刺繍の基本|クロスステッチのやり方~初心者にも分かりやすく解説~

2019年10月25日(金曜日)

イニシャルとモチーフの刺しゅう

刺繍がはじめてという方やお子さまでもチャレンジしやすいクロスステッチ。 技法を覚えると、持ち物にイニシャルを入れたり、簡単なモチーフを入れたりと、楽しみが増えますよ!

クロスステッチとは?

その名前のとおり糸が×の形にクロスするように刺していく刺繍の技法です。マス目に沿って刺していくので、ビギナーさんでも図案通りに仕上げることができます。

必要な材料と道具

・刺繍針

刺しゅう針

クロスステッチ専用の針があります。針先が丸くなっていて、布の織り目を割らずにマス目どおりに刺すことができます。針の太さは刺しゅう糸の本数や布に合わせて選びます。

・刺繍布

刺しゅう布

布もクロスステッチ用のものがあります。マス目がはっきりわかるよう織られているので、布目が数えやすく刺繍しやすい布で、「アイーダ」とも呼ばれます。テープ状になったものもあり、幅やカラーもいろいろあります。また、後でご紹介する「布キャンバス」を使えば専用の布以外にも刺繍できます。

・刺繍糸

刺しゅう糸

一般的な25番の刺繍糸を使います。1本どり、3本どりなど、布のマス目の大きさなどに合わせて太さを調整します。

クロスステッチのポイント

① 25番刺繍糸は6本の糸束になっているので、1本ずつ引き抜き、必要な本数を束ねて使います。こうすることで、刺繍がふっくらと仕上がります。長さは50cmくらいが刺しやすいです。

② 針はまず表に引き出し、次に裏へ引き抜くというように、ひと針ずつ刺していきます。布をすくうように刺す方法もありますが、糸を引きすぎるとステッチがつぶれてしまいます。

③ 図案から次の図案までの間隔が約3cm以上離れている場合は、一度裏側で糸を始末し、再び刺し始めます。長い糸が裏面に渡ると糸が絡んだり、表から透けて見えたりします。

クロスステッチの基本的な刺し方

針の刺し進め方はこのほかにもいろいろあります。これが正しいという決まりはないので、自分にあった方法を見つけてくださいね。ただ、糸の交差の上下は一定方向にそろえるように注意しましょう。

◇ 縦に刺し進む場合

クロスステッチ 縦に刺し進む手順①

裏面から表に針を出します。

クロスステッチ 縦に刺し進む手順②

糸端は裏側に2cmくらい残して指で押さえておきます。

クロスステッチ 縦に刺し進む手順③

右斜めに下に針を刺します。

クロスステッチ 縦に刺し進む手順④

裏側では糸端をくるむように右横に針を刺します。表から見ると左横から針が出ています。

クロスステッチ 縦に刺し進む手順⑤

同じ要領で下に刺し進みます。

クロスステッチ 縦に刺し進む手順⑥

裏の糸端は4目くらいくるんだらカットしても抜けません。

クロスステッチ 縦に刺し進む手順⑦

図案のマス目どおり刺せたら、糸が×に交差するように戻っていきます。

クロスステッチ 縦に刺し進む手順⑧

上方向に刺し進みます。

クロスステッチ 縦に刺し進む手順⑨

いちばん上まで刺したら、左隣のマスに移ります。

クロスステッチ 縦に刺し進む手順⑩

同じように上から下へ縦方向に刺し進みます。

クロスステッチ 縦に刺し進む手順11

刺し終わりは裏の針目に糸を4目くらい通してカットします。

◇ 横に1目ずつ刺し進む場合

クロスステッチ 横に刺し進む手順①

1マス刺します。糸端は5cmくらい残しておきましょう。

クロスステッチ 横に刺し進む手順②

左のマスを同じように刺していきます。

クロスステッチ 横に刺し進む手順③

刺し進むと裏側はこのようになります。刺し終わりの糸を4目くらい巻きつけます。

クロスステッチ 横に刺し進む手順④

刺し始めの糸端にも、もう一度針を通して同じように糸を巻きつけます。

◇ 斜めに刺し進む場合

・右下から左上に刺し進む方法

右下から左上に刺し進む方法

・右上から左下に刺し進む方法

右上から左下に刺し進む方法

図案どおりに刺してみましょう!

◇ 図案

くり返して刺すとかわいい図案です。

クロスステッチ 図案
クロスステッチ できあがり

刺繍をしたクロスステッチテープを小物入れにくるりと巻くと、こんなにかわいくなりました。ぜひ、みなさんもアレンジを楽しんでくださいね!

クロスステッチで作れる小物

◇クロスステッチのフレーム

クロスステッチのフレーム

カラフルな仕上がりがとってもかわいくて、何色から刺そうか迷ってしまいますよね。フレームに入れれば、布端の処理をしなくていいので、とてもラクチンですよ。

クロスステッチのフレーム レシピと図案はこちら

◇ バラのブローチ

バラモチーフを、ヨーロッパの蚤の市にありそうなアンティークブローチ風にクロスステッチで表現しました。糸の色を変えてもアレンジできますよ。

バラのブローチ レシピはこちら

バラのブローチ 図案はこちら

初心者さんでも簡単なクロスステッチ

図案通りに仕上がるので、刺繍の技法の中でも初心者さんにオススメなのがクロスステッチ。 できあがりもかわいいのでマスターして、ぜひいろいろな小物にあしらってくださいね。

クチュリエブログでは、刺繍はもちろん、裁縫、手編みなど、さまざまな手づくりのコツをお届けしています。お見逃しなく!

▽抜きキャンバスの使い方~クロスステッチで専用布以外に刺繍する場合~

▽刺繍記事の一覧はこちらから

▽刺繍キットの商品一覧はこちらから

▽クチュリエショップはこちら

本記事で紹介した商品はこちら

クロスステッチがどんどん好きになる ステップアップ式レッスンの会

クロスステッチがどんどん好きになる ステップアップ式レッスンの会

刺しゅうの中でも特に簡単にできるのが、このクロスステッチ! マス目を埋めるように、図案通り『×』型に刺していきます。いろいろなステッチを使い分ける必要がないので、刺しゅう初心者さんにもぴったり。このキットでは、大きいマス目の布地と簡単な図案から始めて、少しずつ目の細かい布地&多彩な図案へステップアップします。毎月かわいい布小物が出来上がるのも嬉しい!

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。