着るエビフライ寝袋

寒い季節に温まれるものを、ということでエビフライの形の寝袋を作りました。着たままお部屋でくつろげます。
エビフライを揚げる温度は約170℃。揚げたての衣のようなサクサク、ならぬモコモコのキツネ色の生地がポイントです。

zakka_391630_02.jpg
ウェアラブルエビフライ
寝袋本体は縦約150cm。150cm~170cmぐらいの身長の方だと、一番きれいに着ていただけます。
(高身長の方だと、ちょっと足が見えてしまうかも。)ちなみにモデルさんの身長は162cmです。右のサイドファスナーが全開になるので、着るのも楽々です。

zakka_391630_03.jpg
着ると変なテンションになります。
誰もが大好きな食べ物、エビフライ。自らがエビフライになることで、その人気は独り占めです。
着たまま動き回れる寝袋なので、ちょっとした着ぐるみ感覚で楽しめます。突然のパーティーへのお呼ばれ......そんなもしもの備えとして、1つあると困りません。

zakka_391630_04.jpg
この暖かさ、フライ級。
揚げ物の暖かさを表現するために、生地に妥協はできません。表側は衣をイメージしたキツネ色の起毛生地。
内側は、表のモコモコとは異なるしっとりとスムースな手触りの起毛生地。表起毛、裏起毛、内側わた入り、と、かなりボリューム感のある仕上がりです。

zakka_391630_05.jpg
エビドリーム
本気で寝るときは、顔出し部分から頭をすっぽりと出してお休みください。
ちょうどエビフライのトップが枕替わりになって、気持ちいいんです。



エビフライ生活の動画はこちら!


今年はフライの衣と笑いに包まれて、誰よりも暖かな冬をお過ごしください。

▽販売ページはこちらから
着るエビフライ寝袋
1セット ¥7,800(+8% ¥8,424)



ニックネーム

コメント

コメントする