和モノづくり。とは
SUNNY CLOUDS 和モノづくり
Made in Japan

フェリシモ > サニークラウズ > 和モノづくり。 > 働き者のパーカー

Main Image

item78

働き者のパーカー

働き者は、
しっかり者。

丈夫で着やすい、よく働く「働き者のパーカー」。この秋も登場です。今回もメリヤス産業が盛んな和歌山にある工場で編みたてた裏毛生地とスパンテレコで作りました。裏毛は、去年よりも裏糸を少し太くして7番単糸を使い、表糸は去年と同じく30番手の糸を使っています。裏糸を太くしたことで、ふっくらとした風合いが生まれました。また、通常よりも少し度詰めで編み、ほどよい張り感を持たせています。
袖口やすそに使っているスパンテレコは、身ごろに負けないように20番手で編み、しっかりとした厚みとほどよいストレッチ性を出しました。身ごろの裏毛とはまた違う工場で作ってもらっています。和歌山で作ってもらった生地は、今度は名古屋で縫製です。縫製も去年と同じく大五株式会社にお願いしました。大五さんは、ミシン一筋50年以上の「匠」山田直美さんを筆頭に、みんなまじめで働き者ばかり。通常よりも運針を細かく設定し、ゆっくりていねいに縫製してくれます。デザインをリニューアルした「よく働きよく遊べ!」「がんばった分だけ素敵な日は訪れる。」という意味の英文プリントは、パーツ裁断後に大五さんの近くにあるプリント工場でプリントしてもらいました。
シルエットは細身すぎず大きすぎずのちょうどいいフィット感を目指し、デザインはハトメやポケットもなくしてできるだけシンプルに仕上げています。ベーシックな中に「匠」の業が光る、素敵なパーカーが出来ました。

image01 image02 image03

LineUp

全アイテムを見る

ページのトップへ

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りをみなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる

閉じる

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、
価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、
商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、
日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、
今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と
感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、
日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに
日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りを
みなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。
日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる