和モノづくり。とは
SUNNY CLOUDS 和モノづくり
Made in Japan

フェリシモ > サニークラウズ > 和モノづくり。 > ツイルニットのリボンチュニック

Main Image

item65

ツイルニットのリボンチュニック

ツイルもどき。

裏毛なのにツイルのような畝がある「ツイルニット」を使った、かわいらしいチュニック。この生地も「お気に入りで着倒したトレーナー」と同様、和歌山のヤマヨジャージィさんの生地を使わせてもらっています。ハイゲージの編み機を使い、表糸は50番手の光沢感があるコンパクト糸、中糸はポリエステル糸、そして裏糸は40番手の綿糸で編みました。編み模様でツイルの畝を表現し、綿サイドのみを濃紺に染めることで畝の奥に中糸の白色がチラチラと見えて、デニムのような色合いになっています。生地でシルケット加工をかけることでさらに光沢感を出し、ツイル風の畝を際立たせました。デザインは、ドロップショルダーで前後差をつけたヘムラインが大人っぽい雰囲気にしています。縫い付けてある共地のリボンは前で結んでも後ろで結んでもいい感じです。このトップスの一番のポイントなので、リボンの位置と太さは何度も調整を繰り返しながら決めました。

image01 image02

LineUp

全アイテムを見る

ページのトップへ

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りをみなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる

閉じる

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、
価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、
商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、
日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、
今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と
感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、
日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに
日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りを
みなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。
日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる