フェリシモCompany

猫のさつ処分の無い世界を目指す。 地域猫活動を応援するチャリティーグッズが今年も登場。「フェリシモ猫部(TM)」から2月22日「猫の日」に発売開始。

耳先をV字カットした「地域猫」がテーマのアーティストコラボチャリティーグッズ

フェリシモが展開する「フェリシモ猫部(TM)」は、「地域猫活動応援チャリティーグッズ」のウェブ販売を2月22日の「猫の日」より開始しました。「#地域猫応援チャリティー2021」は、猫のさつ処分の無い世界をみんなでつくりたいというフェリシモ猫部の思いに共感するみなさまとつくるプロジェクトです。2019年の猫の日からスタートし、3回目となる今年の企画も、猫界を代表する22組の豪華クリエイター陣から、耳先をV字カットした「地域猫」をテーマにしたアートを制作いただき、販売価格の一部が基金となるチャリティーTシャツとクリアファイルを商品化しました。チャリティーグッズの販売を通じて「地域猫活動」の認知度を上げ、「猫と人がともにしあわせに暮らせる社会」を目指します。販売価格の一部は、飼い主のいない動物の保護と里親探し活動、野良猫の過剰繁殖防止活動、災害時の動物保護活動などに活用されます。

全22組の猫界で人気のキャラクター、注目のクリエイター、アーティスト(公募で選ばれたクリエイターを含む)による、耳先をV字カットした「地域猫」のアートが、「チャリティーTシャツ」と「チャリティークリアファイル」になって登場しました。

◆「地域猫活動応援チャリティーグッズ」を特設サイトでチェック>>
https://feli.jp/s/pr210222nk/1/

・「地域猫活動応援チャリティーグッズ」はデジタルカタログでもご覧いただけます。>>
https://feli.jp/s/pr210222nk/2/

【NEW】地域猫チャリティーTシャツ2021
1枚 ¥2,600(+10% ¥2,810)
→うち500円は「フェリシモの猫基金」として運用されます。(基金部分は非課税)
商品の詳細とお申し込み >>https://feli.jp/s/pr210222nk/3/

【NEW】地域猫チャリティークリアファイル2021
1セット ¥650(+10% ¥705)
→うち100円は「フェリシモの猫基金」として運用されます。(基金部分は非課税)
商品の詳細とお申し込み >>https://feli.jp/s/pr210222nk/4/

・デザインは22組のクリエイターが描く全23種類
「#地域猫応援チャリティー2021」プロジェクトに賛同したクリエイター・キャラクターが集合。
耳先をV字カットした「地域猫」をテーマにした、Tシャツ・クリアファイルそれぞれ23種類のデザイン。

◆参加クリエイター・キャラクター

・山野りんりん(漫画家)
漫画家。『ヒジキのお仕事』(竹書房)、『ねこなり』(少年画報社)など猫漫画を執筆。フェリシモ猫部では自身が考案した「にゃんそうこう」など、コラボグッズが好評発売中。
Twitter:@yamano_rinrin>>https://twitter.com/yamano_rinrin

・池田あきこ(絵本作家)
不思議な国わちふぃーるどを舞台に絵本を描き始め、画集、長編物語、旅のスケッチ紀行など多方面に作品を発表。
HP:http://www.wachi.co.jp/
Twitter:@wachifield_com>>https://twitter.com/wachifield_com

・坂崎千春(イラストレーター)
イラストレーター。Suicaのペンギン、チーバくんなどのキャラクターデザインを手がける。「白黒さんいらっしゃい」で白黒猫のイラストを制作中。
HP:https://www.shirokurosan.com

・たなかひろこ(イラストレーター)
多摩美術大学卒業。デザイナーとして、大手酒造メーカーや化粧品メーカーから地域に根ざした食品メーカーまで、様々な企業の製品のパッケージデザインを手掛ける。現在はイラストレーターとして、”いつか偶然に、どこかで出会えそうな秘密のねこの世界”をテーマに制作を行う。作品はSNSで随時公開中。
HP:https://www.hirokotanaka.jp/
Instagram:@hirokot_illustrations>>https://www.instagram.com/hirokot_illustrations/

・桜井海(漫画家)
漫画家。代表作は『おじさまと猫』『神とよばれた吸血鬼』(スクウェア・エニックス刊)。
Twitter:@sakurai_umi_>>https://twitter.com/sakurai_umi_

・モフ缶(イラストレーター)
イラストレーター。LINEスタンプをよく作ってます。
twitter:@peroty6e>>https://twitter.com/peroty6e

・nanana(イラストレーター)
猫イラストレーター 。
twitter:@nn_pic91>>https://twitter.com/nn_pic91
instagram:@nn_pic91>>https://www.instagram.com/nn_pic91/

・ぢゅの(イラストレーター)
ふもふもにゃんこネタイラストレーター。SNSでにゃんこへの愛をいつも叫んでおります。
Instagram:@mofu_sand>>https://twitter.com/mofu_sand

・加悦雅乃(猫作家)
1999年京都生まれ。11歳から猫を描く画家の道を選びました。猫が大好きで、猫が僕の先生のような感じです。これからも猫を描き続けますので、応援よろしくお願いいたします。
HP:https://miyano99.com/
Instagram:@miyano.99>>https://www.instagram.com/miyano.99/

・原田ちあき(イラストレーター)
大阪在住 イラストレーター、漫画家。
代表作『手から毒がでるねこのはなし』『誰にも見つからずに泣いている君は優しい』
Twitter:@cchhiiaakkii>>https://twitter.com/cchhiiaakkii
Instagram:@cchhiiaakkii9>>https://www.instagram.com/cchhiiaakkii9/

・くまみね(イラストレーター)
電話猫や仕事猫のイラストやマンガを手掛けるイラストレーター。ジャコウネコの一種、ビントロングを動物園に見に行きたいと言いながら1年が経過した模様。
Twitter:@kumamine>>https://twitter.com/kumamine

・久保智昭(日本画家)
日本画家。フェリシモ猫部ブログにてイラスト連載『猫色スケッチブック』が大好評連載中。
「猫のためのツリーハウスです。木登りをする子、日向ぼっこをする子、空を見上げる子。
Twitter:@tomoakikubo>>https://twitter.com/tomoakikubo

・爆笑問題 太田光(タレント)
1965年埼玉県生まれ。日本大学芸術学部中退後、1988年に大学の同級生だった田中裕二と爆笑問題を結成。政治から芸能まで様々な社会現象を斬る漫才は、幅広い年齢層から支持を集めている。漫才師、タレントのほか、文筆家、映画監督など、様々な顔を持つ。

・爆笑問題 田中裕二(タレント)
1965年東京都生まれ。日本大学芸術学部中退後、1988年に大学の同級生だった太田光と爆笑問題を結成。
政治から芸能まで様々な社会現象を斬る漫才は、幅広い年齢層から支持を集めている。近年は司会者として活躍する場面も多い。芸能界随一の猫好きとしても知られる。

・日本エレキテル連合(タレント)
中野聡子(愛媛県出身)と橋本小雪(兵庫県出身)によるお笑いコンビ。
様々なキャラクターを演じ分けるコントが特徴で、YouTubeチャンネル「感電パラレル」も人気を集めている。2014年コント内で使われていた「ダメよ~ダメダメ」のセリフが大ブームになり、「新語・流行語大賞」年間大賞を受賞。
YouTubeチャンネル「日本エレキテル連合の感電パラレル」>>
https://www.youtube.com/user/ElekitelDenki

・はしもとみお(彫刻家)
たったひとつの目の前の命の姿を残したいという思いから、木から動物たちの肖像彫刻をつくる。全国各地の美術館等で個展を開催するほか、オーダーメイドも行っている。
HP:http://kirinsan.awk.jp/
Twitter:@hashimotomio>>https://twitter.com/hashimotomio
Instagram:@hashimotomio>>https://www.instagram.com/hashimotomio/

・たたメーピー(イラストレーター)
猫ばかり描いているイラストレーター。猫イラストを中心にSNSで発信しています。
Twitter:@tatamepi>>https://twitter.com/tatamepi
Instagram:@tatamepi>>https://www.instagram.com/tatamepi/

・北道正幸(漫画家)
講談社月刊アフタヌーンにて猫漫画『プ~ねこ』を連載中。
Twitter:@kitamichi>>https://twitter.com/kitamichi

・ポムポムプリン
こげ茶色のベレー帽がトレードマークの、ゴールデンレトリバーの男のコ。

・吉川景都(漫画家)
漫画家。代表作に『片桐くん家に猫がいる』シリーズ、『鬼を飼う』、『子育てビフォーアフター』など。
HP:http//neko10yo.com/
Twitter:@keitoyo>>https://twitter.com/keitoyo

・松本ひで吉(漫画家)
漫画家。『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』を毎週日曜twitterでおとどけ中。
Twitter:@hidekiccan>>https://twitter.com/hidekiccan

・霜田有沙(イラストレーター)
絵本の1ページのような世界を描くイラストレーター。
Twitter:@nekonomachika>>https://twitter.com/nekonomachika

(順不同・敬称略)

◆参加公募クリエイター
土肥薫季

(敬称略)

◆基金額が22円アップする予約コレクションも
毎月3種類もしくは5種類のクリアファイルの中から、1種類を2枚セットでお届けする「予約コレクション」でお申し込みいただくと、単品販売でお申し込みいただくより基金額が22円アップします。
5つのコースからお選びいただけます。

【NEW】地域猫チャリティークリアファイル 予約コレクション
月1セット ¥650(+10% ¥702)
→うち122円は「フェリシモの猫基金」として運用されます。(基金部分は非課税)
商品の詳細とお申し込み
〈タイタンコース〉>>https://feli.jp/s/pr210222nk/5/
〈Aコース〉>> https://feli.jp/s/pr210222nk/6/
〈Bコース〉>> https://feli.jp/s/pr210222nk/7/
〈Cコース〉>> https://feli.jp/s/pr210222nk/8/
〈Dコース〉>> https://feli.jp/s/pr210222nk/9/

◆権利表記
(C)mofucan
(C)Hidekichi Matsumoto
(C)Umi Sakurai/SQUARE ENIX
(C)chiharu SAKAZAKI
(C)Akiko Ikeda/Wachifield Licensing Inc.2021
(C)'96,'21 SANRIO APPR.NO.L612945
(C)くまみね
(C)はしもとみお

◆『フェリシモ猫部™』が応援する「地域猫活動」とは
現在※日本では、年間5,635頭の犬と、27,108匹の猫がさつ処分されています。その大半は、捨てられた猫などが外で繁殖してしまい生まれた野良猫の子猫です。猫の繁殖能力は強く、年に2~3回、1回に4~8匹も出産をし、理論的には1組の猫のカップルから、3年後には2,000匹以上にもなるという試算もあります。不幸なさつ処分を減らすためには、野良猫に不妊去勢手術を施し、悲しい運命をたどる命を増やさないことが、最も大切です。
※令和元年度環境省統計資料 「犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況」より

野良猫を捕獲して、不妊去勢手術をすることを、Trap(捕獲して)、Neuter(不妊去勢手術を行い)、Retur(元いた場所に戻す)の頭文字をとって、TNR活動と呼びます。
さらに、去勢後は「人に慣らして、譲渡する」というところまでを支援する「TNTA」という活動も近年広がっており、こちらの活動も猫部は支援しています。

不妊去勢手術を施された猫は、その印として耳先をV字にカットされます。手術済みの猫を、再び捕獲しないようにするための目印です。耳先のカットは、不妊去勢の麻酔中に行うので痛みはありません

また、ふん尿による悪臭や無責任なエサやりなど、野良猫によるご近所トラブルが社会問題となっており、野良猫に不妊去勢手術をほどこすとともに、エサやりの管理や、ふん尿の掃除などを地域で連携して行うことで、野良猫の数とトラブルを減らしていく取り組みを「地域猫活動」と呼びます。

「猫と人がともにしあわせに暮らせる社会」を目指すフェリシモ猫部は、この「地域猫活動」を応援しています。

◆フェリシモ猫部 ™
2010年9月から活動している、猫好きが集まる部活動。「猫と人がともにしあわせに暮らせる社会」を目指して、みなさまの声をとり入れながら、基金付きのオリジナル猫グッズを企画開発しています。WEBサイトには、猫グッズの販売のほか、毎日変わる「今日のにゃんこ」、「猫ブログ」の連載、猫写真専門のSNS「猫部トーク」、基金の活用情報など、猫好きのみなさまに楽しんでいただけるさまざまなコンテンツがあります。また、毎月100円「フェリシモ わんにゃん基金」や、フェリシモのお買い物ポイント“メリーポイント”を使って「わんにゃん支援活動」に参加いただくこともできます。
・ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr190501/4/
・猫専用SNS「猫部トーク」>> https://feli.jp/s/pr190501/5/
・Twitter(@felissimonekobu)>> https://twitter.com/felissimonekobu
・Facebook(@felissimonekobu)>> https://www.facebook.com/felissimonekobu/
・Instagram(@felissimonekobu)>> https://www.instagram.com/felissimonekobu/
※「猫部(R)」は株式会社フェリシモの登録商標です。

◆「わんにゃん支援活動」について
日本では、1年で5,635頭の犬と、27,108匹の猫がさつ処分(※令和元年度環境省統計資料 「犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況」より)されています。飼い主に捨てられたり、災害時に取り残されたり、地域で猫が過剰繁殖する問題もあります。フェリシモでは、この問題を解決したいというお客さまのたくさんのお声を受け、犬猫の保護と里親探し活動、猫の過剰繁殖防止活動を支援する基金を設立しています。
>> https://feli.jp/s/pr190501/6/

◆お電話でのご注文・お問い合わせ
0120-055-820(通話料無料)
0570-005-820(通話料お客さま負担)
(受付時間:月曜~金曜/午前9時~午後5時)
※携帯電話など「0120」を利用できない場合は、「0570」で始まる番号をお使いください。
※お客さまからのお電話は、ご注文の内容を確認・記録するために録音させていただいております。
※「0570」通話料は20秒につき10円(税別)かかります。
※PHS・一部のIP電話ではご利用できない場合があります。

~ともにしあわせになるしあわせ「FELISSIMO [フェリシモ]」~
ファッションや雑貨など自社企画商品を中心に、カタログやウェブなどの独自メディアで生活者に販売するダイレクトマーケティングの会社です。ひとりひとりがしあわせ共創の担い手となること、人をしあわせにすること、自然・社会・人としあわせになること。それらの経験価値をコアバリューとした「ともにしあわせになるしあわせ」を具現化する“事業性”“独創性”“社会性”の3つが交わる領域での事業活動を行っています。
― 会社概要 ―
社名 : 株式会社フェリシモ
本社所在地 : 〒650-0041 神戸市中央区新港町7番1号
代表者 : 代表取締役社長 矢崎和彦
証券コード : 東証1部3396
創立 : 1965年5月
事業内容 : 自社開発商品をカタログやウェブサイトにて全国の生活者に販売するダイレクトマーケティング事業
◆ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr200803/1/
◆Instagram>> https://www.instagram.com/felissimo_official/
◆Facebook>> https://www.facebook.com/felissimosanta/
◆Twitter>> https://twitter.com/FELISSIMO_SANTA
◆会社案内(PDF)>> https://feli.jp/s/pr200803/2/
◆みなさまとともにしあわせ社会をめざす基金活動>> https://feli.jp/s/pr200803/3/

この記事をシェアする
Twitter
Facebook
LINE

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントを投稿する
ページトップへ戻る