅広く活躍されいるケストラーさんの口癖は「ノープロブレム!」。編み間違えさえも「それ、おもしろいね」と、オリジナルデザインにして楽しんでしまうケストラーさんらしい素敵な言葉ですね。

編み物の楽しさを、シンプルにリズミカルに

ベルント・ケストラーさんの棒針模様のハンドウォーマーの会

そんなケストラーさんの思いが詰まった棒針編みのハンドウォーマーキットがクチュリエから登場しました。リズムに乗ってすいすい、編みやすさと楽しさを考えたケストラーさんの編み物の魅力を次回はさらに詳しくご紹介します。

ケストラーさんの編み物を気軽に体験してみたい方は、「ハッピーニッティング! ベルンド・ケスラーさんの棒針模様のハンドウォーマーの会」をチェックしてみてくださいね。

本記事で紹介した商品はこちら

ハッピーニッティング! ベルンド・ケストラーさんの棒針模様のハンドウォーマーの会

今話題のニット作家、ベルンド・ケストラーさんが編み物を始めたのは12歳。出身のドイツでは、編み物男子は珍しくなく、好奇心旺盛なケストラーさんはすぐに編み物のとりこに。編んでいる人はもちろん、周囲までわくわくさせる自由で楽しいものづくりは、まさにニッターテインメント。「大好きな編み物で人を喜ばせたい。もっと編み物の楽しさを広げたい」。そんな思いから、今回クチュリエのために、手軽に編めて実用的なハンドウォーマーをデザインしてくれました。ケストラーさんが大好きな棒針編みによる、シンプルだけどリズミカルな編み地は、毛糸の色数は2~3色、表目や裏目など基本の編み方だけなのに、組み合わせのおもしろさでスパイスの効いた仕上がりに。編みやすい工夫をこらしているから、ワルツのように規則的なリズムに乗ってすいすい。編み物がケストラーさんの人生を変えたように、このキットをきっかけに世代や性別を超えて、素敵なニットライフが広がりますように。

ニッターテインメント。それは、編み物を、人生を楽しむこと。

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。