和モノづくり。とは
SUNNY CLOUDS 和モノづくり
Made in Japan

フェリシモ > サニークラウズ > 和モノづくり。 > バブルジャカードトップス

Main Image

item70

バブルジャカードトップス

炭酸水の
泡のように。

ひと癖ふた癖ある生地ばかりを作られている、和歌山県にある「ヤマヨジャージィ」さん。このバブルジャカード生地もヤマヨさんの生地です。最初に見たときは鹿の子編みの生地なのかと思ったのですが、やっぱり癖のある生地でした。鹿の子と同じくシングルジャカード機で編まれた生地なのですが、鹿の子とは編み組織がまったく違うそうです。凸部分には10番手の糸、凹部分には約半分の太さの40番双糸を使って編まれています。編み組織と糸の太さの違いの両方で凹凸感をしっかりと出す工夫がされている彫りの深い生地。凸部分の形が丸くて、グラスに付いた炭酸水の泡のようなところからバブルジャカードと呼ばれているそうです。
デザインは身ごろを3枚はぎにして、ボリュームのあるフリル袖を挟み込み、女性らしい雰囲気のトップスに仕立てました。縫製は「働き者のTシャツ」と同じく、名古屋にある大五さんにお願いしています。サイダーのような、爽やかでほんのり甘さのある服が出来ました。

image01 image02

LineUp

全アイテムを見る

ページのトップへ

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りをみなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる

閉じる

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、
価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、
商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、
日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、
今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と
感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、
日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに
日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りを
みなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。
日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる